1990年代

1992年の主要な映画(dvd)(アカデミー賞等受賞作以外)1

1992年の主要な映画(dvd)(アカデミー賞等受賞作以外)1

■アメリカ映画

◆「1492コロンブス」 (1492: Conquest of Paradise) 監督:リドリー・スコット
※1491年、スペインのアンダルシア。コロンブス(ジェラール・ドパルデュー)は息子のフェルナンドに地球は平板ではなく球体でありるので西からでもアジアに行けることと教えていた。だが当時のスペインでは教会の異端審問が熾烈であり、彼も異教視されていた。自説を証明するため、コロンブスはサンチェス財務長官(アーマンド・アサンテ)を抱き込み、船主ピンゾン(チェッキー・カリョ)や金貸しサンタルヘル(フランク・ランジェラ)らの協力を得て航海の準備を進める。一方、異教の烙印から逃れるため、コロンブスはアルハンブラ宮殿に出かけイザベル女王(シガニー・ウィーヴァー)に旅の許可を願い出、彼の率直な人柄が気に入った女王は、彼に旅の許可と援助を約束した。1492年8月3日。こうしていよいよサンタ・マリア、ニーニャ、ピンタの3隻の船でコロンブスの第1回の探検の旅が始まった。
ヴァンゲリスが音楽を担当している。
> YouTubeの1492 Conquest of Paradise - trailer 1992

◆「愛という名の疑惑」(Final Analysis)監督:フィル・ジョアノー
※サンフランシスコの精神分析医アイザック(リチャード・ギア)は夜ごと悪夢を見るという若い女性患者ダイアナ(ユマ・サーマン)の病状に興味を持つ。ダイアナは自分の過去を知る姉のヘザー(キム・ベイシンガー)に会ってほしいと言うが、ヘザーは自分からアイザックの前に現れた。彼はヘザーの美しさに魅かれ、2人は恋におちる。彼女の夫ジミー(エリック・ロバーツ)はマフィアで、ヘザーを虐待していた。それを知ったアイザックは同情も加わりますます強く愛するようになる。そんなある日、アイザックはダイアナからの電話でヘザーが夫殺しで逮捕されたと知らされる。ヘザーは以前より病的な酩酊症で、犯行時の記憶がないという。アイザックは裁判で友人の弁護士と協力してヘザーの無罪を勝ち取り、ヘザーは病院での治療が義務づけられて入院した。しかし、数日後の学会でアイザックはフロイトの夢の学説を聞いて愕然とする。ダイアナの語る夢はフロイトからの引用そのままだったのだ。
> YouTubeのTrailer Final Analysis (1992)

◆「ア・フュー・グッドメン」(A Few Good Men) 監督:ロブ・ライナー
※アーロン・ソーキンの舞台劇をロブ・ライナーが豪華キャストで映画化。
キューバの米軍基地で海兵隊員サンティアゴが就寝中に殺された。犯人は同じ部隊のダウニー一等兵(ジェームズ・マーシャル)とドーソン兵長(ウォルフガング・ボディソン)だった。事件の背景にコードR(規律を乱す者への暴力的制裁)の存在を感じた内部調査部のギャロウェイ少佐(デミ・ムーア)は、被告の弁護を申し出るが、ハーバード出身だが法廷経験のないキャフィー中尉(トム・クルーズ)が任命された。キャフィーは偉大な弁護士だった父を意識するあまり、担当した事件はすべて検察側と事前取引で処理してきた。弁護側はギャロウェイを中心に調査を開始するが、やはり被告たちは、上官ケンドリック中尉(キーファー・サザーランド)からコードRの命令を受けていた。サンティアゴは訓練に耐えかね、ドーソンによる不法発砲事件の情報提供と引き換えに、基地からの転籍を申し出ていた。それを知った最高指揮官ジェセップ大佐(ジャック・ニコルソン)は激怒してコードRの実行を示唆したのだった。命令に忠実に従っただけで、殺意は無かったのだという言葉に心を動かされたキャフィーは、被告の無罪を申し立て、法廷での裁判が始まった。
> YouTubeのA Few Good Men Trailer HQ (1992)

◆「アラジン
※アカデミー賞最優秀オリジナル作曲賞と最優秀主題歌賞を受賞したディズニーアニメ。
貧しい若者アラジンは、市場で出会った美しい娘ジャスミンを一目惚れし、彼女が盗っ人として捕まっていた果物屋から助け出す。彼女はアグラバ王国の王サルタンの娘だった。しかしアラジンは役人に捕まり、牢に閉じこめられる。その頃ジャスミンは、右大臣のジャファーから、アラジンは処刑されたと聞き嘆き悲しんでいた。一方、アラジンは突然現れた老人に誘われ、砂漠の洞窟からランプをとってくることを条件に牢から脱出させてもらう。アラジンは、洞窟を奥へと進んでいくと不思議な魔法の絨毯に出会い、その絨毯の案内でやっとランプを手に入れるが、ペットの猿アブーが宝石に手を出し洞窟は大爆発を起こす。外に待っていた老人はアラジンからランプを奪うと、アラジンを洞窟の底へ突き落とした。老人の正体はジャファーだった。アラジンは絶望するが、アブーが落とされる瞬間取り戻したランプを取り出した。アラジンが汚れたランプに書いてある文字を読もうとさすった途端、ランプの魔人ジーニー(声:ロビン・ウィリアムス)が現れた。ジーニーは、ランプを持つ主人の願いを3つだけ叶えてくれると言う。
> YouTubeのAladdin

◆「嵐の中で輝いて」監督:デヴィッド・セルツァー
※1940年、ヨーロッパはナチス・ドイツの嵐が吹き荒れていた。ウォール街にある弁護士事務所の秘書面接試験を受けたリンダ(メラニー・グリフィス)はドイツ語を話せることから運良く採用された。事務所の弁護士リーランド(マイケル・ダグラス)は面接前に建物の外で参戦反対の街頭演説を黙らせ、リンダが好感を抱いた男だった。次第に愛し合うようになった2人だが1941年12月、日本軍の真珠湾攻撃によりその仲は終わった。リーランドは戦略事務局の大佐であり、ヨーロッパの秘密の任地へと向かった。半年後、傷心のリンダの前に現れたリーランドは、ドイツで製造中のロケット爆弾の設計図の一部を持ち帰っていた。さらに情報を得るためナチス高官に近寄るスパイが必要だったが、ベルリン訛りを持つリンダが志願する。反対するリーランドを押し切り、リンダはスイスからベルリンへ潜入する。そして偶然、妻を亡くしたナチスの将校フランツ(リーアム・ニーソン)に2人の子供の子守りを頼まれポツダムのフランツの屋敷で暮らすことになるが…。
> YouTubeの嵐の中で輝いて 予告編

◆「イノセント・ブラッド」監督:ジョン・ランディス
※悪党だけを狙っては襲っていた吸血鬼マリー(アンヌ・パリロー)は、一族の血を増やさないように必ず血を吸った相手を殺していた。しかしマフィアの首領マチェリー(ロバート・ロッジア)の血を吸った後、彼の好物であるニンニクの匂いのために致命傷を負わせることに失敗し、腹部を撃たれ、ボディーガードたちに追われる破目になった。マフィアに潜入していたおとり捜査官のジョー(アンソニー・ラパグリア)は血痕を追うが、反対にマリーに組み敷かれてしまう。マリーは血の臭いからジョーを善人だと判断し、彼が刑事だと聞くと、警察病院に運ばれたマチェリーを早く始末しようと、ジョーと共に病院に急いだ。しかし、時すでに遅く、死体置場でマチェリーは蘇生していた。
> YouTubeのInnocent Blood 1992 Trailer

◆「ウェインズ・ワールド」監督:ペネロープ・スフィーリス
※NBCテレビの人気番組『サタデー・ナイト・ライヴ』の寸劇コーナーの映画化したコメディ。
ヘビメタおたくのウェイン(マイク・マイヤーズ)とガース(ダナ・カーヴィ)は、自宅の地下室からケーブルTVのショー『ウェインズ・ワールド』を放送している。若者に大人気のこの番組に目をつけたTVプロディーサー、ベンジャミン(ロブ・ロウ)は、コンピュータ・ゲーム会社とゲーム・センターのオーナー・ヴァンダーホフ(ブライアン・ドイル・マレー)を言いくるめてスポンサーになるようしむける。一方、ハードロック・クラブで中国人シンガー、カサンドラ(ティア・カレル)の歌を聞いたウェインは彼女に一目惚れし、さっそく広東語の勉強を始める。
> YouTubeのWayne's World - TRAILER

◆「ウディ・アレンの影と霧」Shadows and Fog 監督:ウディ・アレン
※1920年代の中央ヨーロッパを舞台に豪華キャストで描いたミステリアスなコメディ。
霧の夜になると殺人が起こる町で、フィアンセのイヴ(ケイト・ネリガン)との結婚を心待ちにしている平凡な事務員クラインマン(ウディ・アレン)も自警団に参加させられる。その頃、町にサーカスがやって来る。だが、殺人事件のせいで客が来ない。剣を飲む曲芸師のアーミー(ミア・ファロー)は、サーカスの娘マリー(マドンナ)と浮気した恋人のピエロ(ジョン・マルコヴィッチ)とケンカ別れして、サーカス団を飛び出した。アーミーが転げ込んだのは娼館で、娼婦たち(キャシー・ベイツ、ジョディ・フォスター、リリー・トムリン)にかくまわれる。その娼館へ、大学生ジャック(ジョン・キューザック)が来て、700ドルでアーミーを抱きたいと申し出る。渋々承知したアーミーだが、今まで感じたことのない歓びを感じた。だが、アーミーは売春容疑で逮捕され、警察署でクラインマンと出逢う。やがてアーミーは釈放され、街を彷徨う2人の間に奇妙な友情が芽生えるが、クラインマンに連続殺人の容疑がかかる。
> YouTubeのOmbres et brouillard - Shadows and Fog

◆「エイリアン3」(Alien3)監督:デヴィッド・フィンチャー
※頭を丸刈りにしたリプリー(シガニー・ウィーバー)が活躍するシリーズ第三作。
リプリーたちを乗せた非常救命艇EEVは、事故のため惑星フィオリーナ161に不時着するが生き残ったのはリプリーだけだった。その惑星には労働矯正施設があり、染色体異常とされる犯罪者が服役していた。リプリーは、事故に疑いを持ち、医師のクレメンス(チャールズ・ダンス)に乗組員の死体を調べてもらうが異常はなかった。女人禁制の宗教を持つ集団は、ディロン(チャールズ・ダットン)を中心に結束を保っていたが、リプリーの出現のよってそのバランスを崩す。そしてリプリーは男たちに襲われるが、ディロンに助けられる。やがて囚人の飼い犬の体を借りて成長していたエイリアンは第一の犠牲者を出した後、地下道で次々と囚人たちを襲う。アンドロイドのビショップ(ランス・ヘンリクセン)からの情報でエイリアンの存在を確信したリプリーだったが、監督のハリー(ブライアン・グローヴァー)は取り合わなかった。
> YouTubeのAlien 3 - movie - part 1

◆「エル・マリアッチ」(El Mariachi) 監督:ロバート・ロドリゲス
※当時24歳のロバート・ロドリゲスが、監督・製作・脚本ほか7役を兼ね、製作費わずか7千ドル、撮影日数14日間で撮り上げたインディーズ・ムービーの傑作。
メキシコの田舎町アクーナに黒いギター・ケースを抱えた流しの歌手マリアッチ(カルロス・ガラルド)がやってきた。同じ頃刑務所を脱獄したアズール(レイノル・マーティネス)が、盗んだ金をひとり占めした昔の仲間、モーリシオ(ピーター・マルカルド)の配下を皆殺しにしていた。アズールはマリアッチと同じような黒いギター・ケースにマシンガンを入れ、同じような黒い衣装に身を包んでいた。手下を殺されたモーリシオは、アズールの行方を追い、町中に黒いギター・ケースを持った黒服の男を探し出すよう指令を出す。
> YouTubeのEl Mariachi Trailer

◆「キスへのプレリュード」監督:ノーマン・ルネ
※クレイグ・ルーカスのブロードウェイでのロングラン舞台劇を映画化したコメディ。
ピーター(アレック・ボールドウィン)は職場の友人テイラー(スタンリー・トゥッチ)のパーティで、リタ(メグ・ライアン)という女性を紹介される。意気投合した2人は一緒に暮らすようになる。やがてピーターはリタにプロポーズし、リタの実家を訪ねて父親(ネッド・ビーティ)と母親(パティ・デューク)に挨拶する。こうして、あっと言う間に結婚式がとり行われた。式も無事済み、ガーデン・パーティが開かれる中に、見知らぬ老人(シドニー・ウォーカー)がやって来る。花嫁に祝福のキスをしたいという老人をピーターは不審に思うが、リタは快く受け入れる。その時、日が陰り、一陣の風が吹きぬけた。リタは抱えていた花束を落とし、老人はその場に倒れてしまう。
※リタが働いていたバーで出会った老人が花嫁だと気づくシーンで流れていた曲> YouTubeのStudio 54 Band - Someone Like You by Van Morrison

◆「靴をなくした天使」(Hero)監督:スティーヴン・フリアーズ
※メディアが作りだした偶像に人々が振り回される様をシニカルに描いた風刺コメディ。
コソ泥のバーニー(ダスティン・ホフマン)には別れた妻エブリン(ジョーン・キューザック)との間に息子のジョーイがいる。6日間の保釈延長をもらったバーニーがジョーイを映画に連れていく約束の日、バーニーの車は途中でエンストしてしまう。すると彼の目の前に飛行機が墜落した。バーニーは機内から助けを求める声に悪態をつきながらも乗客たちを機外へ助け出し、現場へ片方の靴を残したまま立ち去る。飛行機に乗っていたテレビ・レポーターのゲイル(ジーナ・デイヴィス)は、乗客たちを助けた恩人を探すべく賞金100万ドルをつけ、それをテレビ番組で流す。やがてジョン(アンディ・ガルシア)という男が名乗り出るが、彼は事件直後にバーニーから片一方の靴を貰い受けたホームレスだった。そして彼は一躍マスコミからヒーローとして祭り上げられる。
> YouTubeのHero At The Zoo


1990年代

1992年の映画(dvd)7

1992年の映画(dvd)7

■カンヌ国際映画祭

★主演女優賞:ペルニラ・アウグスト愛の風景
※ペルニラ・アウグストは、1958年2月13日スウェーデン・ストックホルム生まれ。
ペルニラ・アウグストの他の出演作には、再会したアナキンとパドメの禁じられた愛をナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン他の出演で描いたジョージ・ルーカス監督のシリーズ5作目「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」(2002年:YouTubeのStar Wars, Episode 2: Attack of the Clones Trailer)、女優たちの日常と舞台裏を描いたコリン・ナトリー監督の「ゴシップ」(2000年)、スターウォーズサーガの始まりをリーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー他の出演で描いたジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス」(1999年:YouTubeのStar Wars Episode 1 The Phantom Menace Trailer #1)、マリアの受胎告知からキリストの復活までイエスの生涯を母親としてのマリアの視点で描いたクリスチャン・ベイル主演、ケビン・コナー監督の「ジーザス」(1999年:YouTubeのmary mother of jesus)、実際に起きたスウェーデンのパメル首相暗殺事件をミカエル・パーシュブラント、マイケル・キッチン他の出演で描いたシェル・スンズヴァル監督の「暗殺の瞬間」(1998年)、スウェーデンの大学街で暮らすブルジョワ一族の2年間を2人の孫の目を通して描いてアカデミー賞撮影賞、監督賞ほか多くの映画賞を受賞したイングマール・ベルイマン監督の「ファニーとアレクサンデル」(1982年:YouTubeのFanny och Alexander - Ismael)などがある。

★審査員特別賞:「小さな旅人」[VHS] 監督:ジャンニ・アメリオ(伊/仏/スイス)
> YouTubeの" vincenzo peluso"Il ladro di bambini di Gianni Amelio 1992
※ミラノ郊外の大勢の移民が住む団地で、11歳の少女ロゼッタ(ヴァレンティナ・スカリーチ)と10歳の弟ルチアーノ(ジュゼッペ・イエラチターノ)はシチリアからの移民である母親と三人で暮らしていた。ロゼッタは母親に売春をさせられていたが、ある日警察が踏み込んで、母親と客は逮捕された。姉弟はローマ郊外の孤児院に送られることになり、南部出身の若い警官アントニオ(エリンコ・ヴェルソ)が護送することになった。ところが孤児院から、書類の不備を理由にふたりの受け入れを拒否される。しかたなくアントニオは姉弟をシチリアの施設に連れていくことに、イタリアを南下する長い旅が始まった。やがてシチリアに到着した一行は、海辺で楽しい一時を過ごすが…。
主演の姉弟は、ミラノに住む実際の移民の子どもの中から選ばれた。
※ジャンニ・アメリオは、1945年1月20日イタリア半島の先端に位置するカラブリア州カタンツァーロ生まれ。1970年代からテレビ番組に、1980年代より映画製作に携わる。本賞に次いで1998年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した。
ジャンニ・アメリオ監督の他の作品には、死刑反対の信念に基づき孤独な闘いを繰り広げる裁判官の姿を描いた「宣告」[VHS](1990年:YouTubeのGian Maria Volonte Porte Aperte - Pena di morte)、1958年から1964年まで各年のある兄弟の姿を描いてベネチア映画祭金獅子賞を受賞した「いつか来た道」(1998年:YouTubeのCosi ridevano - La mer)、15年の空白を経て障害を持った息子と初めて対面した父親の葛藤をキム・ロッシ・スチュアート、シャーロット・ランプリング他の出演で描いた「家の鍵」(2004年:YouTubeのKim Rossi Stuart- Le chiavi di casa)などがある。

★審査員賞:
☆「ひとりで生きる」監督:ヴィターリー・カネフスキー(英=仏=露)
※前作「動くな、死ね、甦れ!」から2年が過ぎてワレルカも15歳となり、少年期に別れを告げようとしていた。しかし炭鉱町の生活はさらに惨めなものとなっていた。宴会のため可愛がっていた豚を殺せと叫ぶ母親、女生徒を犯す教師、スターリン暗殺を企てたために護送される日本兵。一方、そんな大人たちの生活をよそに、ワレルカと、死んだガリーヤの妹ワーリャの感情は豊かな高まりを見せていた。しかし、ワレルカの生活は徐々にバランスを失っていく。職業訓練学校を退学となった彼は、ワーリャの思いもかえりみずスーチャンを離れる決意をする。ひとりで生きるために……。
※ヴィターリー・カネフスキーは、1935年9月4日旧ソ連沿海地方・パルチザンスク生まれ。全ロシア映画大学在学中の1966年に無実の罪で投獄され、1974年釈放される。1977年に大学を卒業してレンフィルム撮影所に入る。1981年初めての長編作品を監督する。1989年の長編2作目でカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞した。
ヴィターリー・カネフスキー監督の他の作品には、望まない脚本を押し付けられた形で制作したソ連時代の「田舎の物語」(1981年)、第二次大戦直後に収容所地帯となった小さな炭鉱町を舞台に無垢なために傷つく少年と少女を描いたソ連時代の作品でカンヌ国際映画祭でカメラ・ドール賞を受賞した「動くな、死ね、甦れ!」[VHS](1989年年:YouTubeのZamri, Umri, Voskresni! (Vitalii Kanevsky))、サント・ペテルブルクの荒廃した通りで生活する少年たちやかつてカネフスキーの映画に出演した少年との監獄での再会などを映し出したロシア、フランス共同制作のドキュメンタリー「ぼくら、20世紀の子供たち」(1993年)、フランス・ベルギー合作の「Kto Bolche」(2000年)がある。

☆「マルメロの陽光」監督:ヴィクトル・エリセ(スペイン)
※スペイン現代美術を代表する画家アントニオ・ロペスの創作過程を追ったドキュメンタリーで、国際批評家賞も同時に受賞した。
マルメロの陽光と呼ばれる夏の太陽が再び戻って来る日として知られる9月28日の翌朝。アントニオ・ロペスが新しい画材を抱えてアトリエに来る。アトリエを掃除し、準備を整えたアントニオは、陽光が黄金色に染めるマルメロの実を描くという長年の夢に今年も挑み始めた。彼独特のセッティングをして、今年は油絵から描き始めた。何日か雨が降り続き、マルメロの木とカンバスをビニール・テントが覆う。美術学校以来の親友エンリケ・グランが訪ねて来た。アントニオは絵についてエンリケにアドバイスを求めるが、結局自分の思う通りに描き直す。仕事が快調に進んで思い出話に熱中する二人。翌日からまた天候が崩れ、マルメロは成熟を続け、実も枝も少しづつ形を変えてくる。それに応じて絵を描き変えていくアントニオ。10日後、雨は嵐に変わり、アントニオは油絵の中断を決心する。秋も深まった10月26日、アントニオは素描にとりかかった。
> YouTubeのEl sol del membrillo - Victor Erice

1990年代

1992年の映画(dvd)6

1992年の映画(dvd)6

■カンヌ国際映画祭

★パルムドール:「愛の風景」監督:ビレ・アウグスト
※イングマール・ベルイマンが、引退後に自叙伝を執筆中に構想した脚本を基に映画化し、ビレ・アウグスト監督が2度目のパルムドールを受賞した。
ストックホルム近郊の町ウプサラ。神学校に学ぶヘンリク(サミュエル・フレイレル)は、上流階級の友人エルンスト(ビヨルン・シェルマン)の妹アンナ(ペルニラ・アウグスト)と愛し合うようになるが、ヘンリクにはフリーダ(レナ・エンドレ)という婚約者がいた。ヘンリクとアンナの関係を快く思わないアンナの両親ヨハン(マックス・フォン・シドー)とカリン(ギタ・ノービィ)は、ヘンリクに嫌がらせをする。その結果、二人は別れたが、二年後、結核の療養生活を終えたアンナはヘンリクと再会する。北部の田舎町フォルスボーダで牧師となったヘンリクは、アンナと暮らし始めるが、育った環境の違いから諍いが絶えなかった。
※ビレ・アウグスト監督の他の作品は、1988年の映画(DVD)★外国語映画賞:「ペレ」(デンマーク)監督:ビレ・アウグストをご覧ください。

★監督賞:ロバート・アルトマンザ・プレイヤー
※「ザ・プレイヤー」は、ハリウッドの裏側をシニカルに描いた群像劇。
大手映画スタジオの重役グリフィン・ミル(ティム・ロビンス)には、悩みが2つあった。ひとつは20世紀フォックスからやり手のプロデューサー、リーヴィー(ピーター・ギャラガー)が引き抜かれて来ること。もうひとつは、企画を没にされた脚本家から頻繁に脅迫状が届くことだ。グリフィンは、送り主は売れない脚本家のケヘイン(ヴィンセント・フィリップ・ドノフリオ)と目星をつける。そして彼と会いに行くが、口論の末に勢い余ってケヘインを殺してしまう。だがその翌日、死んだはずのケヘインから脅迫状が届くのだった。しかも、ライバルのリーヴィーは予定より早く会社を移って来ることになり、グリフィンはますます焦る。そんな折、グリフィンは葬式で知り合ったケヘインの恋人で画家のジューン(グレタ・スカッキ)を訪れ、彼女に安らぎを覚える。2人はやがて恋人同士になるが…。
> YouTubeのTRAILER-The Player(1992)
※ロバート・アルトマンは、1925年2月20日ミズーリ州カンザスシティ生まれ。ミズーリ大学を卒業後、CFディレクター、TVシリーズ「コンバット」などの演出を経て、1968年映画監督デビュー。以後は商業主義に屈しないインディペンデンス系の監督として活躍。群像劇を得意とし、カンヌ、ヴェネティア、ベルリンの三大国際映画祭で最高賞を獲得している。2006年11月20日ロサンゼルスの病院において81歳で死去。
ロバート・アルトマン監督の他の作品には、
宇宙大征服 Countdown(1968年:YouTubeの)、
雨に濡れた歩道 That Cold Day in The Park(1969) 
朝鮮戦争に従軍するが任務そっちのけで勝手気ままに振舞う型破りな3人の軍医を描いてカンヌ国際映画祭パルム・ドール、アカデミー脚色賞を受賞した「M★A★S★H マッシュ 」(1970年:YouTubeのMASH - trailer)、雪深い北西部の鉱山町で坑夫相手の女郎屋の建てた賭博師をウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ他の出演で描いた「ギャンブラー」(1971年:YouTubeのMcCabe & Mrs. Miller (1971) Trailer)、幻覚症状に悩まされる人妻を原作者のスザンナ・ヨーク主演で描いた「イメージズ」(1972年)、友人の死をきっかけにある事件に巻き込まれていく探偵フィリップ・マーロウを描いたレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」をエリオット・グールド、ニーナ・ヴァン・パラント他の出演で映画化した「ロング・グッドバイ」(1973年:YouTubeのThe Long Goodbye Theatrical Trailer)、大恐慌下のミシシッピーでの犯罪者カップルの死への逃避行をキース・キャラダイン、シェリー・デュヴァル他の出演で描いた「ボウイ&キーチ」(1974年:YouTubeのShelley Duvall, Keith Carradine -- THIEVES LIKE US -- Altman)、失踪した相棒の借金を背負ったため、いちかばちかのポーカー勝負に挑む男をジョージ・シーガル、エリオット・グールド他の出演で描いた「ジャックポット」(1974年:YouTubeの)、C&Wのメッカ・ナッシュビルに集まった24人の5日間をデイヴィッド・アーキン、カレン・ブラック他の出演で描いて全米映画批評家協会賞・作品賞&監督賞、ニューヨーク映画批評家協会賞・作品賞&監督賞を受賞した「ナッシュビル」[DVD&VHS無し](1975年:YouTubeのNashville (1975))、実在の西部の英雄バッファロー・ビルのその後をポール・ニューマン、ジョエル・グレイ他の出演で描いてベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)を受賞した「ビッグ・アメリカン」[DVD&VHS無し](1976年:YouTubeのPAUL NEWMAN - "BUFFALO BILL")、大富豪の御曹子と新興財閥の令嬢の結婚パーティの準備から終了までをキャロル・バーネット、ミア・ファロー他の出演でコミカルに描いた「ウエディング」(1978年:YouTubeのA WEDDING (1978) ROBERT ALTMAN TRAILER)、ベトナム戦争下のアメリカのある兵営で訓練に明け暮れ極限状態に置かれた若者たちのギリギリの精神状態をシュー・モディン、マイケル・ライト他の出演で描いた「ストリーマーズ」(1983年)、泥沼のような愛憎から抜け出せない兄妹の運命をサム・シェパード、キム・ベイシンガー他の出演で描いた「フール・フォア・ラブ」(1985年:YouTubeのFool For Love trailer (Cannon Films))、雑誌の出会い系広告で出会った風変わりな男女と彼らのセラピストたちが巻き起こす騒動をジュリー・ハガティ、ジェフ・ゴールドブラム他の出演で描いたコメデイ「ニューヨーカーの青い鳥」(1986年:YouTubeのbeyond therapy(1987)robert altman)、画家ゴッホと弟テオの受難と連帯をティム・ロス、ポール・リース他の出演で描いた「ゴッホ」(1990年:YouTubeのVincent & Theo clip)、10組の人々の日常にひそむ非日常をティム・ロビンス、マデリーン・ストー他の出演で描いてヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した「ショート・カッツ」(1994年:YouTubeのMovie Trailer -1993- Short Cuts)、パリコレを舞台にファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミの狂騒ぶりをマルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン他の出演で描いた「プレタポルテ」(1994年:YouTubeのKim Basinger "Pret-a-Porter")、1930年代、大恐慌下のカンザス・シティでの腐敗選挙がらみの誘拐騒動をジェニファー・ジェイソン・リー、ミランダ・リチャードソン他の出演で描いた「カンザス・シティ」(1996年:YouTubeのRobert Altman's Kansas City - Trailer)、美しい女性を父親の異常な愛から救ったために命を狙われる弁護士をケネス・ブラナー、エンベス・デイヴィッツ他の出演で描いた「相続人」(1997年:YouTubeのThe Gingerbread Man - Kenneth Branagh)、南部の田舎町で老女の自殺が殺人と偽装されたことで起こる騒動をレン・クローズ、リヴ・タイラー他の出演で描いたコメディ「クッキー・フォーチュン」(1999年:YouTubeのCookie's Fortune (1999))、優しくてハンサムな産婦人科医と彼を取り巻く女たちをリチャード・ギア、ヘレン・ハント他の出演で描いた「Dr.Tと女たち」(2000年:YouTubeのDr. T and the Women Trailer)、イギリス上流社会をマギー・スミス、マイケル・ガンボン他の出演で描いてアカデミー賞脚本賞をはじめ23の映画賞を受賞した「ゴスフォード・パーク」(2001年:YouTubeのGosford Park Trailer)、実在の名門バレエ団を舞台にひとつの作品が出来上がっていくまでをネーヴ・キャンベル、マルコム・マクダウェル他の出演で描いた「バレエ・カンパニー」(2003年:YouTubeのThe Company)、長年続いた公開ラジオ番組が最終回となって様々な思いを胸にステージに立つ出演者をメリル・ストリープ、ケヴィン・クライン他の出演で描いた「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(2006年:YouTubeのA Prairie Home Companion - Trailer)などがある。

★主演男優賞:ティム・ロビンスザ・プレイヤー
※ティム・ロビンスは、1958年10月16日カリフォルニア州ウエストコビナ生まれ。ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校とUCLAのフィルム・スクールで学ぶ。卒業後の1981年に仲間と演劇グループを結成。1984年映画デビュー。その後、監督業にも進出し、1995年にはアカデミー賞監督賞にノミネートされた。2003年アカデミー賞助演男優賞を受賞。
ティム・ロビンスの他の出演作には、エリートパイロットを養成する訓練学校・トップガンをトム・クルーズ、ケリー・マクギリス他の出演で描いたトニー・スコット監督の「トップガン」(1986年:YouTubeのTop Gun (1986) Trailer)、マイナー・リーグを舞台にベテラン捕手と新鋭投手、そして女性ファンの三角関係をケヴィン・コスナー、スーザン・サランドン他の出演で描いたロン・シェルトン監督の「さよならゲーム」(1988年:YouTubeのbull durham)、北欧神話を基に海賊エリックの冒険をイモジェン・スタッブス他の出演で描いたテリー・ジョーンズ監督の「エリック・ザ・バイキング バルハラへの航海」(1989年:YouTubeのErik, the Viking)、女性にもモテモテの凄腕セールスマンと銃を持って店に飛び込んできた浮気相手の夫が繰り広げるドタバタをロビン・ウィリアムズ他の出演で描いたロジャー・ドナルドソン監督の「キャデラック・マン」(1990年:YouTubeのCadillac Man (1989))、旧約聖書のヤコブの話を基に悪夢と現実の間で翻弄されるベトナム帰還兵の奇妙な体験をエリザベス・ペーニャ、ダニー・アイエロ他の出演で描いたエイドリアン・ライン監督の「ジェイコブス・ラダー」(1990年:YouTubeのOfficial Jacob's Ladder Movie Trailer)、人気歌手で億万長者、CIAとも関係が噂される男が上院議員選挙に立候補する姿をジョン・キューザック他の特別出演を得て描いたティム・ロビンス主演・脚本で初監督作「ボブ★ロバーツ」(1992年:YouTubeのWall Street Rap - Bob Roberts)、都市の上空での農薬散布を背景に10組の人々の日常の中にひそむ非日常をアン・アーチャー、フレッド・ウォード他の出演で描いたロバート・アルトマン監督の「ショート・カッツ」(1993年:YouTubeのMovie Trailer - 1993 - Short Cuts)、巨大企業の傀儡社長にされた男が新たなアイディアに挑戦し温情豊かな社長となるまでをポール・ニューマン、ジェニファー・ジェイソン・リー他の出演で描いたジョエル&イーサン・コーエン監督の「未来は今」(1994年:YouTubeのHudsucker Proxy, The (1994) Scene)、無実の罪で刑務所に送られるが希望を失わずついには脱獄に成功した男をモーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー他の出演で描いたフランク・ダラボン劇場監督デビュー作「ショーシャンクの空に」[Blu-ray](1994年:YouTubeのThe Shawshank Redemption (1994)Trailer)、ファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミ周辺の狂騒ぶりをキム・ベイシンガー、ジュリア・ロバーツ他の出演で描いたロバート・アルトマン監督の「プレタポルテ」(1994年:YouTubeのReady to Wear)、恋する男女と2人のために恋のキューピットを務めるアインシュタイン博士をメグ・ライアン、ウォルター・マッソー他の出演で描いたフレッド・スケピシ監督の「星に想いを」(1994年年:YouTubeのI.Q. - Liebe ist relativ Trailer (german))、元エリート会社員とマヌケな強盗の珍道中をマーティン・ローレンス、ケリー・プレストン他の出演で描いたスティーヴ・オーデカーク監督の「ナッシング・トゥ・ルーズ」(1997年:YouTubeのNothing To Lose)、正体をつかめない隣人の恐怖をジェフ・ブリッジス、ジョーン・キューザック他の出演で描いたマーク・ペリントン監督の「隣人は静かに笑う」(1998年:YouTubeのArlington Road Trailer)、60年代の花形スパイが宇宙空間で冷凍睡眠から目覚めた宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して繰り広げる大騒動をマイク・マイヤーズ、ヘザー・グレアム他の出演で描いたジェイ・ローチ監督の「オースティン・パワーズ:デラックス」(1999年:YouTubeのAustin Powers: The Spy Who Shagged Me)、怪現象に襲われ消息を絶った仲間を調査するため火星へ向かう宇宙飛行士たちをゲイリー・シニーズ、コニー・ニールセン他の出演で描いたブライアン・デ・パルマ監督の「ミッション・トゥ・マーズ」(2000年:YouTubeのMission To Mars)、コンピュータ業界において一人の天才プログラマーが巨大企業の陰謀に巻き込まれていく様をライアン・フィリップ、レイチェル・リー・クック他の出演で描いたピーター・ハウイット監督の「サベイランス/監視」(2001年:YouTubeのAntiTrust (2001) - Trailer)、自分をサルだと思いこんでいる男と毛深い女性、マナー重視の博士の奇妙な関係をパトリシア・アークエット、リス・エヴァンス他の出演で描いたミシェル・ゴンドリー監督の「ヒューマン・ネイチュア」(2001年:YouTubeのHuman Nature - Trailer)、殺人事件を通して再び出会った幼なじみの男3人の運命を描いてショーン・ペンがアカデミー賞主演男優賞をティム・ロビンスが助演男優賞を受賞したクリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」(2003年:YouTubeのMYSTIC RIVER - HQ Trailer (2003))、高度に管理の進んだ近未来社会で禁じられた愛を貫く男女の運命をサマンサ・モートン、ジャンヌ・バリバール他の出演で描いたマイケル・ウィンターボトム監督の「CODE46」(2003年:YouTubeのCode 46 trailer)、異星人による地球への侵略と混乱しながらも家族の絆を確かにしていく主人公の姿を トム・クルーズ、ダコタ・ファニング他の出演で描いたスティーヴン・スピルバーグ監督の「宇宙戦争」(2005年:YouTubeのWar Of The Worlds Full Trailer)、孤独な女性が事故で一時的に視力を失った男性の介護を通じて閉ざした心を開いていく姿をサラ・ポーリー、ジュリー・クリスティ他の出演で描いたイザベル・コイシェ監督の「あなたになら言える秘密のこと」La Vida secreta de las palabras (2005年:YouTubeのThe Secret Life of Words - trailer)、クリス・ヴァン・オールズバーグの「ジュマンジ」の続編「ザスーラ」をジョシュ・ハッチャーソン、ジョナ・ボボ他の出演で映画化したジョン・ファヴロー監督の「ザスーラ」(2005年:YouTubeのZATHURA (TRAILER))、アパルトヘイトの南アフリカ政府に対しテロ行為で対抗し自由の闘士として民衆の英雄となった実在の男をデレク・ルーク、ボニー・ヘナ他の出演で描いたフィリップ・ノイス監督の「輝く夜明けに向かって」(2006:YouTubeのCatch A Fire)などがある。
また監督作には、本人も出演している「ボブ★ロバーツ」のほかに、死刑囚とカトリックの修道女の心の交流を描いた死刑廃止論者である修道女ヘレン・プレジャンのノン・フィクションをティム・ロビンス監督・脚本で映画化してスーザン・サランドンがアカデミー主演女優賞をショーン・ペンがベルリン国際映画祭男優賞を受賞した「デッドマン・ウォーキング」(1995年:YouTubeのExecutionscene on "Dead man walking")、オーソン・ウェルズに見出され主役の座を射止める清掃係の女性をエミリー・ワトソン、ビル・マーレイ他の出演で描いたティム・ロビンス監督第3作目「クレイドル・ウィル・ロック」(1999年:YouTubeのCradle Will Rock - Official Trailer)がある。

1990年代

1992年の映画(dvd)5

1992年の映画(dvd)5

■ベネチア国際映画祭

★金獅子賞(作品賞):「秋菊の物語」[VHS]
※原題:秋菊打官司。当時中国で交付されたばかりの行政訴訟法を題材にした陳源斌の小説「萬家訴訟」を映画化した張芸謀(チャン・イーモウ)監督作。
中国北部陜西省の農村に住む秋菊(コン・リー)の夫、慶來(リュウ・ペイチー)が、些細なトラブルで村長(レイ・コーション)に股間を蹴られケガをした。反省しない村長に納得できない秋菊は、身重の体で義妹・妹子(ヤン・リュウチュン)と郡役場へ行き、季巡査(カー・チーチュン)に事情を話す。季は双方反省の上、村長が200元払うという和解案を決めた。だが、お金を受け取りに行った秋菊に村長は高飛車な態度ととる。そこで秋菊は県の役所に行くことにした。しかし審理の結果は全く変わらず、今度は市の役所へ足を運ぶ。安宿の主人(リン・ツ)の紹介で市の公安局長(ツォイ・ルオウェン)に面会できた秋菊は上機嫌で帰って来た。数日後、村長のもとに裁決が届く。だが、村長の支払いが50元増えただけであった。秋菊は再び市の公安局長を訪ねて不満を訴えると、局長は裁定に不服があれば裁判にできると教え、弁護士を紹介してくれた。裁判は公布されて間もない行政訴訟法に基づくもので、民間人に役人を訴える道を開くものであり、それをアピールすることから、秋菊が絶対有利だと言う。しかし結果は秋菊の敗訴。秋菊は局長のすすめで上訴する。
※張芸謀(チャン・イーモウ)監督の他の作品は、1990年の主要な映画(DVD)7:中国映画◆「菊豆」監督:張芸謀(チャン・イーモウ)をご覧ください。

★銀獅子賞(監督賞):該当者なし

★主演男優賞:ジャック・レモン摩天楼を夢みて
※ピューリッツァー賞を受賞したデイヴィッド・マメットの戯曲「摩天楼を夢みて」をマメット自身の脚本で映画化したジェームズ・フォーリー監督作。
シェリー・レーヴィン(ジャック・レモン)はかつては優秀な不動産セールスマンだったが、今は娘の入院やツキがないやらで成績不振に陥っている。ローマ(アル・パチーノ)は今や社でトップの敏腕セールスマン。彼らの稼ぎは成績次第で、おまけに成績優秀者には優良願客情報が与えられるが、他の者にはクズ情報しか与えられない。その日の戦略会議はいつもと違い、成績トップのローマを除いた同僚のセールスマン、モス(エド・ハリス)とアーロナウ(アラン・アーキン)、そして支店長ウィリアムソン(ケヴィン・スペイシー)を前にして、本社の幹部ブレイク(アレック・ボールドウィン)が立っていた。彼は成績不振の3人を罵倒し、月間成績トップと2位の者以外は解雇すると言うのだった。
> YouTubeのGlengarry Glen Ross Trailer
※ジャック・レモンは、1925年2月8日マサチューセッツ州ボストン生まれ。ハーヴァード大学で学び、海軍を経て、ラジオやテレビ、ブロードウェイを経て、1954年映画デビュー。翌1955年アカデミー助演男優賞を受賞。1959年以降ビリー・ワイルダー監督のコメディの常連となる。その後1966年以降はウォルター・マッソーと何度も共演し名コンビといわれる。またコメディだけでなくシリアスな演技も高い評価を受けた。1973年アカデミー主演男優賞を受賞し、主演、助演を獲得した最初の俳優となる。カンヌ国際映画祭では1979年、1982年に主演男優賞を受賞している。2001年6月27日76歳で死去。
ジャック・レモンの他の出演作には、第2次世界大戦下の海軍輸送船での艦長と乗組員との確執をジェームズ・キャグニー、ヘンリー・フォンダ他の出演で描いたジョン・フォードとマーヴィン・ルロイ監督のコメディ「ミスタア・ロバーツ」(1955年:YouTubeのMstrRbrts1)、禁酒法時代を背景にマフィアに追われる2人の男の巻き起こすドタバタをトニー・カーティス、マリリン・モンロー他の出演で描いたビリー・ワイルダー監督のコメディ「お熱いのがお好き」(1959年:YouTubeのSome like It hot [1959] ending)、出世のため上役の浮気のために自分のアパートを貸している会社員の悲哀と恋をシャーリー・マクレーン、フレッド・マクマレイ他の出演で描いてアカデミー賞作品賞、監督賞など6部門で受賞したビリー・ワイルダー監督の「アパートの鍵貸します」(1960年:YouTubeのThe Apartment, 1960, by Billy Wilder)、アルコール依存症に陥る夫婦をリー・レミック、ジャック・クラグマン他の出演で描いたブレイク・エドワーズ監督作でヘンリー・マンシーニがアカデミー歌曲賞を受賞した「酒とバラの日々」(1962年:YouTubeのDays of Wine and Roses Trailer (1962))、娼婦に恋した生真面目な警官が巻き起こす騒動をシャーリー・マクレーン、ルー・ジャコビ他の出演で描いたビリー・ワイルダー監督のコメディでアンドレ・プレヴィンがアカデミー賞編曲賞を受賞した「あなただけ今晩は」(1963年:YouTubeのIrma la dulce vose)、ライバルの男2人が参加したニューヨークからパリまでの自動車レースのドタバタをトニー・カーティス、ナタリー・ウッド他の出演で描いたブレイク・エドワーズ監督の「グレートレース」(1965年:YouTubeのThe Great Race - Tent)、酔った勢いで求婚した漫画家が妻と別れようと画策する騒動をヴィルナ・リージ、テリー・トーマス他の出演で描いたリチャード・クワイン監督の「女房の殺し方教えます」(1964年:YouTubeのJack Lemmon - How To Murder Your Wife - Bachelor Party)、フットボール選手にタックルされた男が半身不随を装い損害賠償をせしめようとする騒動をウォルター・マッソー(アカデミー賞助演男優賞)、クリフ・オズモンド他の出演で描いたビリー・ワイルダー監督の「恋人よ帰れ!わが胸に」(1966年:YouTubeのThe Fortune Cookie - Original Trailer 1966)、同居しながら性格が正反対の男2人が巻き起こす騒動をウォルター・マッソー、ジョン・フィードラー他の出演で描いたジーン・サックス監督の「おかしな二人」[VHS](1968年:YouTubeのOdd couple - Jack Lemmon & Walter Matthau FNA!!! 1968)、父が事故死したイタリアで父の愛人の娘と恋に落ちるアメリカの実業家をジュリエット・ミルズ、クライブ・レビル他の出演で描いたビリー・ワイルダー監督の「お熱い夜をあなたに」(1972年:YouTubeのBilly Wilder's Avanti! - Trailer)、人生に疲れた男の寂しい姿をジャック・ギルフォード、ローリー・ハイネマン他の出演で淡々と描いてジャック・レモンがアカデミー主演男優賞を受賞したジョン・G・アヴィルドセン監督の「セイブ・ザ・タイガー」(1973年:YouTubeのSave The Tiger Jack Lemmon pt 1)、ハイジャックされバミューダ海域に不時着したジャンボ機からの救出劇をジェームズ・スチュワート、リー・グラント他の出演で描いたジェリー・ジェームソン監督の「エアポート'77 バミューダからの脱出」(1977年:YouTubeのAirport '77 Trailer)、原子炉の危険を訴え内部告発する技師とこれを公表しようとするTVキャスターをジェーン・フォンダ、マイケル・ダグラス他の出演で描いてジャック・レモンがカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したジェームズ・ブリッジス監督の「チャイナ・シンドローム」(1979年:YouTubeのThe China Syndrome - Original Trailer 1979)、南米チリでのクーデターの最中に失踪したアメリカ青年の事件をシシー・スペイセク、ジョン・シーア他の出演で描いたコンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督の「ミッシング」(1982年:YouTubeのA Costa-Gavras Film. Missing 1982 Jack Lemmon Sissy Spacek John Shea)、ケネディ暗殺の真相を追う地方検事ジム・ギャリンソンをケヴィン・コスナー、ジョー・ペシ他の出演で描いたオリヴァー・ストーン監督の「JFK」(1991年:YouTubeのMOVIE TRAILER--OLIVER STONE'S "JFK" (1991))、権力者・プレイヤーを目指す若手プロデューサーを通してハリウッドの内幕をティム・ロビンス、グレタ・スカッキ他の出演で描いたロバート・アルトマン監督の「ザ・プレイヤー」(1992年:YouTubeのTRAILER-The Player (1992))、隣人同士なのに子供の頃からいがみ合っている2人のガンコ老人の腐れ縁をウォルター・マッソー、アン=マーグレット他の出演で描いたドナルド・ペトリ監督の「ラブリー・オールドメン」(1993年:YouTubeのGrumpy Old Men Outtakes)、アメリカのごく普通の住宅地を舞台に出会いと別れや愛と裏切り、生と死など様々なエピソードをアンディ・マクドウェル、ジュリアン・ムーア他の出演で描いたロバート・アルトマン監督の「ショート・カッツ」(1994年:YouTubeのMovie Trailer-1993-Short Cuts)、シェイクスピアの「ハムレット」を舞台を19世紀に移してケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ他の出演で描いたケネス・ブラナー監督・脚本・主演の「ハムレット」(1996年:YouTubeのWhy you should see "Hamlet" (1996) [HQ])、
バガー・ヴァンスの伝説」(2000年:YouTubeのLegend of Bagger Vance Trailer)などがある。

★主演女優賞:鞏俐(コン・リー)秋菊の物語」[VHS]
※コン・リー(鞏俐)は、1965年12月31日中国遼寧省瀋陽市生まれ。張芸謀監督に見出され、1987年映画デビュー。以後、張芸謀監督や陳凱歌監督の作品に出演し中国を代表する大女優となる。
コン・リーの主な出演作には、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したコン・リーの映画デビュー作にしてチャン・イーモウの初監督作「紅いコーリャン」(1987年:YouTubeの紅高粱(Red Sorghum))、ハイジャックされた政府専用機から共同で人質救出に当たることになった北京と台北の救出チームをリウ・シャオニン、ワン・シュエチー他の出演で描いたチャン・イーモウ監督の「ハイジャック 台湾海峡緊急指令」(1988年)、年老いた染物屋の主人に嫁いだ女性の苛酷な運命をリー・パオティエン、リー・ウェヤ他の出演で描いたチャン・イーモウ監督の「菊豆」(1990年:YouTubeのJU DOU. 菊豆. (1990) Part 2)、賭神と呼ばれた実在ギャンブラーの闘いを チャウ・シンチー他の出演で描いたバリー・ウォン監督の人気シリーズ第3弾「ゴッド・ギャンブラー3」(1991年:YouTubeのGod of Gamblers 3 - Back to Shanghai 1/16)、北京生まれの女性と香港の青年との恋をケニー・ビー、デヴィッド・チャン他の出演で描いたシルヴィア・チャン監督の「果てぬ想い〜醒夢季節〜」(1992年:YouTubeのTrailer: Mary From Beijing (1992))、時代に翻弄される2人の京劇役者の愛憎をレスリー・チャン、チャン・フォンイー他の出演で描いてカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したチェン・カイコー監督の「さらば、わが愛 覇王別姫」(1993年:YouTubeのLeslie Cheung - Farewell My Concubine 霸王別姫)、恵まれた生活を捨て一目ぼれした女が仕えているお屋敷に下男としてもぐりこむ高名な詩人をチャウ・シンチー他の出演で描いたリー・リクチー、チャウ・シンチー監督の「詩人の大冒険」(1993年:YouTubeのFlirting Scholar 唐伯虎點秋香)、項羽と劉邦の物語を彼らを支えた妻を中心にレイ・ロイ、ロザマンド・クワン他の出演で描いたスティーヴン・シン監督の「項羽と劉邦~その愛と興亡~」(1994年)、武術界の総帥の後継者で許されぬ愛情を抱いている美人姉妹の運命をブリジット・リン,チョン・マン他の出演で描いたアンディ・チン監督の「シスター・オブ・ドラゴン / 天女武闘伝」(1994年)、1つの家族が大きな時代の波に翻弄されながら生き抜いていく姿をグォ・ヨウ、ニウ・ベン他の出演で描いたチャン・イーモウ監督の「活きる(1994年:YouTubeのTo Live(1994)-[CinemaScene]-04of20)、30年代の上海の暗黒街を生きる歌姫の運命をリー・パオティエン、リー・シュエチェン他の出演で描いたチャン・イーモウ監督の「上海ルージュ」 揺?揺!揺到外婆橋 (1995年:YouTubeの*** Shanghai Triad ***)、20年代中華民国時代のある名家をめぐる男女の退廃的な恋愛をホー・ツァイフェイ、レスリー・チャン他の出演で描いたチェン・カイコー監督の「花の影」(1996年:YouTubeのTEMPTRESS MOON風月(1996)Part1/19.)、秦の始皇帝暗殺計画をめぐる男女の運命をチャン・フォンイー、リー・シュエチェン他の出演で描いたチェン・カイコー監督の「始皇帝暗殺」(1998年:YouTubeの荊軻刺秦王The Emperor and the Assassin-?的主題)、聴覚障害を持つ息子を育てる母親の姿をガオ・シン、シー・ジンミン他の出演で描いたスン・ジョウ(孫周)監督の「きれいなおかあさんん」(1999年)、ひとりの女性が対照的な2人の男の間で揺れ動く様をレオン・カーフェイ、スン・ホンレイ他の出演で描いたスン・チョウ監督の「たまゆらの女」(2002年:YouTubeの[TR] Zhou Yu's Train Trailer)、近未来を舞台にした物語を執筆中の小説家の現在と物語の中の未来が時空を超えて交錯していくさまをトニー・レオン、木村拓哉他の出演で描いたウォン・カーウァイ監督の「2046」(2004年:YouTubeの2046 trailer)、ウォン・カーウァイ、スティーヴン・ソダーバーグ、ミケランジェロ・アントニオーニの3人の監督が愛とエロスをテーマに競作したオムニバス「愛の神、エロス」(2004年)、京都で芸者として生きるひとりの女性の運命と恋をチャン・ツィイー、渡辺謙他の出演で描いたロブ・マーシャル監督の「SAYURI」(2005年:YouTubeのMemoirs of a Geisha - Trailer)、10世紀の五代十国時代の中国で栄華を極めたある王家の愛憎渦巻く陰謀と裏切りをチョウ・ユンファ、ジェイ・チョウ他の出演で描いたチャン・イーモウ監督の「王妃の紋章」[Blu-ray](2006年:YouTubeの《?城尽?黄金甲》片尾曲《菊花台》MV)、密輸組織も巣くう街マイアミで危険な潜入捜査に当たる2人の刑事の奮闘をコリン・ファレル、ジェイミー・フォックス他の出演で描いたマイケル・マン監督の「マイアミ・バイス」 Miami Vice (2006年:YouTubeのMiami vice trailer original 2006)、レクター博士の幼少期から青年期にかけて冷酷な殺人鬼へと変貌を遂げていく姿をギャスパー・ウリエル、リス・エヴァンス他の出演で描いたピーター・ウェーバー監督の「ハンニバル・ライジング」(2007年:YouTubeのHannibal Rising Trailer)などがある。

1990年代

1992年の映画(dvd)4

1992年の映画(dvd)4

■アカデミー賞

★撮影賞:フィリップ・ルースロリバー・ランズ・スルー・イット
※「リバー・ランズ・スルー・イット」は、ノーマン・マクリーンの小説『マクリーンの川』をロバート・レッドフォードが脚本(リチャード・フリーデンバーグと共同)と監督を担当して映画化した。
1912年のモンタナ州ミズーラ。10歳のノーマンと8歳のポールは、スコットランド出身の厳格な牧師の父(トム・スケリット)にフライフィッシングと勉強を教わっていた。ノーマンの夢は牧師かプロボクサーになること、ポールの夢はプロのフライフィッシャーである。1919年、真面目で秀才のノーマン(クレイグ・シェーファー)は東部のダートマス大学に進学する。一方陽気なポール(ブラッド・ピット)は地元の大学を卒業し、地方新聞の記者をしているが、酒と賭け事にのめり込んでいた。7年後、ノーマンが帰郷し、兄弟は早速川に入って釣りをする。そこでノーマンは、弟の芸術的なフライフィッシングを見た。独立記念日のダンス・パーティで、ノーマンはジェシー(エミリー・ロイド)と出逢い、恋に落ちる。一方ポールはポーカーで莫大な借金を作っていた。そんなある日、ノーマンはシカゴ大学から教授職のオファーがあったのを機にジェシーにプロポーズする。
> YouTubeのA River Runs Through It Trailer
※フィリップ・ルースロは、1945年9月4日フランス・ムルト=エ=モゼル県生まれ。写真・映画学校で学ぶ。
フィリップ・ルースロの他の作品には、ジャン・ジャック・ベネックス監督の第1作で事件に巻き込まれた郵便配達人の逃避行をフレデリック・アンドレイ、リシャール・ボーランジェ他の出演で描いた「ディーバ」(1981年:YouTubeのDiva (1981) - Frederic Andrei & Thuy An Luu (Dir. Jean-Jacques Beineux))、レイプされ自殺した妹の復讐を遂げるため犯人を追う兄をジェラール・ドパルデュー、ナスターシャ・キンスキー他の出演で描いたジャン・ジャック・ベネックス監督の「溝の中の月」(1982年:YouTubeのla lune dans le caniveau)、18世紀フランス貴族社会の頽廃を描いたラクロの小説「危険な関係」をグレン・クロース、ジョン・マルコヴィッチ他の出演で映画化したスティーブン・フリアーズ監督の「危険な関係」(1988年:YouTubeのLas amistades peligrosas / Dangerous Liaisons, 1988, escenas)、ヘンリー・ミラー夫妻の両方と恋愛関係にあった作家アナイス・ニンの日記をマリア・デ・メディロス、ユマ・サーマン他の出演で映画化したフィリップ・カウフマン監督の「ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女」(1990年:YouTubeのHenry & june)、
メルシー・ラ・ヴィ」(1991年)、南北戦争終結直後に南部に別人のようになって帰還した農場経営者の謎をリチャード・ギア、ジョディ・フォスター他の出演で描いたジョン・アミエル監督の「ジャック・サマースビー」(1993年:YouTubeのSommersby)、父親が殺した一家の生き残りの女性と恋に落ちた男をデニス・クエイド、メグ・ライアン他の出演で描いたスティーヴ・クローヴス監督の「フレッシュ・アンド・ボーン ~渇いた愛のゆくえ~」(1993年)、16世紀フランスのサン・バルテルミの虐殺と実在の王妃マルグリット・ド・ヴァロワ(マルゴ)の悲恋をイザベル・アジャーニ, ジャン=ユーグ・アングラード他の出演で描いたパトリス・シェロー監督の「王妃マルゴ」(1994年:YouTubeのLa Reine Margot 1994)、アン・ライスの世界的ベストセラー「夜明けのヴァンパイア」をトム・クルーズ、ブラッド・ピット他の出演で映画化したニール・ジョーダン監督の「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」Interview with the Vampire: The Vampire Chronicles(1994年:YouTubeのI'm Not What You See)、ヴァレリー・マーティンの小説「メアリー・ライリー―ジーキル&ハイドの恋」をジュリア・ロバーツ、ジョン・マルコヴィッチ他の出演で映画化したスティーヴン・フリアーズ監督の「ジキル&ハイド」(1996年:YouTubeのMary Reilly - Trailer)、過激なポルノ雑誌ハスラーを創刊し社会と戦い続けた男をウディ・ハレルソン、コートニー・ラブ他の出演で描いたミロス・フォアマン監督の「ラリー・フリント」(1996年:YouTubeのPeople vs Larry Flynt Trailer)、重罪犯刑務所ハーモニーベイに投獄された囚人と精神鑑定人の心の交流をアンソニー・ホプキンス、キューバ・グッディングJr他の出演で描いたジョン・タートルトーブ監督の「ハーモニーベイの夜明け」(1999年:YouTubeのInstinct Trailer (1999))、飛行機事故でそれぞれの妻と夫を失った男女の恋をハリソン・フォード、クリスティン・スコット・トーマス他の出演で描いたシドニー・ポラック監督の「ランダム・ハーツ」(1999年:YouTubeのRandom Hearts movie trailer)、アメリカ初の黒人と白人混成チームの誕生と苦難を乗り越えて州チャンピオンになるまでをデンゼル・ワシントン、ライアン・ハースト他の出演で描いたボアズ・イェーキン監督の「タイタンズを忘れない」(2000年:YouTubeのRemember The Titans - Part 1)、ジョン・ル・カレの傑作スパイ小説「パナマの仕立屋」をピアース・ブロスナン、ジェフリー・ラッシュ他の出演で映画化したジョン・ブアマン監督の「テイラー・オブ・パナマ」[Blu-ray](2001年:YouTubeのthe tailor of panama - trailer 2001)、フランクリン・J・シャフナー監督の「猿の惑星」をティム・ロス、ヘレナ・ボナム=カーター他の出演でリ・イマジネーション(再創造)したティム・バートン監督の「猿の惑星 ― Planet Of The Apes」(2001年:YouTubeのPlanet of the Apes (2001) HD Trailer)、不幸な生い立ちの黒人青年が精神科医の真摯なサポートを受けて過去のトラウマを克服していく姿を実話を基にデンゼル・ワシントン監督・主演で映画化した「アントワン・フィッシャー きみの帰る場所」(2002年:YouTubeのantwone fisher movie trailer)、ダニエル・ウォレスの「ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり」を基に奇想天外な人生を振り返る父とその息子の絆をユアン・マクレガー、ヘレナ・ボナム=カーター他の出演で描いたティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」[Blu-ray](2003年:YouTubeのBig Fish - trailer)、異界の者ハーフ・ブリードを見分けられる能力を持つ孤独な男をキアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ他の出演で描いたフランシス・ローレンス監督の「コンスタンティン」[Blu-ray](2005年:YouTubeのOriginal Constantine Trailer)、ロアルド・ダールのロングセラー児童書「チョコレート工場の秘密」をジーン・ワイルダー主演「夢のチョコレート工場」に続いてジョニー・デップ、フレディ・ハイモア他の出演で映画化したティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」[Blu-ray](2005年:YouTubeのCharlie and the Chocolate Factory trailer)、犯罪者を自らの手で処刑する女性の葛藤をジョディ・フォスター、テレンス・ハワード他の出演で描いたニール・ジョーダン監督の「ブレイブ ワン」[Blu-ray](2007年:YouTubeのThe Brave One - OFFICIAL 2007 "RESTRICTED" Trailer)、アメリカの対テロ戦争の裏側を政治家やジャーナリスト、兵士、大学教授という異なる立場からメリル・ストリープ、トム・クルーズ他の出演で描いたロバート・レッドフォード監督の「大いなる陰謀」(2007年:YouTubeのLions for Lambs - trailer 2007)などがある。

★視覚効果賞:「永遠に美しく…
※「永遠に美しく…」は、女性の若く美しくありたいという願望を描いたロバート・ゼメキス監督作。
人気女優だったが最近落ち目のマデリーン(メリル・ストリープ)の元に、学生時代からのライバル・ヘレン(ゴールディ・ホーン)が、有名な美容整形外科医アーネスト(ブルース・ウィリス)と婚約したと自慢しに来た。しかしマデリーンはアーネストを誘惑し、2人は結ばれる。失意のヘレンは急激に太り、7年後には入院してしまう。それからさらに7年後、年齢から来る容姿の衰えに悩んでいるマデリーンの元に、若い時と同じくらい美しいヘレンからパーティの招待状が届く。焦るマデリーンは不思議な女性リスル(イザベラ・ロッセリーニ)を紹介され、リスルから永遠に若くいられる秘薬を受け取るが…。
> YouTubeのDEATH BECOMES HER - HQ Trailer(1992)
※受賞スタッフは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」以来ロバート・ゼメキス監督作品の常連であるSFXスーパーバイザーのケン・ラルストン、それとSFXアートディレクターのダグ・チャン、CGスーパーバイザーのダグ・スマイス、特殊メイクデザインのトム・ウッドラフJr. である。

★衣装デザイン賞:石岡瑛子ドラキュラ
※「ドラキュラ」は、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」をフランシス・フォード・コッポラ監督が映画化した作品。
トランシルバニア・ワラキア城の城主ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン)はオスマン・トルコ軍との戦に行くが、そこで戦死したという噂を真に受けた王妃エリザベータ(ウィノナ・ライダー)は城から身を投げ自殺する。ドラキュラ伯爵は、司祭(アンソニー・ホプキンス)から自殺した霊魂は神に救われないと聴き絶望の末、怒り極まって神への復讐を誓う。その後、血を糧に400年以上生きながらえ、王妃と瓜二つのミナ(ウィノナ・ライダー)と出会う。婚約者のミナを奪われたジョナサン(キアヌ・リーヴス)は、形而上学者のヴァン・ヘルシング(アンソニー・ホプキンス)、ジャック(リチャード・E・グラント)、クィンシー(ビル・キャンベル)、アーサー(ケアリー・エルウィス)と共にドラキュラに立ち向かう。
> YouTubeのBram's Stoker's Dracula
※石岡瑛子は、1939年7月12日東京都生まれ。1980年代以降はニューヨークを拠点にデザイナーとしてメディアに捉われず幅広く活躍し、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭、グラミー賞など多数受賞している。

★音響効果賞・メイクアップ賞:「ドラキュラ」[Blu-ray]
> YouTubeのBram Stoker's Dracula

★音響賞:「ラスト・オブ・モヒカン
※ジェームズ・フェニモア・クーパーの小説「モヒカン族の最後」を映画化したマイケル・マン監督作。
アメリカ独立戦争前夜のアメリカ東部。英軍を率いるマンロー大佐(モーリス・ローヴス)の娘コーラ(マデリーン・ストウ)とアリス(ジョディ・メイ)は、父に会うため植民地争いの最前線へ向かっていた。コーラは護衛隊を指揮するヘイワード少佐(スティーヴン・ワディンソン)に求婚されていたが踏み切れないでいた。突然仏軍側のインディアンでマンロー大佐の軍に妻子を殺されたマグア(ウェス・ステューディ)率いるヒューロン族が一行を襲う。コーラに銃口が向けられた時、モヒカン族の酋長チンガチェック(ラッセル・ミーンズ)と2人の息子、ウンカス(エリック・シュウェイグ)とホークアイ(ダニエル・デイ=ルイス)が現れてコーラを救う。ホークアイは、イギリス人開拓者の孤児でモヒカン族に拾われ、モヒカン族として生きていたのだった。彼らは大佐の待つ砦に一行を案内する。やがてコーラとホークアイは愛し合うようになる。だが、嫉妬にかられたヘイワードがホークアイを反逆罪で捕えて牢に入れてしまう。そして仏軍の猛攻が始まる。
> YouTubeのTHE LAST OF THE MOHICANS - HQ Trailer (1992)

★名誉賞:フェデリコ・フェリーニ
※フェデリコ・フェリーニは、1920年1月20日イタリア・リミニ生まれ。1993年10月31日73歳で没。ロベルト・ロッセリーニ監督の「無防備都市」のシナリオに協力して映画界に入る。1950年共同監督にて監督デビュー。1952年初めて単独で監督した作品で音楽監督としてニーノ・ロータを起用。アカデミー賞外国語映画賞を4度、カンヌ国際映画祭・パルム・ドールなど受賞。映画の魔術師とよばれる巨匠である。
フェデリコ・フェリーニ監督の主な作品には、5人の自立できないぐうたら青年の人生をフランコ・ファブリッツィ、アルベルト・ソルディ他の出演で描いてヴェネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞を受賞した「青春群像」(1953年:YouTubeのFellini - I vitelloni)、粗野な旅回りの大道芸人とその妻となった無垢な女をアンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ他の出演で描いてヴェネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「」(1954年:YouTubeのLa Strada (1954) - Federico Fellini)、人間の矮小さ卑しさをブロデリック・クロフォード、リチャード・ベースハート他の出演で描いた「」(1955年:YouTubeのIl Bidone: Piazza del Popolo e Piazza di Spagna)、無垢の魂を持つ娼婦をジュリエッタ・マシーナ、フランソワ・ペリエ他の出演で描いてアカデミー賞外国語映画賞、カンヌ国際映画祭女優賞などを受賞した「カビリアの夜」Le Notti di Cabiria (1957年:YouTubeのLe notti di Cabiria)、ローマの上流階級の退廃的な生態をマルチェロ・マストロヤンニ、アニタ・エクバーグ他の出演で描いてカンヌ国際映画祭パルム・ドール、NY批評家協会賞外国映画賞を受賞した「甘い生活」La Dolce vita (1959年)、フェリーニ監督の自伝的な作品でマルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ他の出演で現実と幻想を並行して描いてアカデミー賞外国語映画賞、NY批評家協会賞外国映画賞を受賞した「8 1/2」(1963年:YouTubeの8 1/2 original trailer)、夫の浮気をきっかけに独りで生きる勇気を持つにいたる平凡な主婦をジュリエッタ・マシーナ、サンドラ・ミーロ他の出演で描いたフェリーニ初のカラー作品でゴールデン・グローブ外国映画賞、NY批評家協会賞外国映画賞を受賞した「魂のジュリエッタ」(1964年:YouTubeのGiulietta degli spiriti , finale 1)、古代ローマの快楽と退廃を描いたペトロニウスの風刺小説「サテュリコン」をマーティン・ポッター、アラン・キュニー他の出演で映画化した「サテリコン(1969年:YouTubeのFellini, SATYRICON (1969))、ローマの歴史を「少年期」「青年期」「現代」に分けて ピーター・ゴンザレス、ブリッタ・バーンズ他の出演で描いた「フェリーニのローマ」(1972年:YouTubeのRoma,1972)、フェリーニが故郷リミニでの少年時代を回想した作品でプペラ・マッジョ、マガリ・ノエル他が出演しアカデミー賞外国語映画賞、NY批評家協会賞作品賞を受賞した「フェリーニのアマルコルド」[VHS](1973年:YouTubeのFederico Fellini - Amarcord)、カサノバの女性遍歴と頽廃した宮廷生活をドナルド・サザーランド、サンドラ・エレーン・アレン他の出演で描いてアカデミー賞衣装デザイン賞受賞した「カサノバ」(1976年:YouTubeの"Il Casanova di Fellini", intervista a Tullio Pinelli)、礼拝堂での演奏のために集まった音楽家たちのリハーサル風景をボールドウィン・バース、クララ・コロシーモ他の出演で描いた作品でニーノ・ロータの死によってコンビ最終作となった「オーケストラ・リハーサル」(1979年:YouTubeのProva d'orchestra (1978) | Federico Fellini)、ウーマン・リブの国際大会会場に迷いこんだ中年男が女たちに翻弄される様をマルチェロ・マストロヤンニ、アンナ・プルクナル他の出演で描いた「女の都」(1980年:YouTubeのLa citta delle donne (Federico Fellini) -Culpable-)、世紀のソプラノ歌手の遺骨を海に葬送するために出航した船に乗り合わせた人々の姿をフレディ・ジョーンズ、バーバラ・ジェフォード他の出演で描いた「そして船は行く」(1983年:YouTubeのE la nave va)、かつて人気を博した芸人コンビが30年ぶりにテレビで再会する姿をジュリエッタ・マシーナ、マルチェロ・マストロヤンニ他の出演で描いた「ジンジャーとフレッド」(1985年:YouTubeのGinger and Fred (1986) Trailer)、チネチッタで新作を撮ろうとするフェリーニと彼にインタビューする日本のテレビ局の取材班や撮影所で働く俳優やスタッフの様子をアニタ・エクバーグ、マルチェロ・マストロヤンニ他の出演で描いてモスクワ映画祭グランプリを受賞した「インテルビスタ」(1987年:YouTubeのFederico Fellini's Intervista)、イタリアの田舎町を舞台に月の声を聞こうとする愚か者と周囲の人々が繰り広げるお祭り騒ぎをロベルト・ベニーニ、パオロ・ヴィラッジョ他の出演で描いた「ボイス・オブ・ムーン」(1990年:YouTubeのLa voce della luna)などがある。

1990年代

1992年の映画(dvd)3

1992年の映画(dvd)3

■アカデミー賞

★助演女優賞:マリサ・トメイいとこのビニー
※ジョナサン・リン監督のハリウッド第一作。
大学生のビル(ラルフ・マッチオ)とスタン(ミッチェル・フィットフィールド)は、大陸横断の旅の途中、アラバマ州のコンビニ店員殺害事件の容疑者とされる。ビルは、ニューヨークで弁護士をしている従兄のビニー(ジョー・ペシ)に助けを求めた。フィアンセのモナ・リサ(マリサ・トメイ)を連れて駆けつけたビニーは、弁護士になったのは6週間前で法廷に立ったことがなく、司法試験に合格するまで6年間もかかったことを明かし、ビルをがっかりさせる。いよいよ開廷となるが、服装と言葉使いから、ビニーは法廷侮辱罪を裁判官ハラー(フレッド・グウィン)から言い渡され、留置所送りとなる。そこでスタンは、官選弁護士ギボンズ(オースティン・ペンドルトン)に弁護を依頼した。保釈されたビニーは徹夜でアラバマ州法を研究し、公判初日、目撃者の証言を崩してあざやかな弁護ぶり。一方ギボンズは、緊張すると口ごもり、スタンもビニーに改めて弁護を依頼した。最後にFBIの自動車解晰班の指導員ウィルバー(ジェームズ・レブホーン)が証言し、タイヤの写真を証拠にビルたちを不利な立場に追いつめた。しかし、実家が自動車工場のモナ・リサは専門的な見解を示し、写真が不完全な証拠であることを指摘する。
> YouTubeのMY COUSIN VINNY - HQ Trailer (1992)
※マリサ・トメイは、1964年12月4日ニューヨーク市ブルックリン生まれ。1984年映画デビュー。1986年オフ・ブロードウェイデビュー。2001年と2008年にアカデミー助演女優賞にノミネートされた。
マリサ・トメイの他の出演作には、愛のないセックスに溺れる人妻の苦悩をニコラス・ケイジ、エリカ・アンダーソン他の出演で描いたサム・ピルスバリー監督の「ザンダリーという女」(1990年)、チャールズ・チャップリンの半生をロバート・ダウニーJr.、ジェラルディン・チャップリン他の出演で描いたリチャード・アッテンボロー監督の「チャーリー」(1992年:YouTubeのChaplin (1992) Trailer)、孤独な男女が純粋な愛を育む姿をクリスチャン・スレーター、ロージー・ペレズ他の出演で描いたトニー・ビル監督の「忘れられない人」(1993年:YouTubeのUntamed Heart Theater Trailer)、ニューヨークのタブロイド紙の記者たちの激烈な一日をマイケル・キートン、ロバート・デュヴァル他の出演で描いたロン・ハワード監督の「ザ・ペーパー」(1994年:YouTubeのBest scene from The Paper)、ローマを舞台に運命の糸に結ばれた男女の恋をロバート・ダウニーJr、ボニー・ハント他の出演で描いたノーマン・ジュイソン監督の「オンリー・ユー」(1994年:YouTubeのonly you (1994) escenas 1 parte 1)、ホテルを舞台に4つの部屋で繰り広げられる大晦日の夜の騒動をクエンティン・タランティーノら4人の監督で描いたオムニバス「フォー・ルームス」(1995年:YouTubeのFour Rooms Trailer)、母親役から抜けきれない中年女性が自分自身の人生を見つけるまでをジーナ・ローランズ、ジェラール・ドパルデュー他の出演で描いたニック・カサヴェテス監督の「ミルドレッド」(1996年:YouTubeのMoira Kelly in Unhook The stars)、戦火のサラエボで葛藤する英国人ジャーナリストをステファン・ディラーヌ、ウディ・ハレルソン他の出演で描いたマイケル・ウィンターボトム監督の「ウェルカム・トゥ・サラエボ」(1997年:YouTubeのWelcome To Sarajevo (clip))、女性の考えが声として聞こえてしまう男と上司のキャリアウーマンのもどかしい恋をメル・ギブソン、ヘレン・ハント他の出演で描いたナンシー・マイヤーズ監督の「ハート・オブ・ウーマン」(2000年:YouTubeのWhat Women Want (2000) - Trailer)、殺人鬼とFBI捜査官の駆け引きをキアヌ・リーヴス、ジェームズ・スペイダー他の出演で描いたジョー・シャーバニック監督の「ザ・ウォッチャー」(2000年:YouTubeのThe Watcher (2000) - Official Theatrical Trailer)、1人息子を殺された夫婦の苦悩と絆をシシー・スペイセク、トム・ウィルキンソン他の出演で描いたトッド・フィールド監督の「イン・ザ・ベッドルーム」(2001年:YouTubeのIn the Bedroom Movie with Jonathan Walsh and Sissy Spacek)、独自の恋愛論を実践し運命の人を探すキャリア・ウーマンの奮闘を描いたトニー・ゴールドウィン監督の「恋する遺伝子」(2001年:YouTubeのTrailer: "Someone Like You")、アメリカで夢を叶えようと奮闘するインド人のダンスのインストラクターをヘザー・グレアム、ジミ・ミストリー他の出演で描いたデイジー・フォン・シャーラー・メイヤー監督の「踊るマハラジャ★NYへ行く」(2002年:YouTubeのEnding "The guru" Chori Chori)、気弱な男性が型破りなセラピストから奇妙なセラピーを受けて起こる騒動をアダム・サンドラー、ジャック・ニコルソン他の出演で描いたピーター・シーガル監督の「NY式ハッピー・セラピー」(2003年:YouTubeのanger management)、プレイボーイの気楽な独身生活を描いたマイケル・ケイン主演の「アルフィー(1966)」をジュード・ロウ、スーザン・サランドン他の出演でリメイクしたチャールズ・シャイアー監督の「アルフィー」(2004年:YouTubeのalfie 2004 japanese sub pt1)、反骨の無頼作家チャールズ・ブコウスキーの自伝的小説「勝手に生きろ!」をマット・ディロン、リリ・テイラー他の出演で映画化したベント・ハーメル監督の「酔いどれ詩人になるまえに」(2005年:YouTubeのFACTOTUM - TRAILER)、強盗計画によって浮かび上がるある家族の深い心の闇をフィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク他の出演で描いたシドニー・ルメット監督の「その土曜日、7時58分」[Blu-ray](2007年:YouTubeのBEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD Theatrical Trailer)、国家に代わり企業が国を治める時代を背景に元CIAの殺し屋をジョン・キューザック、ヒラリー・ダフ他の出演で描いたジョシュア・セフテル監督の「エージェント・オブ・ウォー」(2008年:YouTubeのWar, Inc. - Trailer)、かつて人気プロレスラーだった男の孤独な後半生をミッキー・ローク、エヴァン・レイチェル・ウッド他の出演で描いたダーレン・アロノフスキー監督の「レスラー」(2008年:YouTubeのThe Wrestler - Official Trailer)などがある。

★外国語映画賞:「インドシナ」監督:レジス・バルニエ(仏)
※「インドシナ」は、日本でも女性ファンを中心に支持され大ヒットを記録したカトリーヌ・ドヌーヴ主演の正統派メロドラマ。
1930年代、広大なゴム園の跡継ぎとして仏領インドシナで生まれたフランス人女性エリアーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、死んだ友人の娘で安南の皇女カミーユ(リン・ダン・ファン)を養女にしていた。そんな2人の前にフランス人将校ジャン・バチスト(ヴァンサン・ペレーズ)が現れる。以前、絵画オークションで会ったエリアーヌに恋をした彼は、彼女に愛を告白した。彼と愛し合うようになったエリアーヌに、父エミール(アンリ・マルトー)は別れを強要する。脅かされたジャン=バチストは彼女を避けるようになる。しかし、ある雨の日、彼は訪ねてきたエリアーヌを一度はつれなく帰らせかけるが、走り出した車に飛び乗り彼女を抱いた。そんな折り、皇帝が暗殺され、共産党が国の独立を求めて決起した。カミーユは町で発砲事件に巻き込まれる。それを救ったのはジャン=バチストだった。彼女は彼に恋をし、館でのパーティに招く。事情を知らないカミーユの目前で、2人は口論し、ジャン・バチストはエリアーヌを叩いた。この事件がもとで彼は離れ島ドラゴン島の警備に左遷される。カミーユは許婚タン(エリック・グエン)と結婚させられるが、全てを捨ててジャン・バスチトに会いに行く。長く苦しい旅の末、島に辿りつき奴隷の列に座らされている彼女を、ジャン・バチストは見つけ出す。仲良く立ち去ろうという瞬間、母子が引き離されるのを拒んだことで処刑されている姿を見つける。怒ったカミーユは、フランス人の上官将校を撃ち殺してしまう。旅の一座にまぎれ逃げる2人は、一級の政治犯、共産党のジャンヌ・ダルクとして指名手配される。
> YouTubeのIndochine Trailer
※レジス・ヴァルニエは、1948年4月18日フランス北東部ロレーヌ地域圏モゼル県メス生まれ。
レジス・バルニエ監督の他の作品には、13歳のエルザが歌った主題歌「哀しみのアダージョ(原題:T'en va pas」も大ヒットした、芸術上の苦悩からアル中になるヴァイオリニストと妻の葛藤をクリストフ・マラヴォワ、ジェーン・バーキン他の出演で描いた「悲しみのヴァイオリン」(1986年:YouTubeのElsa - T'en vas pas (1986) Version Longue en Stereo HQ)、スーザン・ヒルの原作「ぼくはお城の王様だ」を基にふたりの孤独な少年の愛の葛藤をジャン・ロシュフォール、ドミニク・ブラン他の出演で描いた「罪深き天使たち」(1989年:YouTubeのJe suis le seigneur du chateau)、フランス現代史を背景に全てを捨てて愛に生きようとした女の姿をエマニュエル・ベアール、ダニエル・オートゥイユ他の出演で描いた「フランスの女」[VHS](1995年)、冷戦時代のソ連で祖国フランスを思いながら愛と自由に生きたフランス人女性の姿をサンドリーヌ・ボネール、カトリーヌ・ドヌーヴ他の出演で描いた「イースト / ウエスト 遙かなる祖国」(2000年:YouTubeのEst-Ouest)、ペストへの恐怖を利用して連続殺人を企てる犯人とその手口に翻弄される警察をジョゼ・ガルシア、マリー・ジラン他の出演で描いた「サイン・オブ・デス」(2007年:YouTubeのPars Vite et Reviens Tard Teaser)などがある。

★脚本賞:ニール・ジョーダンクライング・ゲーム
※ニール・ジョーダン監督が自身の脚本を映画化し、本賞他、多数の映画賞を受賞した。
IRAがイギリス軍に捕らえられた仲間と交換する人質として、黒人兵士ジョディ(フォレスト・ウィテカー)を誘拐した。IRAのアジトに幽閉されたジョディの見張りにはファーガス(スティーブン・レイ)が当たるが、二人で過ごすうちお互いに友情を抱くようになった。ジョディは、自分が殺されたらロンドンにいる恋人に会って「愛していた」と伝えてほしいとファーガスに頼む。そして、ジョディは救出に来たイギリス軍の装甲車にひかれて死亡し、IRAのアジトもイギリス軍の急襲を受けて炎上する。かろうじて逃げたファーガスはロンドンに行き、ジョディの恋人である美容師のディル(ジェイ・デイヴィッドソン)に会う。ファーガスは、夜はバーで歌うディルの美しく不思議な魅力にひかれ、二人は急速に接近するが、服を脱いだディルを見た彼はディルを拒絶する。ディルは男だったのだ。
他に、IRAの女性メンバー・ジュードにミランダ・リチャードソン、IRAのリーダーのピーターにエイドリアン・ダンバーが扮している。
> YouTubeのMOVIE: THE CRYING GAME [1992]
※ニール・ジョーダンは、1950年2月25日アイルランドのスライゴ州スライゴ生まれ。アイルランド国立大学ダブリン校 (UCD) 卒業後は教師、俳優、ミュージシャンなどを経て短編映画を制作。シナリオを書くようになり、1982年監督デビュー。ゴシック・ホラーやロマンス、それとアイルランドにまつわる歴史物などを手がける。1996年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、1997年ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した。
ニール・ジョーダンの他の監督作には、グリム童話の『赤頭巾ちゃん』をモチーフに狼と少女の関係をアンジェラ・ランズベリー、サラ・パターソン他の出演で幻想的に描いた「狼の血族」(1984年:YouTubeのThe Company of Wolves Trailer (1985))、夜のロンドンを舞台に刑務所帰りの男が恋した高級娼婦を守るために戦う姿をボブ・ホスキンス、キャシー・タイソン他の出演で描いた「モナリザ」(1986年:YouTubeのmona lisa trailer bob hoskins)、刑務所を脱走した2人の男が巻き起こす騒動をロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン他の出演で描いたコメディ「俺たちは天使じゃない」(1989年:YouTubeのNeil Jordan's We're no Angels 1989 Sean Penn Robert de Niro Demi Moore)、アン・ライスの世界的ベストセラー「夜明けのヴァンパイア」をトム・クルーズ、ブラッド・ピット他の出演で映画化した「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」[Blu-ray](1994年:YouTubeのInterview With The Vampire -Trailer)、アイルランド独立のために戦った実在の男をリーアム・ニーソン、ジュリア・ロバーツ他の出演で描いた「マイケル・コリンズ」(1996年:YouTubeのMichael Collins Trailer)、予知夢を通して恐ろしい事件に巻き込まれていく人妻をアネット・ベニング、エイダン・クイン他の出演で描いた「イン・ドリームス/殺意の森」(1998年:YouTubeのIn Dreams (Dentro de mis suenos) - Trailer)、不可思議な愛のパラドクスを描いたグレアム・グリーンの「情事の終り」をレイフ・ファインズ、ジュリアン・ムーア他の出演で映画化した「ことの終わり」(1999年:YouTubeのEnd of the Affair Theatrical Trailer)、ツキに見放されたギャンブラーが有名絵画の強奪計画に挑む姿をニック・ノルティ、チェッキー・カリョ他の出演で描いた「ギャンブル・プレイ」(2002年:YouTubeのThe Good Thief-Trailer-HQ)、女性の心をもって生まれた青年の成長をキリアン・マーフィ、スティーヴン・レイ他の出演で描いた「プルートで朝食を」(2005年:YouTubeのBreakfast on Pluto Trailer)、自ら処刑人のように悪人たちを裁く女性をジョディ・フォスター、テレンス・ハワード他の出演で描いた「ブレイブ ワン」[Blu-ray](2007年:YouTubeのThe Brave One trailer - "Official" Movie Trailer)などがある。

★作曲賞(ドラマ):アラン・メンケンアラジン
※ ディズニー長編アニメーション映画の第31作。『アラジンと魔法のランプ』をミュージカル構成でアニメ化している。
貧しい青年アラジン(声はスコット・ウェインガー)は、魔法の洞窟で手に入れた不思議なランプから現れた魔神ジーニー(声はロビン・ウィリアムス)に3つの願いをかなえてもらうことになる。早速、恋い焦がれるお城のお姫様に会うため、王子に変身させたもらい、アラジンは王宮に乗り込んでいく。だが、そこで悪大臣の陰謀を阻止するために立ち上がることに。
※アラン・メンケンの他の作品は、「1991年の映画3 ★作曲賞(ドラマ):アラン・メンケン「美女と野獣」」を参照してください。

1990年代

1992年の映画(DVD)2

1992年の映画(DVD)2

■アカデミー賞

★主演女優賞:エマ・トンプソンハワーズ・エンド
※「ハワーズ・エンド」は、人間と文化の葛藤を精緻に描いて英語文学の一つの到達点とされるE・M・フォースターの名作「ハワーズ・エンド」をジェームズ・アイヴォリー監督が映画化。
20世紀初頭のイギリス。姉マーガレット(エマ・トンプソン)、妹ヘレン(ヘレナ・ボナム・カーター)、弟ティビー(エイドリアン・ロス・マジェンティ)が暮らすシュレーゲル家は、資産家のウィルコックス家とは、以前ヘレンが次男のポール・ウィルコックスと恋愛したことが元で気まずい関係になっていた。ある日、向かいにウィルコックス家が引っ越してきたが、ウィルコックス家で唯一芸術を理解するルース夫人(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)とマーガレットは友達になる。やがてルースは病死し、「別荘ハワーズ・エンドはマーガレットに」と書き残すが、その遺言は遺族にもみ消される。だが、マーガレットの優しさに魅かれたウィルコックス家の当主ヘンリー(アンソニー・ホプキンス)は彼女に求婚し、マーガレットは彼の妻となる。一方、妹ヘレンは、知人のレナード(サミュエル・ウェスト)が、ヘンリーの助言で転職したが人員整理で失業したことに腹を立てており、姉とヘンリーの結婚式にレナードと妻ジャッキー(ニコラ・ダフェット)を連れて行く。だが、ジャッキーは昔ヘンリーと愛人関係にあった。
> YouTubeのHoward's End Trailer
※エマ・トンプソンは、1959年4月15日ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学卒業後、TVや舞台で活躍。1989年映画デビュー。演技派として活躍。また1995年「いつか晴れた日に」でアカデミー脚色賞を受賞している。
エマ・トンプソンの主な出演作は、殺人者と被害者として愛を成就できずに死に40年後に転生し自らの死の謎を解く夫婦を描いたケネス・ブラナー監督・主演の「愛と死の間で」(1991年:YouTubeのDEAD AGAIN - HQ Trailer (1991))、英国在住の日本人作家カズオ・イシグロ(石黒一雄)の小説「日の名残り」をアンソニー・ホプキンス、ジェームズ・フォックス他の出演で映画化したジェームズ・アイヴォリー監督の「日の名残り」(1993年:YouTubeのThe Remains of the Day (1993) Trailer)、実話を基に冤罪で逮捕されたアイルランド人とその父親の再審への長い戦いをダニエル・デイ=ルイス、ピート・ポスルスウェイト他の出演で描いたジム・シェリダン監督の「父の祈りを」(1993年:YouTubeのIn The Name Of The Father (1993) TRAILER)、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「空騒ぎ」をデンゼル・ワシントン、キアヌ・リーヴス他の出演で映画化したケネス・ブラナー監督の「から騒ぎ」(1993年:YouTubeのWilliam Shakespeare's Much Ado About Nothing Theatrical Trailer)、新薬開発のため実験台となって世界初の妊夫となった博士をアーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィート他の出演で描いたアイヴァン・ライトマン監督の「ジュニア」(1994年:YouTubeのJunior - Part 01)、分別のある姉と多感な妹の結婚騒ぎを描いたジェーン・オースティンの小説「分別と多感」をヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレット他の出演で映画化したアン・リー監督の「いつか晴れた日に」(1995年:YouTubeのSense and Sensibility Trailer)、冬のスコットランドを舞台に人生に思い悩む家族の絆をフィリダ・ロウ, ゲイリー・ハリウッド他の出演で描いたアラン・リックマン監督の「ウインター・ゲスト」(1997年:YouTubeのThe Winter Guest Trailer (1997))、大統領選に出馬した途端にスキャンダルに巻き込まれた州知事と妻の大騒動を描いたアノニマスを名乗る作者の「プライマリー・カラーズ」をジョン・トラヴォルタ、キャシー・ベイツ他の出演で映画化したマイク・ニコルズ監督の「パーフェクト・カップル」(1998年:YouTubeのPrimary Colors (1998) trailer)、クリスマスのロンドンを舞台に19人の男女の恋愛模様をヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイ他の出演で描いたリチャード・カーティス監督の「ラブ・アクチュアリー」(2003年:YouTubeのLove Actually Trailer)、1970年代軍事政権下のアルゼンチンで政府の陰謀に立ち向かう夫婦の姿をアントニオ・バンデラス、クレア・ブルーム他の出演で描いたクリストファー・ハンプトン監督の「ジャスティス 闇の迷宮」(2003年:YouTubeのImagining Argentina Trailer)、J.K.ローリングの人気シリーズ第3巻でハリー・ポッターが両親の本当の死の真相を知らされる「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」をダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン他の出演で映画化したアルフォンソ・キュアロン監督の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年:YouTubeのHarry Potter and the Prisoner of Azkaban trailer)、最悪の魔法使いヴォルデモートの謀略を阻止するハリー・ポッターの活躍を描いたシリーズ第5巻「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」をルパート・グリント、ヘレナ・ボナム=カーター他の出演で映画化したデイビッド・イェーツ監督の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年:YouTubeのOrder of the Phoenix International Trailer)、1980年代のニューヨークでエイズに冒された同性愛者たちと彼らを取り巻く人をアル・パチーノ、メリル・ストリープ他の出演で描いたマイク・ニコルズ監督の「エンジェルス・イン・アメリカ」(2003年:YouTubeのAngels In America [Official HBO Trailer])、クリスチアナ・ブランドの児童書「ふしぎなマチルダばあや」をエマ・トンプソンの脚本・主演で映画化したカーク・ジョーンズ監督の「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」(2005年:YouTubeのNanny Mcphee Trailer)、人気作家が執筆中の物語に自分の人生が左右されていることを知った男が自分の人生を取り戻すために奮闘する様をウィル・フェレル、マギー・ギレンホール他の出演で描いたマーク・フォースター監督の「主人公は僕だった」(2006年:YouTubeのStranger than fiction trailer)、滅びゆくイギリスの貴族を描いたイーヴリン・ウォーの小説「ブライヅヘッドふたたび」をマシュー・グード、ベン・ウィショー他の出演で映画化したジュリアン・ジャロルド監督の「情愛と友情」(2008年:YouTubeのBrideshead Revisited[2008]Trailer[HD 480P]RlsTv.Com)、娘の結婚式に参加するためロンドンを訪れた父親とある女性との恋をダスティン・ホフマン、キャシー・ベイカー他の出演で描いたジョエル・ホプキンス監督の「ラスト・チャンス・ハービー」(2008年:YouTubeのLast Chance Harvey Official Movie HD Trailer)などがある。

★助演男優賞:ジーン・ハックマン許されざる者
※ジーン・ハックマンは、酒場でマニー(クリント・イーストウッド)を激しく殴って重症を負わせたりする、暴力的に街を牛耳っている悪徳保安官のビル・ダゲットを演じた。
> YouTubeのThe Unforgiven - Theatrical Trailer
ジーン・ハックマンは、1930年1月30日カリフォルニア州サン・バーナディノ生まれ。30歳を過ぎてから俳優を志し、アクターズ・スタジオでダスティン・ホフマンとともに演技を学ぶ。1967年映画出演3作目のアーサー・ペン監督「俺たちに明日はない」で脚光を浴び、1971年ウィリアム・フリードキン監督の「フレンチ・コネクション」でアカデミー賞主演男優賞を受賞。以後幅広い役柄をこなす名優となる。1990年には心臓発作を起こしたがまもなくカムバック。しかし2004年引退を宣言した。
ジーン・ハックマンの主な出演作には、大恐慌時代の実在の銀行強盗ボニーとクライドの出会いと死に至るまでをフェイ・ダナウェイ、ウォーレン・ビーティ他の出演で描いたアーサー・ペン監督の「俺たちに明日はない」[Blu-ray](1967年:YouTubeのBonnie and Clyde movie trailer)、実在の麻薬捜査課の刑事をモデルに大がかりな麻薬密輸事件を描いたロビン・ムーアの小説「フレンチ・コネクション」をフェルナンド・レイ、ロイ・シャイダー他の出演で映画化したウィリアム・フリードキン監督の「フレンチ・コネクション」[Blu-ray](1971年:YouTubeのThe French Connection (1971) Trailer)、転覆した豪華客船ポセイドン号から超人的な勇気で脱出を試みる船客をアーネスト・ボーグナイン、キャロル・リンレイ他の出演で描いたロナルド・ニーム監督の「ポセイドン」(1972年:YouTubeのThe Poseidon Adventure 1972 (trailer))、ヒッチハイクでアメリカ大陸を横断する2人の男の友情をアル・パチーノ、アン・ウェッジワース他の出演で描いたジェリー・シャッツバーグ監督の「スケアクロウ」(1973年:YouTubeのAl Pacino - Gene Hackman: SCARECROW -1973)、ジーン・ハックマンがモンスターをもてなす孤独な盲人を演じたジーン・ワイルダー主演メル・ブルックス監督の「ヤング・フランケンシュタイン」(1974年:YouTubeのYOUNG FRANKENSTEIN trailer)、人と馬による700マイルの死のレースに参加した8人の男女の冒険をキャンディス・バーゲン、ジェームズ・コバーン他の出演で描いたリチャード・ブルックス監督の「弾丸を噛め」(1974年:YouTubeのBite The Bullet Trailer)、プロの盗聴屋が若い男女の会話を盗聴したことから捲き込まれる恐怖をジョン・カザール、アレン・ガーフィールド他の出演で描いたフランシス・フォード・コッポラ監督の「カンバセーション…盗聴…」(1974年:YouTubeのThe Conversation (1974) movie trailer)、フランスのマルセイユに麻薬密売組織のボスを追うポパイ刑事をフェルナンド・レイ、ベルナール・フレッソン他の出演で描いたジョン・フランケンハイマー監督の「フレンチ・コネクション2」(1975年:YouTubeのThe French Connection 2 (1975) Trailer)、第二次世界大戦中の空挺作戦(マーケット・ガーデン作戦)を題材にしたコーネリアス・ライアンの「遥かなる橋―史上最大の空挺作戦」をロバート・レッドフォード、ショーン・コネリー他の出演で映画化したリチャード・アッテンボロー監督の「遠すぎた橋」(1977年:YouTubeのA Bridge Too Far - Trailer)、アメコミ初にして最大のスーパーヒーローをクリストファー・リーヴ、マーロン・ブランド他の出演で映画化したリチャード・ドナー監督のシリーズ第1作「スーパーマン」[Blu-ray](1978年:YouTubeのSuperman The Movie trailer)、3人の反逆者とスーパーマンの死闘をテレンス・スタンプ他の出演で描いたシリーズ第2作だが、リチャード・ドナー監督が途中降板しリチャード・レスター監督が引き継いだ「スーパーマンII」[Blu-ray](1981年:YouTubeのSuperman II (Trailer) 1980)、ベトナム戦争で捕虜となった息子を奪還すべくかつての部下とベトナムヘ向かう米軍退役陸軍大佐をロバート・スタック、フレッド・ウォード他の出演で描いたテッド・コッチェフ監督の「地獄の7人」(1983年:YouTubeのUncommon Valor TV trailer 1983)、名門バスケ・チームのコーチだった男が高校の弱体チームを一流チームにするまでをバーバラ・ハーシー、デニス・ホッパー他の出演で描いたデイヴィッド・アンスポー監督の「勝利への旅立ち」(1986年:YouTubeのHoosiers - Gene Hackman Motivational Speech: Regional Finals)、3作目では不在だったレックス・ルーサーが復活したクリストファー・リーヴ主演、シドニー・J・フューリー監督のシリーズ最終作「スーパーマンIV 最強の敵」(1987年:YouTubeのSuperman IV (Trailer)1987)、国防長官の愛人殺しの濡れ衣をきせられた男の戦いをケヴィン・コスナー、ショーン・ヤング他の出演で描いたロジャー・ドナルドソン監督の「追いつめられて」(1987年:YouTubeのNo Way Out - Movie Trailer)、1964年にミシシッピ州で公民権運動家3人が殺害された事件をウィレム・デフォー、フランシス・マクドーマンド他の出演で描いたアラン・パーカー監督の「ミシシッピー・バーニング」(1988年:YouTubeのMississippi Burning - Trailer - HQ)、哲学教授の中年女性が自分探しをする心の旅をジーナ・ローランズ、ミア・ファロー他の出演で描いたウディ・アレン監督の「私の中のもうひとりの私」(1988年:YouTubeの"ANOTHER WOMAN" TRAILER)、護送中に逃走した囚人を追ううちに国家的陰謀に巻き込まれる軍曹をトミー・リー・ジョーンズ、ジョアンナ・キャシディ他の出演で描いたアンドリュー・デイヴィス監督の「ザ・パッケージ 暴かれた陰謀」(1989年:YouTubeのthe package-trailer 1989)、殺人の女性目撃者と事件の担当検事を抹殺するため2人を追う殺し屋との攻防をアン・アーチャー、ジェームズ・B・シッキング他の出演で描いたピーター・ハイアムズ監督の「カナディアン・エクスプレス」(1990年:YouTubeのNarrow Margin (trailer))、訴訟をめぐって敵味方にわかれた父娘弁護士の争いをアリー・エリザベス・マストラントニオ他の出演で描いたマイケル・アプテッド監督の「訴訟」(1991年:YouTubeのSCREEN GODDESSES: Mary Elizabeth Mastrantonio)、陰謀に巻き込まれ命を狙われる元CIAエージェントとKGBの工作員をミハイル・バリシニコフ他の出演で描いたニコラス・メイヤー監督の「ロシアン・ルーレット」(1991年:YouTubeのNerdy Young Man)、名門法律事務所に入った青年弁護士が巨大な陰謀に巻き込まれる姿を描いたジョン・グリシャムの小説「法律事務所」をトム・クルーズ、エド・ハリス他の出演で映画化したシドニー・ポラック監督の「ザ・ファーム 法律事務所」(1992年:YouTubeのThe Firm Trailer)、伝説のアパッチ族の戦士ジェロニモの人間像とアメリカ開拓史の暗部をジェイソン・パトリック、ウェス・ステューディ他の出演で描いたウォルター・ヒル監督の「ジェロニモ」(1992年:YouTubeのGeronimo Clips)、伝説の保安官ワイアット・アープの生涯をケヴィン・コスナー、デニス・クエイド他の出演で描いたローレンス・カスダン監督の「ワイアット・アープ」(1994年:YouTubeのwyatt earp-trailer 1994)、タフでセクシーな女ガンマンの雄姿をシャロン・ストーン、レオナルド・ディカプリオ他の出演で描いたサム・ライミ監督の「クイック&デッド [DVD]」(1995年:YouTubeのThe Quick and the Dead - trailer 1995)、米原子力潜水艦で全面核戦争の危機を巡って対立する男たちをデンゼル・ワシントン、ジョージ・ズンザ他の出演で描いたトニー・スコット監督の「クリムゾン・タイド」(1995年:YouTubeのCrimson Tide-Trailer-HQ)、映画好きの取立屋がハリウッドで映画製作を巡る騒動に巻き込まれる姿をジョン・トラヴォルタ、レネ・ルッソ他の出演で描いたバリー・ソネンフェルド監督の「ゲット・ショーティ」(1995年:YouTubeのGet Shorty 1995 TRAILER)、1978年のフランス映画「Mr.レディ Mr.マダム」をロビン・ウィリアムズ、ネイサン・レイン他の出演でフロリダのゲイクラブを舞台にリメイクしたマイク・ニコルズ監督の「バードケージ」The Birdcage (1996年:YouTubeのThe Birdcage (1996) - Trailer)、合衆国大統領の殺人を目撃した盗みのプロの孤独な闘いをエド・ハリス、ローラ・リニー他の出演で描いたクリント・イーストウッド監督・主演の「目撃」(1997年:YouTubeのAbsolute Power Trailer)、ハリウッド・スターの隠されたスキャンダルをポール・ニューマン、スーザン・サランドン他の出演で描いたロバート・ベントン監督の「トワイライト〜葬られた過去〜」Twilight (1998年:YouTubeの)、テロ防止法を巡る暗殺事件の証拠をつかんだ弁護士が政府に追われるが元工作員と組んで陰謀に挑む姿をウィル・スミス、ジョン・ヴォイト他の出演で描いたトニー・スコット監督の「エネミー・オブ・アメリカ」[Blu-ray](1998年:YouTubeのEnemy of the State Trailer)、連続少女レイプ殺人事件の捜査で明らかとなる名士の隠された秘密と事件の真相をモーガン・フリーマン、モニカ・ベルッチ他の出演で描いたスティーヴン・ホプキンス監督の「アンダー・サスピション」(2000年:YouTubeのUnder Suspicion)、プロフットボールの代理選手として人生のセカンドチャンスに賭けた男たちをキアヌ・リーブス、ブルック・ラングトン他の出演で描いたハワード・ドイッチ監督の「リプレイスメント」(2000年:YouTubeのThe Replacements Trailer /original/)、呪いがかかっているという伝説の拳銃メキシカンを巡る騒動をブラッド・ピット, ジュリア・ロバーツ他の出演で描いたゴア・ヴァービンスキー監督の「ザ・メキシカン」(2001年:YouTubeのThe Mexican Trailer)、お色気たっぷりに恋の駆け引きと華麗な詐欺を演じる結婚詐欺師の母娘をシガニー・ウィーヴァー、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット他の出演で描いたディビィッド・マーキン監督の「ハートブレイカー」(2001年:YouTubeのHeartBreakers - Trailer)、離散した天才一家の再生をアンジェリカ・ヒューストン、グウィネス・パルトロウ他の出演で描いたウェス・アンダーソン監督の「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001年:YouTubeのThe Royal Tenembaums Trailer)、ボスニアで戦争犯罪を目撃した米海軍パイロットが敵陣中心部から脱出を試みる様をオーウェン・ウィルソン、ガブリエル・マクト他の出演で描いたジョン・ムーア監督の「エネミー・ライン」[Blu-ray](2001年:YouTubeのBehind Enemy Lines trailer)、ボスの引退をかけて最後の大仕事に挑む強盗団をダニー・デビート、デルロイ・リンドー他の出演で描いたデヴィッド・マメット監督の「ザ・プロフェッショナル」(2001年:YouTubeのHeist)、裁判の裏と表で展開する激烈な頭脳戦を描いたジョン・グリシャムの「陪審評決」をジョン・キューザック、レイチェル・ワイズ他の出演で映画化したゲイリー・フレダー監督の「ニューオーリンズ・トライアル」Runaway Jury (2003年:YouTubeのRunaway Jury Trailer)、田舎の町長選に余裕で立候補したが対抗馬の配管工に思わぬ苦戦を強いられる元米国大統領をレイ・ロマノ、モーラ・ティアニー他の出演で描いたドナルド・ペトリ監督の「ムースポート」(2004年:YouTubeのWelcome to Mooseport gag reel)などがある。

1990年代

1992年の映画(DVD)1

1992年の映画(DVD)1

■アカデミー賞

★作品賞:「許されざる者」監督:クリント・イーストウッド
[Blu-ray]の「許されざる者
※1880年のワイオミング。小さな牧場を営むマニー(クリント・イーストウッド)は列車強盗や殺人で名を馳せたアウトローだったが、11年前に妻と出逢ってから改心し悪事から足を洗い、酒も止めた。二人の子供にも恵まれたが家畜や作物は満足に育たず、3年前に妻にも先立たれた。そんなある日、マニーの元をスコフィールド・キッド(ジェームス・ウールヴェット)という若い賞金稼ぎが訪れた。キッドによると、ある売春宿で客のカウボーイが1人の娼婦に大怪我を負わす事件が発生し、娼婦仲間が加害者のカウボーイ二人に千ドルの賞金を懸けたとのこと。しかも街を取り仕切る保安官ダゲット(ジーン・ハックマン)は馬7頭分の賠償金を支払うだけでカウボーイを解放したらしい。キッドは伝説のアウトロー、マニーと手を組んで賞金を得ようと考えていたのだ。しかしマニーには11年という永いブランクがあって馬も自由に乗りこなせなくなり、二人の子供もまだ幼い。それでも、娼婦の敵討ちをすれば大金が手に入り、生活が楽になると考えたマニーは悩んだ末、再び銃を手にする。マニーはかつての相棒ローガン(モーガン・フリーマン)も連れて3人で街へ向かった。
> YouTubeのUnforgiven (1992) - Trailer

★監督賞:クリント・イーストウッド許されざる者
※クリント・イーストウッドは、1930年5月31日カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。1954年映画デビューするが端役が続くが、1959年テレビの西部劇「ローハイド」でロディというカウボーイを演じて人気が出る。1964年セルジオ・レオーネ監督にイタリアに招かれマカロニ・ウェスタン「荒野の用心棒」(1964年:YouTubeのPer un Pugno di Dollari - Trailer 1 - Italiano)、「夕陽のガンマン」(1965年:YouTubeのPer Qualche Dollaro in Piu)、「続 夕陽のガンマン」(1966年:YouTubeのil Buono il Brutto e il Cattivo - Finale)に出演する。次いでドン・シーゲル監督の「ダーティハリー」(1971年:YouTubeのダーティハリー (1971)予告編 DIRTY HARRY Trailer)に出演し人気を不動のものにする。1971年監督デビュー。本作は、「最後の西部劇」として2人の師、セルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げた。アクション映画から文芸映画までこなせる優れた監督と評価を得ている。
クリント・イーストウッドの他の監督作には、出来心から一夜を共にした女に執拗につきまとわれる男の恐怖をジェシカ・ウォルター他の出演で描いた監督デビュー作「恐怖のメロディ」(1971年:YouTubeの恐怖のメロディ (1971)予告編 PLAY MISTY FOR ME Movie Trailer)、悪党3兄弟に怯える町に雇われた用心棒をヴァーナ・ブルーム、マリアンナ・ヒル他の出演で描いたミステリー・タッチの西部劇「荒野のストレンジャー」(1973年:YouTubeのHigh plains drifter - Theatrical Trailer)、ふとした事で知り合った孤独な中年男性とヒッピー少女の関係をウィリアム・ホールデン、ケイ・レンツ他の出演で描いた「愛のそよ風」(1973年:YouTubeのBreezy (1973) - Declaration Scene)、アイガー北壁を舞台に追う者と追われる者の死闘をジョージ・ケネディ他の出演で描いた「アイガー・サンクション」(1975年:YouTubeのTCM Eiger Sanction Promo)、南北戦争時代に北軍に妻子を殺された男の復讐をチーフ・ダン・ジョージ、ソンドラ・ロック他の出演で描いた「アウトロー」(1976年:YouTubeのThe Outlaw Josey Wales - Theatrical Trailer)、検察側の証人を護送する刑事と事件の揉消しを謀る追手との対決をクリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック他の出演で描いた「ガントレット」(1977年:YouTubeのThe Gauntlet)、全米各地を巡業する西部ショー一座をソンドラ・ロック、スキャットマン・クローザース他の出演で描いた「ブロンコ・ビリー」(1980年:YouTubeのBronco Billy trailer)、ソ連の最新鋭戦闘機ミグ31を盗むという命令を受けたアメリカ空軍の軍人をウォーレン・クラーク、デビッド・ハフマン他の出演で描いた「ファイヤーフォックス」(1982年:YouTubeのFirefox Trailer (1982))、大恐慌時代を背景に最後に一花咲かせようと旅に出るカントリー・シンガーの姿をカイル・イーストウッド、ヴァーナ・ブルーム他の出演で描いたロード・ムービー「センチメンタル・アドベンチャー」(1982年:YouTubeのHONKYTONK MAN - HQ Trailer (1982))、シリーズ中唯一イーストウッドが監督を手掛けた「ダーティハリー4」(1983年:YouTubeのSudden Impact trailer (1983))、金鉱を狙う悪徳企業家と一匹狼のガンマンの対決をクリストファー・ペン、マイケル・モリアーティ他の出演で描いた「ペイルライダー」(Blu-ray:1985年:YouTubeのPale Rider - Theatrical Trailer)、古参の鬼軍曹が海兵隊のおちこぼれ集団を鍛えて戦場へ向かう姿をマーシャ・メイソン、マリオ・ヴァン・ピーブルズ他の出演で描いた「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」(1986年:YouTubeのHeartbreak Ridge Trailer)、ビ・バップの創始者チャーリー・パーカーの苦闘の半生をフォレスト・ウィッテカー、ダイアン・ヴェノーラ他の出演で描いた「バード」(1988年:YouTubeのClint Eastwood "Bird" Charlie Parker Story)、ジョン・ヒューストン監督をモデルに象狩りに魅せられた映画監督をジェフ・フェイヒー、ジョージ・ズンザ他の出演で描いた「ホワイトハンター ブラックハート」(1990年:YouTubeの"WHITE HUNTER, BLACK HEART" TRAILER)、新米刑事がベテラン刑事と組んで自動車窃盗団を追う姿をチャーリー・シーン、ラウル・ジュリア他の出演で描いた「ルーキー」(1990年:YouTubeのthe rookie - trailer 1990)、脱獄犯と人質の少年との交流をケヴィン・コスナー、ローラ・ダーン他の出演で描いた「パーフェクト ワールド」(1993年:YouTubeのパーフェクト・ワールド(1993)予告編HD A PERFECT WORLD HD Movie Trailer)、平凡な主婦と中年のカメラマンの4日間の恋を描いたロバート・ジェームズ・ウォラーの小説「マディソン郡の橋」をクリント・イーストウッド、メリル・ストリープ他の出演で映画化した「マディソン郡の橋」(1995年:YouTubeのThe Bridges of Madison County trailer)、アメリカで一番美しい町で本当にあった殺人事件を描いたジョン・ベレントの小説「真夜中のサヴァナ―楽園に棲む妖しい人びと」をケヴィン・スペイシー、ジョン・キューザック他の出演で映画化した「真夜中のサバナ」(1997年:YouTubeのTrailer de Medianoche en el Jardin del Bien y del Mal)、デイヴィッド・バルダッチの小説「黙殺」を基に合衆国大統領の殺人現場を目撃したため追われる身となった盗みのプロの孤独な闘いをジーン・ハックマン、エド・ハリス他の出演で描いた「目撃」(1997年:YouTubeのabsolute power - trailer 1997)、死刑執行まで12時間に迫った男の無実を証明するため奮闘するベテラン新聞記者の姿をアイザイア・ワシントン、ジェームズ・ウッズ他の出演で描いた「トゥルー・クライム」(1999年:YouTubeのTrue Crime (1999) movie trailer)、命がけで宇宙に旅立つ老人のパイロット・チームをトミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド他の出演で描いた「スペース カウボーイ」(Blu-ray:2000年:YouTubeのspace cowboys - trailer 2000)、マイクル・コナリーの小説「わが心臓の痛み」を基に心臓移植をした元FBI心理分析官が移植に絡む因縁のために猟奇殺人犯を追う姿をジェフ・ダニエルズ、ワンダ・デ・ヘスース他の出演で描いた「ブラッド・ワーク」(2002年:YouTubeのBlood Work (2002) - Clint Eastwood)、デニス・ルヘインの傑作ミステリー小説「ミスティック・リバー」を基に1つの殺人事件を通して四半世紀振りに再会した幼馴染の3人の男性の運命をショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコン他の出演で描いた「ミスティック・リバー」(2003年:YouTubeのTrailer Original de "Mystic River")、ピアノの誕生と発達をブルースの歴史と絡めてレイ・チャールズ, デイブ・ブルーベック他の出演で描いた「ピアノ・ブルース」(2003年:YouTubeのPiano Blues (7/7))、ボクサーとトレーナーの純粋な愛を描いてアカデミー賞作品賞やヒラリー・スワンクの主演女優賞ほか全4部門を受賞した「ミリオンダラー・ベイビー」(2004年:YouTubeのMillion Dollar Baby Trailer)、硫黄島の戦いをライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード他の出演でアメリカ側の視点で描いた「父親たちの星条旗」(2006年:YouTubeのFlags of our Fathers)、硫黄島の戦いを渡辺謙、二宮和也、伊原剛志他の出演で日本側の視点で描いた「硫黄島からの手紙」(Blu-ray:2006年:YouTubeのLetters From Iwo Jima Better Trailer)、1920年代のロサンゼルスで実際に起こった連続少年誘拐殺人事件をアンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ他の出演で描いた「チェンジリング」(2008年:YouTubeのChangeling Trailer HQ (2008))、孤独な人種差別主義者の老人が、ひょんなことから隣のアジア系移民家族と交流を深めていく様をビー・ヴァン、アーニー・ハー他の出演で描いた「グラン・トリノ」(2008年:YouTubeの「グラン・トリノ」日本版予告編 GRAN TORINO Trailer Japanese)などがある。

★主演男優賞:アル・パチーノセント・オブ・ウーマン/夢の香り
※「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」はマーティン・ブレスト監督作で、本賞の他に、ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)、最優秀主演男優賞(ドラマ部門)、最優秀脚本賞を受賞した。
全寮制の名門ベアード高校の奨学生チャーリー(クリス・オドネル)は、アルバイトで盲目の退役軍人フランク(アル・パチーノ)の世話を頼まれた。そんな時、トラクス校長(ジェイムズ・レブホーン)が全校生徒の前でペンキまみれにされるというイタズラが起きた。校長は犯人を知るチャーリーと同級生ジョージ(フィリップ・S・ホフマン)を呼び、犯人を教えないと退学させると脅した。さらに校長はチャーリーに大学進学の奨学金を交換条件に出す。アルバイトの初日、チャーリーはフランクに無理矢理ニューヨークへの旅に同行させられる。そしてチャーリーは、一流ホテルや高級レストランを使うその豪華な旅に驚く。フランクはこの旅の最後に自殺するとチャーリーに話す。さらに2人の旅は続いた。あるホテルのラウンジで、フランクは偶然近くに座った美しい女性ドナ(ガブリアル・アンワー)に近づいてダンスを申し込み、優雅にタンゴを踊った。
> YouTubeのScent Of A Woman
※アル・パチーノは、1940年4月25日ニューヨーク市ブロンクス生まれ。アクターズ・スタジオで演技を学び、舞台を経て1969年映画デビュー。1972年から1975年に4年連続でアカデミー賞にノミネートされ現代最高の演技派俳優と評価を得た。
アル・パチーノの他の出演作には、初主演作で麻薬に苛まれる救いのない青春をキティ・ウィン他の出演で描いたジェリー・シャッツバーグ監督の「哀しみの街かど」(1971年:YouTubeのThe Panic in Needle Park (1971) movie trailer)、マフィアのドン一族の闘いと家族愛をマーロン・ブランド、ダイアン・キートン他の出演で描いたフランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー」(1972年:YouTubeのThe Godfather: Trailer)、正反対の性格の二人の男が次第に友情を深めていく様をジーン・ハックマン他の出演で描いてカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したジェリー・シャッツバーグ監督の「スケアクロウ」(1973年:YouTubeのScarecrow, opening sequence - fragment)、警察内部の汚職を告発した実在の警察官をジョン・ランドルフ他の出演で描いたシドニー・ルメット監督の「セルピコ」(1973年:YouTubeのSERPICO - Trailer - HQ)、ゴッドファーザーを継いだ三男マイケルがファミリーを形成していくまでを若き日のビトーの足跡を挿入しながらロバート・デ・ニーロ、ロバート・デュヴァル他の出演で描いたフランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー PartII」(1974年:YouTubeのThe Godfather Part II Trailer)、実際に真夏のブルックリンで発生した銀行強盗事件を基にジョン・カザール、ペニー・アレン他の出演で映画化したシドニー・ルメット監督の「狼たちの午後」(1975年:YouTubeのDog Day Afternoon Trailer)、法曹界の腐敗に立ち向かう熱血弁護士の姿をジャック・ウォーデン、ジョン・フォーサイス他の出演で描いたノーマン・ジュイソン監督の「ジャスティス」(1979年:YouTubeの...And Justice For All Trailer)、キューバ移民がコカイン密売で暗黒街のボスにのしあがりやがて自滅するまでを描いたハワード・ホークス監督の「暗黒街の顔役」をミシェル・ファイファー他の出演でリメイクしたブライアン・デ・パルマ監督の「スカーフェイス」(1983年:YouTubeのScarface Trailer)、連続殺人事件の容疑者である女と孤独な刑事の恋をエレン・バーキン他の出演で描いたハロルド・ベッカー監督の「シー・オブ・ラブ」(1989年:YouTubeのSea Of Love - Trailer - HQ)、人気アメコミを実写によって映画化したウォーレン・ベイティ監督・主演の「ディック・トレイシー」(1990年:YouTubeのDick Tracy Trailer)、半世紀に及ぶコルレオーネ・ファミリーの闘いをダイアン・キートン、アンディ・ガルシア他の出演で描いたフランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー PartIII<デジタル・リマスター版> [DVD]」(1990年:YouTubeのThe Godfather Part III Trailer)、互いに過去に傷を持つ男女の恋をミシェル・ファイファー他の出演で描いたゲイリー・マーシャル監督の「恋のためらい フランキー&ジョニー」(1991年:YouTubeの1991 - Frankie y Johnny - Trailer)、ニューヨークの不動産セールスマンたちの凌ぎあいをジャック・レモン、アレック・ボールドウィン他の出演で描いたジェームズ・フォーリー監督の「摩天楼を夢みて」(1992年:YouTubeのGlengarry Glen Ross Trailer)、愛する女のために足を洗おうとしながら再び悪に手を染めざるをえなくなる男の姿をショーン・ペン、ペネロープ・アン・ミラー他の出演で描いたブライアン・デ・パルマ監督の「カリートの道」(1993年:YouTubeのCarlito's Way Trailer)、冷徹な犯罪組織のボスと鬼刑事の対決をロバート・デ・ニーロ、ヴァル・キルマー他の出演で描いたマイケル・マン監督の「ヒート」(1995年:YouTubeのHEAT - Trailer - HQ)、シェイクスピアの「リチャード三世
」の映像化をめぐるドキュメンタリーでアル・パチーノの初監督作「リチャードを探して」(1996年:YouTubeのLooking For Richard - Al Pacino)、マフィアに6年間潜入捜査したFBI捜査官をジョニー・デップ他の出演で実話に基いて描いたマイク・ニューウェル監督の「フェイク」(1997年:YouTubeのDonnie Brasco Trailer [HD])、悪魔が法曹界の黒幕となり青年弁護士の魂を狙うというキアヌ・リーヴス、シャーリーズ・セロン他が出演したテイラー・ハックフォード監督のオカルト映画「ディアボロス」(1997年:YouTubeのThe Devil's Advocate (1997) Trailer)、実話を基に大手タバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーと元重役をラッセル・クロウ、クリストファー・プラマー他の出演で描いたマイケル・マン監督の「インサイダー」(1999年:YouTubeのThe Insider - Trailer - HQ)、アメリカンフットボールに賭ける鬼コーチと選手たちをキャメロン・ディアス、デニス・クエイド他の出演で描いたオリヴァー・ストーン監督の「エニイ ギブン サンデー」(1999年:YouTubeのAny Given Sunday (1999) - Trailer)、白夜に起きた殺人事件をめぐって刑事と犯人の心理戦をロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・スワンク他の出演で描いたクリストファー・ノーラン監督の「インソムニア」(2002年:YouTubeのInsomnia Trailer)、その美貌と演技力で世界を魅了にした女優がCGだったことから起こる騒動をレイチェル・ロバーツ、ウィノナ・ライダー他の出演で描いたアンドリュー・ニコル監督の「シモーヌ」(2002年:YouTubeのS1m0ne trailer)、CIAの複雑な新人採用のプロセスや育成の方法をコリン・ファレル他の出演で描いたロジャー・ドナルドソン監督の「リクルート」(2003年:YouTubeのThe Recruit Movie Trailer)、1980年代のニューヨークでエイズに冒された同性愛者たちとその周りの人達をメリル・ストリープ、エマ・トンプソン他の出演で描いたマイク・ニコルズ監督のテレビドラマ「エンジェルス・イン・アメリカ」(2004年:YouTubeのAngels In America [Official HBO Trailer])、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」をジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ他の出演で映画化したマイケル・ラドフォード監督の「ヴェニスの商人」(2004年:YouTubeのThe Merchant of Venice (2004) - Official Trailer)、スポーツ賭博の世界に生きる2人の男の絆と葛藤をマシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ他の出演で描いたD・J・カルーソー監督の「トゥー・フォー・ザ・マネー」(2005年:YouTubeの2 For The Money)、カジノを狙う凄腕の個性豊かな犯罪チームをジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット他の出演で描いたスティーヴン・ソダーバーグ監督の「オーシャンズ13 [Blu-ray]」(2007年:YouTubeのOceans 13 Trailer)、自らに降りかかった脅威へ立ち向かう異常犯罪分析医をリーリー・ソビエスキー、アリシア・ウィット他の出演で描いたジョン・アヴネット監督の「88ミニッツ」(2007年:YouTubeの88 Minutes International Trailer)、犯罪者を標的にした連続殺人事件を捜査する2人のベテラン刑事をロバート・デ・ニーロ他の出演で描いたジョン・アヴネット監督の「ライチャス・キル」(2008年:YouTubeのRighteous Kill Trailer 1
)などがある。

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)11

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)11

■日本映画

◆「ピノキオ√964」監督:福居ショウジン
※福居ショウジンによる実験的なホラー映画。
ロボトミー手術を受け、ダッチハズバンドになったピノキオ√964は主人に捨てられたゴミ捨て場で記憶を失った女、ヒミコと出会う。二人は一緒に暮らし始めるが、ある日突然ピノキオは激痛に苦しみ出し、吐血して体が溶け始める。その様子を見たヒミコは発狂し、ピノキオに虐待の限りを尽くす。ピノキオは更に壊れ、ヒミコの家を飛び出し製造元の会社へ向かい、社長に助けを請う。しかし冷たい反応を返されたピノキオは逆上し、社長を殺害。そこへ再びヒミコが現れ、ピノキオvsヒミコの最後の戦いが始まる。
> YouTubeのピノキオ√964

◆「福沢諭吉」監督:澤井信一郎
※慶応義塾大学の創立者・福沢諭吉の波乱の半生を描いた伝記ドラマ。
1835年、豊前(大分)中津藩の下級武士の家に生まれた福沢諭吉(柴田恭兵)は、同年生まれの家老の息子・奥平(榎木孝明)から下士として扱われ、言い知れぬ屈辱を味わい、門閥制度は親の敵と言わしめるほど封建体制の矛盾と差別を激しく憎んで育った。21歳で蘭学を志した諭吉は長崎に留学するが、勉強熱心が実って進歩は著しかった。そして、さらに蘭学を学ぶ為に大阪にある緒方洪庵の適塾へ入門するが、ここでも諭吉は頭角をあらわし、塾長となる。25歳になった諭吉は藩の蘭学塾の塾長になるため江戸に向かう。そして物見遊山に出掛けた横浜で英語の存在を知って大きな衝撃を受け独学で英語の勉強を始める。やがて艦長の従者として咸臨丸で渡米することになる。帰国後、塾での講義は専ら英語で行うが…。
他に、諭吉の妻・お錦に若村麻由美、塾生・篠原小十郎に仲村トオル、その恋人に南野陽子が扮するほか、火野正平、哀川翔らが出演している。

◆「ふたり」監督:大林宣彦
※赤川次郎の小説「」を映画化した、「あした」(1995年)、「あの、夏の日-とんでろ じいちゃん-」(1999年)と続く「新・尾道三部作」の第一作目。
14歳の実加(石田ひかり)は、優しい両親としっかり者の姉・千津子(中嶋朋子)に囲まれて幸せな日々を送っていた。ところがある朝、学校へ行く途中、千津子が事故死してしまい、そのショックで母・治子(富司純子)はノイローゼになってしまう。ある日、変質者に襲われかけた実加は、死んだ千津子の幽霊に助けられる。その日以来、実加が難関にぶつかると千津子が現れ、ふたりで苦境を乗り越えていく。千津子に見守られながら、美しい少女に成長していく実加は、第九のコンサート会場で、姉の知り合いだった青年・智也(尾美としのり)に出会い、ほのかな想いを抱くようになる。
> YouTubeの草の想い−映画「ふたり」主題歌−

◆「北緯15°のデュオ〜日本初の神風特別攻撃隊の軌跡〜」監督:根本順善
※太平洋戦争におけるフィリピン戦線の傷跡をドキュメンタリー形式で辿った作品。
マニラ空港に降り立った拓三(川谷拓三)は、戦死した甥の墓参りに来たという日本人の老婦人(阿部寿美子・烏丸せつこ)と出会った。二人はマニラから北へ90キロほど離れた町マバラカットに向かった。レイテ沖海戦において日本軍が初めて特攻隊による攻撃を行なったが、そこは特攻隊が飛び立った場所であった。今もなお消えぬ戦争の傷跡を目にし、戦争を知らない世代である拓三も自らの命を投げ出して戦火に散った若者たちの魂の叫びを感じる。やがて拓三は、老婦人の本当の目的が特攻で亡くなったかつての恋人の墓参であることに気付く。
> YouTubeのBattle of Leyte Gulf 2 レイテ沖海戦 2

◆「ぼくらの七日間戦争2」監督:山崎博子
※宗田理の小説「ぼくらの秘島探険隊」の映画化で、前作「ぼくらの七日間戦争」(1988年:YouTubeのぼくらの七日間戦争(予告))の菅原比呂志に変わって監督を務めた山崎博子の監督デビュー作。
東京・青葉中学のひとみ(渋谷琴乃)、菊地(明賀則和)、久美子(柳志乃)、安永(渡辺武徳)、日比野(大田原清文)、中尾(天間信紘)の6人は、親にも学校にも内緒で沖縄行きを決行する。船で知り合った帰国子女のマリコ(具志堅ティナ)を加えた一行は、沖縄に先回りしていた担任の八代(佐野史郎)と生活指導の野沢(鶴田忍)をまいてひとみの幼なじみ陽一(高良陽一)を訪ねる。陽一は建設会社社長の父・隆造(石田太郎)が持っている無人島に彼らを連れて行くが、隆造は東京の開発会社と提携して、この無人島を大リゾートにする計画を進めていた。それを知った陽一らは沖縄の自然を破壊から守ろうと、大人たちを相手に奇想天外なゲリラ戦を始める。
> YouTubeのぼくらの七日間戦争2(予告)

◆「真夏の地球」監督:村上修
※高校生の幼なじみ三人組の稔(菊池健一郎)、順慶(筒井道隆)、鉄男(山口祥行)たちの夏はスイカ男(永島敏行)とともに始まる。スイカ男とは、山盛りのスイカをトラックに積んでやって来るヒゲ面の大男・丸山瞳のことだ。スイカ男は毎年夏にはやって来て、いつしか三人組の伝説となっていた。三人が16歳になった夏、町でビーチバレー大会が開かれる。そして同時にこの町にとびっきりの美女が現れた。LA帰りの女子大生・愛子(原田貴和子)は、妹の由子(深津絵里)と二人で避暑に来たのだ。愛子と知り合うきっかけを作ろうとした稔は由子と鉢合わせてしてしまい、思わずスイカ男の話をする。スイカ男に興味をもった由子は唯一慕っていた祖父の面影をスイカ男に感じる。そして稔は、スイカ男と楽しげに談笑する由子が何となく気になるのだった。何とか愛子と顔見知りになった三人はパーティーに招待されるが、そこでビーチバレー大会に出場予定の大学生グループと対立する。そして、ビーチバレーで決着を着けることになるが、愛子からJ・Jと呼ばれる伝説の日本人ビーチバレー・プレイヤーの噂を聞く。

◆「ミカドロイド」監督:原口智生
※特殊メイククリエイター原口智生の監督デビュー作で、樋口真嗣の特撮監督デビュー作でもある。
太平洋戦争末期、日本軍が極秘裏に開発した人造人間「百二十四式特殊装甲兵ジンラ號」は究極の殺人兵器だった。しかし、戦況の悪化にともない計画は破棄される。開発スタッフは口封じのために全員処刑され、ジンラ號は未完成のまま地下の秘密研究所もろとも密かに遺棄された。そして現代、かつて遺棄された秘密研究所の真上に建設されたディスコの地下で起こった漏電が、数十年の時を経てジンラ號(破李拳竜)を甦らせる。今なお眼に入るものすべてを殺戮する殺人兵器として。そんな地下に若い男女、彩子(洞口依子)と冨田(吉田友紀)が迷い込んでしまった。

◆「息子」監督:山田洋次
※椎名誠の小説「倉庫作業員」を基に山田洋次と朝間義隆が脚本を書いて映画化。
東京・新宿の居酒屋でアルバイトをしている哲夫(永瀬正敏)に、父・昭男(三國連太郎)から「母親の一周忌だから帰って来い」というと電話があった。数日後、浅野家の法事が行われている岩手の田舎にアロハにジーンズで着いた哲夫は、親族が集まる中で居心地悪そうに法事の席につく。翌日、それぞれ自分たちの生活に帰っていく子供たちの中で哲夫はひとり残った、東京での生活を父にたしなめられ、お互いの心の溝を深めるばかりだった。東京に戻った哲夫は、下町の鉄工場で働くことになる。きつい肉体労働に半ば諦めかけていた哲夫は、取引先の倉庫で働く征子(和久井映見)を見かける。それによって哲夫は仕事を続けるようになる。しかし、哲夫と征子の間柄はいっこうに進展せず、毎日のように会っているのに微笑むばかりの征子にもどかしさを感じた哲夫は、想いを手紙に書いて征子に渡す。そんなある日、征子の先輩の女工から、征子がろうあ者であると聞かされる。
第15回日本アカデミー賞で、最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(三國連太郎)、最優秀助演男優賞(永瀬正敏)、最優秀助演女優賞(和久井映見)、新人俳優賞を受賞。また他にも多くの映画賞を受賞した。

◆「無能の人」監督:竹中直人
※つげ義春の漫画の映画化で、竹中直人初監督作。主人公の助川はつげ自身がモデルともいわれている。
助川助三(竹中直人)はかつて漫画家として名をなしたが、時流に乗り遅れ、数々の商売に失敗した結果、思いついたのが元手のかからない石を売るという商売だった。来年は小学校に入る一人息子の三助(三東康太郎)を連れて妻・モモ子(風吹ジュン)が団地を回るチラシ配りだけが一家の収入源。ある日助川は、古本業者からもらった石の愛好家の専門誌を読んで素人でも参加できる石のオークションがあることを知り、主催者の石山(マルセ太郎)とその妻のたつ子(山口美也子)と出会う。久しぶりに漫画の依頼があったが断り、山梨まで出掛けて採石した石を抱えてオークションに参加する。だが、参加者は老人ばかりで活気がない。いよいよ助川の石がセリにかけられるが期待に反して、石が売れなかったばかりか、余計な出費がかさんでしまった。助川夫婦は再び気まずくなる。助川は再びペンを取り、漫画を描き始めるが、どこも採用してくれず、彼は再び石屋を始める。
> YouTubeのsaru

◆「夢二」監督:鈴木清順
※「ツィゴイネルワイゼン」(1980年)、「陽炎座」(1981年)と合わせて鈴木清順監督の「(大正)浪漫三部作」と呼ばれる作品。
毎夜悪夢にうなされる夢二(沢田研二)は、恋人の彦乃(宮崎萬純)と駆け落ちするため、金沢近郊の湖畔へと向かう。だが彦乃は現れず、その村から銃声が聞こえてきた。鬼松(長谷川和彦)という男が妻と妻を寝取った男・脇屋(原田芳雄)を殺して山に逃げ込んだために山狩りをしていたのだ。一方、湖上に浮かぶボートには白い日傘をさした美しい女が乗っていた。その女は脇屋の妻・巴代(毬谷友子)で、浮かび上がってくるはずの夫の死体を待っていた。夢二はそんな巴代の美しさに引かれていく。そんな時、東京からお葉(広田玲央名)が彦乃の手紙を持って金沢へやって来るが、夢二と巴代はもはや抜き差しならない仲になっていた。そんな二人に忍び寄る脇屋の影とそれを追う大鎌を振りかざした鬼松。そして、ついに夢二の前に脇屋が現れるが…。
他に、天才画家・稲村御舟に坂東玉三郎、旅館の女将に大楠道代、刑事に麿赤児、女郎に余貴美子など。

◆「略奪愛」監督:梶間俊一
※京都府下で実際に起きた事件をモデルに映画化した、日本版「危険な情事」というべき作品。
意に添わない結婚話のため故郷を飛び出した落合妙子(黒木瞳)は、高校時代の先輩・由美(萬田久子)を頼って上京した。由美の勤める設計事務所でインテリアデザイナーの康夫(古尾谷雅人)と知り合った妙子は、康夫が由美の婚約者である事を知りながら愛してしまう。妙子は男声で康夫に怪電話をかけるが、それを康夫の同僚の山口(尾美としのり)に目撃されてしまい、翌日から妙子は姿を消す。3年後、由美と幸福な家庭を築いた康夫の前に再び妙子が現れ、康夫は以前よりも美しくなった妙子の愛欲の罠にはまっていく。そして衝撃の結末が…。

◆「老人Z」監督:北久保弘之
※老人問題をテーマに作成した大友克洋原作・脚本のSFアニメーションで、毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞した。
近未来の東京。高齢化社会に対応するため、厚生省は最新コンピューターを組み込んだ全自動介護ベッド・Z-001号を開発する。ところがモニターに選ばれた87歳の老人・高沢の意識がコンピューターに感化し、Z-001号は彼の願いを叶えるために町に出て暴走をはじめる。
> YouTubeのRoujin Z trailer 1991 老人Z 予告編

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)10

1991年の主要な映画10

■日本映画

◆「12人の優しい日本人」監督:中原俊
※シドニー・ルメット監督の密室劇の金字塔「十二人の怒れる男」を元に、三谷幸喜が書き下ろした戯曲の映画化。
ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。ここに来たのは、職業も年齢もバラバラな無作為に選ばれた人々で良くも悪くも日本人らしい12人。陪審委員長を努める40歳の体育教師の1号(塩見三省)、28歳の会社員の2号(相島一之)、49歳の喫茶店店主の3号(上田耕一)、61歳の元信用金庫職員の4号(二瓶鮫一)、37歳の庶務係OLの5号(中村まり子)、34歳のセールスマンの6号(大河内浩)、33歳のタイル職人の7号(梶原善)、29歳の主婦の8号(山下容莉枝)、51歳の歯科医の9号(村松克巳)、50歳のクリーニング店おかみの10号(林美智子)、30歳の売れない役者の11号(豊川悦司)、そして同じく30歳の大手スーパー課長補佐の12号(加藤善博)。被告人が若くて美人だったことから審議は概ね無罪で始まり、すぐ終わるかに思えたが、討論好きの2号が無罪の根拠を一人一人に問い詰めたことから、審議は意外な方向に進みだし、有罪派と無罪派とに分裂してしまう。さらには陪審員達の感情までも入り乱れて被告人は有罪という意見が強くなっていく。ところがその時、他の者から浮いていた11号が事件の謎解きを始める。
> YouTubeの12人の優しい日本人 - 予告篇

◆「新・極道の妻たち」監督:中島貞夫
※家田荘子原作、岩下志麻主演の極妻シリーズ第5作。
藤波組では二代目の急死により未亡人の加奈江(岩下志麻)が統率していた。加奈江には妹の頼子(新藤恵美)と、二人の子供、雅美(藤奈津子)と直也(高嶋政宏)がいた。頼子の夫は現在服役中の若頭・松岡(曽根晴美)で、雅美の夫・宗田(桑名正博)は本部長、そして直也は最近組を興し藤竜会の会長になっていた。松岡が出所し、加奈江は三代目に松岡を立てようとするが、その矢先に松岡は射殺される。次に加奈江は三代目候補に宗田を選んだ。それを知った直也は、この機会を逃すまいと緊急幹部会の席上、三代目に立候補する。そんな直也も女子大生の葉子(海野圭子)と会っているときだけは気持ちが安らいだ。だが、直也が極道であることを気付かれて破局を迎える。落ち込んだ直也は、それを晴らすかのように、藤波組の威光を使い前田組を吸収した。しかし、対立する神原組系の組織と前田組が盃を交わしたことにより、藤竜会と前田組の間に抗争が起きる。
> YouTubeの木曜洋画劇場 新・極道の妻たち CM 新バージョン

◆「ゼイラム」監督:雨宮慶太
※雨宮慶太が自らの原作を監督した劇場デビュー作。1994年にアニメ作品に「イ・リ・ア ゼイラム the Animation」と、 続編「ゼイラム2」が公開された。
異星人の賞金稼ぎイリア(森山祐子)は、逃走した無敵の凶悪犯である太古の生物兵器ゼイラムを捕えるため、地球上にコンピュータ合成されたバーチャル空間「ゾーン」を作る。街が細部まで再現されているが、人間が存在しないはずの仮想世界である。だが些細な偶然から二人の地球人、神谷(螢雪次朗)と鉄平(井田州彦)がその密閉空間に閉じ込められてしまう。イリアは、足手まといの二人を守りながらゼイラムと死闘を開始するが、ゾーン消滅の刻限は間近に迫りつつあった。
> YouTubeのゼイラム 予告 Zeiram trailer 1991

◆「大誘拐 RAINBOW KIDS」監督:岡本喜八
※日本推理作家協会賞を受賞した天藤真の推理小説「大誘拐」を、和歌山の地元局であるテレビ和歌山が撮影協力して映画化。
大阪刑務所に仲間の正義(内田勝康)と平太(西川弘志)を迎えに行った健次(風間トオル)は、二人に最後の大勝負として和歌山の山林王・柳川とし子(北林谷栄)誘拐計画を持ちかける。最初は渋る二人だったが、正義も平太もそれぞれ事情を抱えており、健次の説得に折れる。三人はさっそく計画を実行し、とし子の誘拐に成功する。ところがとし子は落ち着き払い、三人に向かって、この誘拐を和歌山県警本部長・井狩(緒形拳)が知れば逃げるのは難しいと話し、山中に隠れ家まで用意する。その頃、和歌山県警本部ではとし子誘拐の報が届き、とし子を生涯最大の恩人と敬愛する井狩が火の玉のような勢いで捜査に乗り出した。一方、三人は隠れ家で身代金要求の策を練っていたが、その額が五千万円だと知ったとし子は、「大柳川家の当主なんだから百億や!」と三人に言い放つ。そして日本中が注目する中、三人は百億円の身代金を要求する。

◆「超少女REIKO」監督・脚本:大河原孝夫
※大河原孝夫の初監督作で、観月ありさの映画デビュー作でもある。
文化祭を一週間後に控えた香陵高校で、不可解な超常現象が起き始めた。そこで生徒会長の緒方(大沢健)を始めとする六人の有志が立ち上がった。ポルターガイスト現象はさっそく彼らに襲い掛かる。その危機を救ったのはメンバーの一人、九藤玲子(観月ありさ)だった。彼女は霊媒師の祖母・光霊から「力の血」を受け継いだ超能力少女だったのだ。そして本格的な調査を開始する彼女らの前に怪現象の正体が判明する。それはかつてこの学校で投身自殺したしみずまちこ(井上麻美)という女子高生の亡霊だった。玲子は亡霊の魂の呪縛を解き放とうとするが、やがて全てを破壊し尽くす壮絶なサイキックバトルへと巻き込まれていく。
> YouTubeの超少女REIKO

◆「釣りバカ日誌4」監督:栗山富夫
※和歌山県由良町でロケをしたシリーズ第4作。
浜ちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)は、子宝に恵まれないのが唯一の悩みだったが、愛妻・みち子(石田えり)が妊娠したことを知って大喜び。一方、スーさんこと社長の鈴木一之助(三國連太郎)は、営業第三課に配属された甥の和彦(尾美としのり)の積極性のなさに頭を悩ませていた。そんなある日、浜ちゃんの家に招待された和彦は、そこで釣り船屋の八郎の妹、町子(佐野量子)と出会い、恋に落ちてしまう。だが周囲は二人の結婚に大反対したため、遂に二人は和歌山のある漁師町に駆け落ちしてしまう。浜ちゃんは、これはチャンスとばかりに二人を連れ戻すという口実で会社から特別休暇をもらい、釣りを楽しむのだったが、それを見越していたスーさんも和歌山へ。
> YouTubeの映画CM 釣りバカ日誌4

◆「ツルモク独身寮」監督:今関あきよし
※窪之内英策のコミック「ツルモク独身寮」の映画化。2003年には台湾でもドラマ化されている。
正太(前田耕陽)は松山で高校を卒業して、東京のツルモク家具に就職した。東京での生活に慣れない正太の楽しみは、松山にいる一つ年下の恋人ともみ(田山真美子)への電話だった。そんなある日、正太は屋上から女子寮の一室で着替えをしていたツルモクのマドンナみゆき(七瀬なつみ)を偶然見てしまう。翌日の朝礼でもみゆきが気になる正太に先輩の杉本(竹内力)が気づき、みゆきの過去を話す。みゆきには、元ツルモク家具社員で、今はロックバンドのボーカルをしているサトシ(橋本浩二)という恋人がいたのだった。正太はみゆきとサトシのロックコンサートへ行くが、そこでみゆきの寂しそうな表情を見て、苦い思いをしながらも慰める。だがその夜、寮に戻った二人を待っていたのは松山にいるはずのともみだった。

◆「電影少女〜VIDEO GIRL AI〜」監督:金田龍
※桂正和の人気コミックス「電影少女―Video girl Ai―」を映画化。
内気な高校生洋太(大沢健)は同級生もえみ(浜口ひろみ)へ自分の気持ちが伝えられない。そんなある日、洋太がレンタルビデオで借りたビデオの画面からピュア(純粋)な心の持ち主にしか見えない不思議な少女、ビデオガールのあい(坂上香織)が飛び出し、洋太とともえの恋を実らせようと提案する…。

◆「天河伝説殺人事件」監督:市川崑
※内田康夫の小説「天河伝説殺人事件」を基に、角川映画十五周年記念作品の第2弾として作成された。
新宿の高層ビルでサラリーマンの川島(井上博一)が急死するが、その手には芸能神を奉る天河神社の御守り「五十鈴」が握られていた。川島の死因を毒殺と断定した角筈署の仙波警部補(加藤武)は天川村へ向かう。天川村に近い吉野の町はずれで、ルポライター・浅見光彦(榎木孝明)が駐在から密猟の疑いをかけられていた。浅見は通りすがった旅館・天河館の女将・敏子(岸惠子)に助けられる。東京へ帰った浅見は、先輩の依頼で能についてのルポを書くことになり、再び天川村へ車を走らせるが、途中、林道で出会った老人が殺されたことによって、留置場に入れられる。その老人・高崎(神山繁)は、東京に宗家をもつ高名な能楽・水上流の長老だった。容疑が晴れ釈放された浅見はその後、水上流後継者をめぐる殺人事件に巻き込まれてゆく。

◆「とべ! くじらのピーク」監督:森本晃司
※原秀人の童話「くじらにのった少年」を映画化した劇場用長編アニメで、第36回アジア太平洋映画祭の上映作品である。
スペインのエメラルド色の入江で、少年カイ(声:佐々木典子)は傷ついた白い子くじらと出会う。カイは子くじらにピークと名づけ、一生懸命手当てする。やがてピークは元気を取り戻し、カイと遊べるようになった。ところが、町のシーサーカスがピークに目をつけ、無理矢理連れ去ってしまう。カイはピークを必ず取り戻して母くじらの元へ返してあげようと心に誓う。

◆「幕末純情伝」監督:薬師寺光幸
※沖田総司が女であったという設定で、沖田を巡る坂本竜馬と土方歳三の三角関係を描いた、つかこうへいの小説「幕末純情伝―龍馬を斬った女」の映画化。
新選組の近藤勇(伊武雅刀)と土方歳三(杉本哲太)の前に一人の美しい若者が現れ、見事な剣さばきで数人の追手をなんなく峰打ちで倒してしまった。その男こそ沖田総司(牧瀬里穂)だった。しばらくして京都・鴨川に浮かべた船の中で桂小五郎(柄本明)と坂本竜馬(渡辺謙)は大声で薩長同盟や倒幕を論じている。そんな彼らに新選組が襲いかかるが、竜馬は何を勘違いしたのかいきなり総司に抱き着き、壮烈な斬り合いの中で強引に口説き始める。だがその時、総司は吐血して倒れる。鴨川の活躍で新選組の評判は一気に高まったが、特に総司の人気はすさまじく、総司の病床には女の子のファンからのお見舞いが山をなしていた。一方、倒幕の秘策を練る桂や岩倉(津川雅彦)、西郷(桜金造)、大久保(石丸謙二郎)らを尻目に竜馬は大胆にも朝幕大連合政権の実現のため、朝廷はおろか幕府にも工作を計っていた。そして、なぞの女スパイ・深雪(財前直見)も絡み、京の町は大混戦となる。
> YouTubeの幕末純情伝(予告)

◆「八月の狂詩曲」監督:黒澤明
※一夏を共にすごす被爆体験を持つ祖母と孫たちを描いて芥川賞を受賞した村田喜代子の小説「鍋の中」を黒澤明が映画化した。
長崎の山村に住む老婆・鉦(村瀬幸子)のもとに、鉦の兄でハワイの大富豪・錫二郎の息子・クラーク(リチャード・ギア)からエアメールが届いた。それには錫二郎が不治の病にかかり余命短いため、死ぬ前に鉦に会いたいと書かれていた。兄弟が多い鉦には錫二郎の記憶がなかったが、突然現れたアメリカの大金持ちの親せきに興奮した息子の忠雄(井川比佐志)と娘の良江(根岸季衣)は早速ハワイに行ってしまう。そのため、残された4人の孫・縦男(吉岡秀隆)、たみ(大寶智子)、みな子(鈴木美恵)、信次郎(伊崎充則)は夏休みを鉦の家で過ごすことになった。孫たちは鉦の家の生活に退屈しながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や鉦が話す昔話を聞いて、原爆で祖父を亡くした鉦の気持ちを次第に理解するようになる。そして、鉦がついにハワイに行く気になるが…。
> YouTubeの「八月の狂詩曲」予告編

◆「必殺!5 黄金の血」監督:舛田利雄
※日本アクション映画の巨匠・舛田利雄が初めて必殺シリーズを監督した作品。
金座後藤家の女中・お浅(酒井法子)は、幼なじみの与七(白竜)に想いを寄せていたが、与七を乗せた御用船は無宿人に襲撃されて沈没する。お浅は川へ身を投げようとするが、通りかかった政(村上弘明)に助けられる。金を乗せた御用船沈没によって江戸の金相場は急上昇する。そんな折り、主水(藤田まこと)に鎌イタチの元締おむら(名取裕子)から裏の仕事の依頼が入る。後藤家の妻・千勢(山本陽子)が御用船乗組員の仇討ちに五百両出すというのだ。主水は話がうますぎると仕事を断る。その夜、お浅を連れて洲崎の砂丘に来た政は与七と再会するが、与七は献上金を運ぶのを見た政を殺そうとする。だがおむらの投げた櫛で与七は死ぬ。このことで後藤屋は頭領の赤目(天本英世)が率いる地獄組に口封じを依頼する。新月の夜、丘の上から立ち昇る不思議な光を見ようと江戸中から人々が集まっていた。その中には千勢の企みを暴こうとする政や秀(三田村邦彦)、おむらの姿もあった。やがて仕事人達は地獄組と死闘を繰り広げる。

1990年代

1991年の主要な映画9

1991年の主要な映画9

■日本映画

◆「遊びの時間は終らない」監督:萩庭貞明
※警察は国民のイメージ上昇を狙って筋書きの無い防犯訓練を行うことにした。しかし銀行強盗役に選ばれた警官・平田(本木雅弘)は、まじめで融通のきかない性格だった。彼は大真面目に強盗計画を立て犯人に成り切る。素早く平田を検挙するはずだった警官がドジを踏んで平田のモデルガンで撃たれてしまい、死人扱いとなったことから、平田は人質とともに銀行に篭城する破目に。しかもこのことが、TVディレクター(萩原流行)によってテレビ中継され、次第に平田をヒーロー扱いすることになり、銀行の前には大勢の野次馬が殺到する。警察は適当に落ちをつけてなんとか穏当に訓練を終わらせようとするが、平田は一向に応じようとはしない。警察の意図は次々とくじかれ、ついには…。
都井邦彦の小説「遊びの時間は終らない」の映画化で、萩庭貞明監督のデビュー作。

◆「あの夏、いちばん静かな海。」監督:北野武
※生まれつきの聴覚障害者である茂(真木蔵人)は、掃除車の助手をしている。ある日、茂は海岸脇のゴミ収集所に捨ててあった壊れたサーフボードを持ち帰って修理し、やはり聴覚障害を持つ恋人の貴子(大島弘子)を連れて海に出掛けた。茂は必死にサーフィンに挑戦するが失敗を繰り返す。常連のサーファーたちに笑われながらも練習に明け暮れる茂を貴子は微笑みながら見守っていた。そしてサーフボードが壊れてしまうが、茂は給料日を待って新品を買うと、また海に通い詰めた。スーツもつけずにサーフィンをする茂のひたむきさを見たサーフショップ店長の中島(藤原稔三)は、彼に一着のウェストスーツとサーフィン大会の出場申込書を差し出した。
北野武監督の3作目にして北野作品唯一のラブストーリー。
> YouTubeの「あの夏、いちばん静かな海。」予告編

◆「王手」監督:阪本順治
※大阪・新世界に住む、真剣師の飛田(赤井英和)と、プロの名人を目指す香山(加藤雅也)は幼なじみで、対照的な性格でありながら将棋が取り持つ腐れ縁ともいうべきの仲だった。香山は薬屋の加奈子(仁藤優子)に想いを寄せていたが、彼女は将棋オタクの香山がじれったい。一方、日本海の温泉町に出向いた飛田は、そこでストリッパーの照美(広田玲央名)と出会い、好きになる。そんな折り、二人の前に伝説の老真剣師・三田村(若山富三郎)が現れる。老いても強い三田村に飛田は歯が立たない。そんな中でも借金取りから逃げながら、プロ、アマ問わず真剣勝負に燃える飛田。やがて彼は名人戦に挑むことになる。
真剣師とは、賭け将棋を生業とする将棋指しで、老真剣師・三田村を演じた若山富三郎は本作が遺作となった。

◆「男はつらいよ 寅次郎の告白」監督:山田洋次
※寅次郎(渥美清)の甥・満男(吉岡秀隆)が想いを寄せる泉(後藤久美子)が東京の大手楽器店に就職のための面接に再び上京する。寅次郎もまた、柴又へ帰って来た。そして久しぶりに皆で楽しい一時を送る。翌日、満男は泉の会社訪問に付き添うが、就職はうまくいかず泉は静岡に帰ってしまう。また寅次郎も旅に出て鳥取へと向かうが、そこで偶然泉と再会する。母親(夏木マリ)の再婚を素直に喜べない泉は、その寂しさを紛らすために鳥取まで来たのだ。そのことを彼女からの絵葉書で知った満男も鳥取へと向かい、泉と再会する。寅次郎はふたりと共に、かつて恋した聖子(吉田日出子)が営む旅館へ案内する。だが、聖子の亭主は死んでしまっていた。
「恋の悩みならおじさんのキャリアがモノを言う」がキャッチコピーの男はつらいよシリーズ44作目。
> YouTubeの男はつらいよ 寅次郎の告白 予告

◆「おもひでぽろぽろ」監督:高畑勲
※東京生まれで東京育ちのタエ子(声:今井美樹) は、27歳になった1982年の夏、会社から10日間の休暇をもらって姉ナナ子の夫の実家である山形の片田舎・高瀬へ旅をする。タエ子は小学校5年生の時、田舎がなくてとてもさみしい思いをした記憶があったが、旅の途中にその頃の出来事を思い出していた。そして、彼女は小学校5年生の自分を連れたまま高瀬に到着した。明け方に着いたタエ子を駅まで迎えに来ていたのは、親せきの青年トシオ(声:柳葉敏郎) だった。年はタエ子より2歳下だったが、頼りになる好青年で、彼によってタエ子はいろんな田舎の表情を知る。そして自然と調和しながら生きている農家の人々の姿に、タエ子は地に足の着いた生活の魅力を発見するのだった。
岡本螢・刀根夕子の漫画をスタジオジブリがアニメ化。英題は「Only Yesterday」。キャッチコピーは糸井重里の「私はワタシと旅に出る」。
> YouTubeのMarta: Genesis in Omoide poro poro (おもひでぽろぽろ)

◆「陽炎」監督:五社英雄
※背に菩薩の刺青をした城島りん(樋口可南子)は、不知火おりんと呼ばれ、切れ味鋭い札捌きで知られる女胴師である。ある日、大阪の難波政組に向かったおりんは、偶然義弟の市太郎(本木雅弘)に出会う。両親亡き後、若旦那として熊本・二本木の料亭・八雲を継いでいるはずの市太郎は、岩蔵(白竜)が率いる岩船一家に店を乗っ取られていた。そして、おりんは店を取り戻すため、二度とまたぐことはないと思っていた八雲の敷居に足を踏み入れた。女将の千代春(かたせ梨乃)は動揺し、またそこには20年前のおりんの実父のかたきで岩蔵の胴師・常次郎(仲代達矢)がいた。やがて岩蔵の元に難波政組の親分・政吉(岡田英次)が祭りの花会に出席するという知らせが届く。そしてその胴師の名には“城島りん"と書かれていた。
樋口可南子が主演した人気シリーズ全4作の第1作で、2作目以降は高島礼子が主役を演じた。

◆「風、スローダウン」監督:島田紳助
※プロのオートバイレーサーを夢見てアルバイトに励むオサム(石田靖)、父親の事業を継ぐことを約束されているボンボンのヤスヒロ(西川忠志)、そして暴力団の準構成員ジョージ(長原成樹)の3人は、生き方は違うが中学時代の同級生で、自分の可能性を信じ、各々の生き方に執着していた。だが彼らも23歳となり、青春に決着をつける時期が近づいているのを予感していた。そんな時、東京から麻美(五十嵐いづみ)がやって来た。自分の育った周りしか知らない彼女は、自らの夢に突き進むオサムに心惹かれていく。ジョージとヤスヒロはそんなふたりを暖かい目で見守るが、麻美に想いを寄せていながらも何も出来ないヤスヒロはどこかで嫉妬を感じていた。麻美との楽しい日々を満喫するオサムだったが、それも長くは続かなかった。実は麻美は東京に親が決めたフィアンセがいて、その結婚に踏み切れず、ひとり大阪へ出てきたのだった。
井筒和幸監督監修で制作した島田紳助の第1回監督作品。
> YouTubeの風、スローダウン Trailer

◆「キスより簡単2 漂流篇」監督:若松孝二
※女子大生のまあこ(西條晴美)はテレビで活躍する生活アドバイザーの母(山口美也子)と二人暮らし。父親はまあこが生まれる前に事故死していて、まあこは父親を知らずに育った。母は父親について何も話さないので、まあこは勝手に父親のイメージを作り、それを男性に求めるようになっていた。まあこには同じ大学のボーイフレンドのトオル(南渕一輝)がいるが彼の身勝手さに嫌気がさしていた。そして他の男とも付き合ってはみるものの、まあこの欲求は満たされることはなかった。そんなある日、仲間と公園で騒いでいる浮浪者のリーダー・ゲン(石橋蓮司)をはじめ、酔っ払ってケンカし、やられてもやられても立ち上がって闘ううだつの上がらない中年男や、食堂でのんだくれてはからんでくるオヤジなど、アウトローとして生きている中年男たちに、まあこはたまらないほどの魅力を感じるようになる。中でもゲンには尊敬の念まで抱くが、ゲンは突然チンピラに襲われ、まあこの目の前で殺されてしまう。
石坂啓のコミック「キスより簡単」を映画化した1989年の「キスより簡単」に続く2作目。

◆「ケルベロス 地獄の番犬」[押井守シネマ・トリロジー 初期実写作品集 DVDより] 監督:押井守
※荒廃した近未来の東京で、「首都警」こと首都圏治安警察機構が生まれた。首都警は次第に強力な権力を持つようになり、外部からの批判も高まるが、50名の特機隊、通称ケルベロスへの批判は特に激しかった。そしてケルベロスが解体の危機に直面し、何人かの隊員が反乱を起こした。乾(藤木義勝)もその一人だったが、彼らの力も治安部の力の前では無力で、ただ一人国外逃亡を果たした都々目(千葉繁)を除いて、全員逮捕される。三年後、出所した乾は、都々目の居所に関する情報を得て出国する。乾にとって都々目は兄と慕う存在だった。謎めいた白服の男の手引きで、乾は都々目のアジトを訪ねたが、そこには都々目の姿はなく、彼の愛人だという少女・唐密(タンミー:スー・イーチン)がいた。都々目の行方を追い、旅に出る二人と、その後を密かに追う白服の男。やがて思いがけない場所で都々目と再会した。
アニメーション作家・押井守の実写第二作で、「紅い眼鏡 / The Red Spectacles」(1987年:YouTubeの踊る室戸文明)の姉妹編である。
> YouTubeのケルベロス 地獄の番犬 銃撃シーン

◆「極道戦争 武闘派」監督:中島貞夫
※暴力抗争が九州を揺さぶっている真只中。博多の縄張りをねらう後進の戦闘的な組織・神崎会に属する沈着冷静な切れ者の誠(中井貴一)と、怖い者知らずの武闘派の勝司(松山千春)は、共に壱岐島から出て来た幼なじみで、今や九州武闘派と呼ばれていた。二人には冴子(増田恵子)という女友達がおり、彼女もそんな二人の愛に揺れ動いていた。やがて神崎会は、博多を長く仕切ってきた城戸組と全面戦争を始める。そんな時、神崎会の会長が警察へ連行される途中倒れてしまう。会長が倒れて弱気になった神崎会の幹部たちの中で唯一人、笠井組々長の笠井(千葉真一)だけが誠を励まし、勝司の身を心配していた。しかし笠井はかつて神崎会に潰された箕輪組の生き残り波多野(火野正平)に撃たれて悲壮な死を遂げる。
松山千春が映画に初出演した作品。

◆「ゴジラVSキングギドラ」監督:大森一樹
※ゴジラがビオランテによって日本海に追われてから約1,000日が過ぎた1992年、東京上空に巨大なUFOが出現した。そこには2204年から来たという未来人グレンチコ(リチャード・バーガー)、ウィルソン(チャック・ウィルソン)、エミー(中川安奈)が乗っていた。21世紀に復活するゴジラに破壊された原子力発電所の核汚染によって、23世紀に人類が死滅すると予言する彼らは、恐竜ゴジラザウルスが核実験でゴジラ化する前にワープし、ゴジラを歴史上から消滅させようと計画。ルポライターの寺沢(豊原功補)らを仲間に加え、1944年のラゴス島へワープし、ゴジラの誕生をくい止める事に成功する。だがラゴス島へ3匹の小動物を残してきたことから、それがキングギドラとなって現代によみがえった。そしてそれは、23世紀最大の国力を持つに至った日本を、20世紀の時点で弱めようと企む未来人の仕業だったのだ。
16年ぶりに伊福部昭が音楽を担当した、ゴジラシリーズ第18作。
> YouTubeのGodzilla vs. King Ghidorah Theatrical Trailer

◆「四万十川」[VHS] 監督:恩地日出夫、原作:笹山久三
※四万十川流域で小さな食料品店を営む山本家は一家の主、秀男(小林薫)が出稼ぎに出ており、妻のスミ(樋口可南子)が店を切り盛りしていた。ある日、秀男が出稼ぎ先で大怪我をして宇和島の病院へ入院する。そのため長女の朝子(高橋かおり)は集団就職をやめて家へ残ることになる。五人兄弟の次男で小学校三年生の篤義(山田哲平)は、クラスでいじめられていたが、くじけず元気に成長していた。夏休みも近い頃、篤義の学校で鉛筆削りが紛失する事件が起こった。その犯人に、やはりクラスのいじめられっ子である千代子(小島幸子)が疑われ、そんな彼女をかばって篤義は自分が盗んだと名乗りをあげる。だが心の中では千代子を疑っていたことを悟った篤義は言いようのない嫌悪感を感じていた。夏休みが過ぎ、二学期が始まった。教員室に呼ばれた篤義は、井戸に小便を仕込んだとの濡れ衣をかぶる。実は学校で「いらん子」といじめられた太一が、相手の家の井戸に小便をしたのだった。その気持ちが痛いほどわかった篤義は、太一と一緒に処罰を受ける。
笹山久三の小説「四万十川」の中から、第1部『あつよしの夏』と、第2部『とおいわかれの日々に』の部分を映画化。

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)8

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)8

■中国・香港・台湾映画

◆「狼たちの絆」監督:ジョン・ウー
※ジョー(チョウ・ユンファ)とジム(レスリー・チョン)はパリで名画専門の泥棒をしていた。ジョーは次の仕事を最後に足を洗い、幼なじみの恋人チェリー(チェリー・チェン)と香港に帰ろうと思っている。だが、この計画にはいくつものワナが仕掛けられており、激しい銃撃戦の末に、ジョーは崖から車ごと転落して行方不明になる。数年後、香港へ帰ったジムとチェリーは、恋に落ちて結婚する。そんなある日、ジムはパリで最後に盗もうとして失敗した絵がオークションにかけられていることを知る。ジムはジョーの仇打ちとばかりにその絵を盗む計画をたてる。そこへ死んだとばかり思っていたジョーが、車椅子姿で現れた。2人は厳重な警戒をかい潜り、因縁の絵の強奪に首尾よく成功する。だが、彼らの育ての親でもある悪徳美術品コレクター、チョウ(ケネス・ツァン)の一味が、名画の奪いにやってきた。ふたりは絶対絶命の危機に陥る。
チョウ・ユンファがB型肝炎による1年間の休養からカムバックし、レスリー・チョンがこの作品を最後に引退すると宣言した作品。ただしレスリー・チョンはのちに宣言を撤回。
> YouTubeの張國榮周潤發在[縱四海]裡的經典舞蹈鏡頭

◆「枯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」[VHS] 監督:エドワード・ヤン
※1960年、国民党政府と共に台湾に移住してきた張家の次男スー(張震)は、中学の夜間部に通っており、不良少年グループ・小公園のモー(王啓讃)、飛行機(柯宇綸)、ズルらと同級生だった。スーは少女ミン(楊静恰)と知り合うが、彼女は小公園のボス、ハニー(林鴻銘)の恋人だった。ハニーは対立する軍人村グループのボスとミンを奪い合い、相手を殺して台南へ逃げていた。ある時スーはミンと一緒にいたと軍人村グループに因縁をつけられるが、転校生で軍の指令官の息子マー(譚至剛)に助けられる。スーはミンへのほのかな愛と、マーとの友情を育んでいく。軍人村の現ボス、シャンドンはハニーの弟アルテヤオを出し抜いてズルに小公園グループをまとめさせ、自分がそれを牛耳ろうとしていた。そんな頃、ハニーが帰ってくるが、シャンドンに殺される。ミンはショックで寝込み、スーは台湾人ヤクザとともにシャンドンを殺す。そんなある日、ズルからミンとマーの仲を告げられる。
男子中学生によるガールフレンド殺害という実際に起きた事件を基に当時の台湾の社会を描いた作品。
> YouTubeの?嶺街少年殺人事件

◆「紅夢」[VHS] 監督:張芸謀チャン・イーモウ
※1920年代の中国。父親を亡くした頌蓮(コン・リー)は、貧しい暮らしから抜け出すため、19歳の夏に嫁に行く。嫁ぎ先はその地方の素封家で、頌蓮の前に3人の夫人がおり、それぞれ一院、二院、三院と呼ばれる住居に住んでいた。第4夫人となった頌蓮が住居として与えられた四院にはその日、内も外も赤い提灯が飾り立てられていたが、それは大旦那・陣佐千(マー・チンウー)の寵愛を得ることができるという印であった。だが初夜の日は、大旦那が床入りしてまもなく第3夫人(ホー・ツァイフェイ)に邪魔され、何事もなく終わったが、すぐ無理矢理に女とされる。頌蓮はそれぞれの夫人に会うが、彼女の身の上に同情を寄せる第2夫人(ツァオ・ツイフェン)に対し、舞台の人気女優だった第3夫人は露骨に頌蓮に対抗意識を燃やしていた。この屋敷では、大旦那が絶対的な権力を持ち、何事も先祖代々のしきたりが優先され、第1夫人(チン・スウユエン)を始め、夫人たちは彼の寵愛を得るためにのみ生きているようであった。ある日、父の形見の笛がなくなったので頌連は、召使の雁兒の部屋を探すと、部屋中の赤い提灯と頌連の名を書いた呪い人形があった。しかも頌連の名を書いたのは彼女に同情的な第2夫人だった。第2夫人こそ旦那の関心を得るためにはどんな悪事もしかねない女だった。やがて頌連は、第2夫人と出入りの医師との不倫を暴露する。その結果、第2夫人は斬首される。衝撃を受けた頌蓮は…。
悲情城市」の監督ホー・シャオシェンが製作総指揮を務めたチャン・イーモウ=コン・リー・コンビの第3作。。
> YouTubeのRaise the red lantern trailer

◆「推手」監督:アン・リー李安
※ニューヨークにやって来た太極拳の老師の朱(ラン・シャン)が、コンピューター技師の一人息子アレックス(ワン・ボーチャオ)、息子のアメリカ人の妻で作家の卵のマーサ(デブ・スナイダー)と6歳の孫ジェレミーの家庭へ身を寄せて一ヶ月が経った。英語も分からず、マーサのつくる料理も口に合わない朱が家にいることで、マーサは神経過敏になり、本の執筆も進まず、ストレスが溜まるばかりだった。アレックスはそんな妻と父の板ばさみで気苦労が絶えない。そんなある日、朱は太極拳を教えていた中国人学校で見事な〈推手〉の技を披露したことから、料理教室の先生の陳夫人(ワン・ライ)と知り合い、お互いに親しみを覚えた。ある日の夕方。散歩に出た朱が夜になっても帰らない。父を探し疲れたアレックスはマーサをなじり、キッチンで大暴れして外へ飛び出す。幸い、朱は夜中になって警察に保護されて帰宅した。マーサは朱に初めて優しい言葉をかける。アレックスは思案の末、父と陳夫人の仲を取り持つことで、二人が一緒になり、自分たちと別居生活を営んでくれるよう画策する。
本作はアン・リー監督の長編映画デビュー作で、ベルリン映画祭グランプリ受賞の「ウェディング・バンケット」(1993年:YouTubeのThe Wedding Banquet (1993))、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「恋人たちの食卓」(1994年:YouTubeのEat Drink Man Woman (trailer))に先立つ〈父親三部作〉の第一作。また推手(すいしゅ)とは、太極拳の組み手の一つで、防御がそのまま攻撃に転じ、攻撃が防御に転じる攻防一体の技術。

◆「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」監督:チン・シウタン
※高僧の白雲(ラウ・シュン)と若い僧フォン(トニー・レオン)が、大国寺に黄金の仏像を届けるため苦難の旅を続けていた。途中野盗に遭遇した2人は、野盗を追ってきた青年剣士イン(ジャッキー・チョン)と知り合いになる。白雲とフォンが布施を得るために入った町は暴力がはびこり、人々の心も荒んでいた。夜、一夜の宿にと蘭若寺へ向かった白雲とフォンを黄金の仏像を狙う野盗が付けて来るが、あたりに立ちこめる邪気に恐れをなして森へ逃げ帰る。野盗は琴の音がする屋敷に美女を見つけて乱入するが、美女ロータス(ジョイ・ウォン)も姉コチョウ(ニナ・リー)も妖怪だった。彼女たちや古木の妖怪ロウロウ(ラウ・シー・ミン)に襲われた野盗が上げる悲鳴を聴いた白雲は、フォンに仏像を守るよう命じて、妖怪を探りに行く。
妖怪と僧侶との戦いをSFXを駆使して描いたファンタジックホラー・シリーズの3作目。
> YouTubeのA chinese Ghost Story 3 - Jacky Cheung Live

◆「プロジェクト・イーグル」監督:ジャッキー・チェン
※アジアの鷹(ジャッキー・チェン)に、かつて力を貸した男爵からメッセージが届いた。それは、第二次大戦中、ナチス・ドイツのカタリン男爵が砂漠に隠した金塊250トンを見つけるとその一%が報酬として与えられるという壮大なプロジェクトだった。ジャッキーは財宝のありかを解く手がかりをつかむが、それはかつてのドイツ軍の基地の中に隠されていた。謎を握るのはカタリン男爵の副官だった男だが、彼は失踪してしまっていた。副官の孫娘エルザ(エヴァ・コーボ)、男爵の呼び寄せた中国系の女性歴史家エイダ(ドゥドゥ・チェン)、そして旅の途中で拾った日本人少女、桃子(池田昌子)も加え、ジャッキーは基地の眠っている砂漠に向かう。
> YouTubeのプロジェクト・イーグル予告
宝捜しのプロフェッショナルの活躍を描いた「サンダーアーム / 龍兄虎弟」(1986年:YouTubeのArmour of God (1986) - Trailer)の続編で、ジャッキー・チェンの主演・監督作としては、「奇蹟 / ミラクル」(1989年:YouTubeのJackie Chan - Miracle Trailer)に続く作品である。

◆「炎の大捜査線」監督:チュー・イェンピン
※刑事ウェイ(レオン・カーフェイ)の目の前で、恋人の父親である警察署長が殺された。事件直後に爆死した犯人の指紋は、2年前に処刑された囚人のものだった。ウェイはその謎を解くために、犯人が入所していた悪魔島と呼ばれる極悪犯の集まる監獄、火焼島に自ら入獄する。そして、恋人を殺したヤクザを刺殺したロン(ジャッキー・チェン)、ロンに殺されたヤクザの兄ピンバル(アンディ・ラウ)らが次々に入獄してきた。また息子に会うため脱獄を繰り返している気のいい男キア(サモ・ハン・キンポー)らもいた。弟の仇を討とうとするピンバルとロンは死闘を繰り広げ、重傷のまま独房に入れられる。再び脱獄を企てたキアはまたも失敗し、一緒に脱獄を図ったクイ(ジミー・ウォン)は銃殺され、キアも処刑を言い渡される。また、仲間を殺され看守を撃ち殺したウェイも銃殺刑を宣告される。だが、死んだはずの4人は、マニラ空港で再会する。彼らは監獄で死亡したと処理され、麻薬組織のボスを暗殺すべく狙撃手として蘇ったのだ。
死刑を執行した囚人をスナイパーに仕立て上げるといった実話を元にした映画で、香港の大スター3人がひとつの映画の中で命を落とすと話題になった。
> YouTubeのIsland Of Fire (Jackie Chan) action

◆「RIKI-OH 力王」監督:ラン・ナイチョイ
※暴漢から恋人(グロリア・イップ)を守ろうとして、相手を殺してしまった資産家の息子リキオウ(ヤング・ファン)は、殺人罪で刑務所送りとなる。その刑務所は極悪人ばかりを集めた地獄のような所で、連日囚人が血祭りにあげられていた。リキオウに目をつけた囚人管理部長(ファン・ムイサン)は指揮下の東西南北四つの管区のボス、四天王と戦わせる。リキオウは次々に四天王と管理部長を倒し、ついに所内を牛耳る悪の張本人の所長(ホー・カクー)と対決する。
鷹匠政彦の原作、猿渡哲也の作画になる人気コミック「力王」を映画化した作品。
> YouTubeのRiki-Oh: Story of Ricky (力王 lik wong) part 1/9

◆「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明」監督:ツイ・ハーク
※清朝末期、英米など列強は中国を侵略しようと目論んでいた。友人の黒旗兵の統率者リュウと式典に参加していたフェイフォン(リー・リンチェイ)は、中国伝統の獅子舞に発砲してきた欧米の銃弾をかいくぐり、無事に獅子を舞い収めさせる。政敵に追われベトナムに左遷されるリュウは無念の思いを、不平等条約と墨書した扇子と共にフェイフォンに託し、武道師範として自警団を組織し、治外法権をカサに着る欧米はじめ不逞の輩を懲らしめてくれと頼む。一方フェイフォンの評判を聞いて、弟子になるため田舎からやってきたフー(ユン・ピョウ)は弟子のアメリカ帰りのどもりのソー(ジャッキー・チョン)、エイ(ケント・チェン)、さらにフェイフォンの年若き叔母イー(ロサムンド・クァン)らと知りあう。ところが街にはサーコー率いるやくざの一団がのさばっていた。フーとエイは彼らと暴力沙汰を起こす。そんな折、フェイフォンは英語が得意なソーを連れて、警察長官の同席の元、英米代表と式典で負傷した責任について交渉中だった。ところがそこへフーたち自警団とサーコー一味が乱入する。その騒ぎはフェイフォンの活躍で静まるが、政敵リュウと親しいフェイフォンを快く思っていない長官から自警団と共に謹慎を言い渡され、さらに英米代表と敵対するきっかけをつくってしまう。
中国の清朝末期〜中華民国初期に実在した近代中国最大のヒーロー、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の活躍を描いた人気シリーズの1作目。リー・リンチェイ(ジェット・リー)は第3作まで主演を務めた。
> YouTubeのOnce Upon A Time In China

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)7

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)7

■ヨーロッパ映画

◆「アトランティス」監督:リュック・ベッソン
※6つのテーマの基に、海面から海底までの海の生物の生態を映す。ガラパゴスではオットセイやイグアナが泳ぎ回る。セイシェルではジンベイザメが海の王者の風格で泳ぐ。オーストラリアでは口を開けて迫る4メートルのホオジロザメの姿をカゴに入って撮影。フランス領ポリネシアでは肉塊に寄ってきた100匹のグレイ・リーフシャーク。紅海ではかつてシャーク・ポイントと言われた場所もサメはおろか何の生き物も存在しない。戦争、工業廃棄物の恐ろしさを見せつけられる。ニューカレドニアではコブラの15倍の猛毒を持つ縞ウミヘビの縞をうねらし泳ぐ姿と、マリア・カラスのオペラに合わせて6メートルのヒレを広げゆったりと泳ぐイトマキエイ。北極では0度の海に500回潜ったことのあるフィリップ・カガンの協力を得て氷下の色を映す。フロリダではカメラにぶつかったことを謝るようなマナティのかわいい仕草と沈没船の中を泳ぎ回る色とりどりの小魚の群れを映す。世界の海の現状をナレーションによる解説を交えず、リュック・ベッソンの盟友エリック・セラの音楽のみで表現した。
> YouTubeのAtlantis - Luc Besson

◆「愛しい人が眠るまで」[VHS] 監督:アンソニー・ミンゲラ
※ロンドンに翻訳の仕事をしているニーナ(ジュリエット・スティーヴンソン)は、この2年間、恋人だったジェイミー(アラン・リックマン)に突然先立たれたショックから立ち直れないでいた。今でもプロのチェロ奏者だった彼のことが忘れられない。ある日ニーナが思い出のバッハの曲を弾いていると、それに合わせてジェイミーがチェロを弾いていた。ゴーストになってジェイミーが帰ってきたのだ。大喜びのニーナは、昔のように二人の世界に没頭するが、ジェイミーのわがままな振る舞いに困惑もする。そんな時、ニーナは友人と入ったレストランで、精神障害者の世話をしているマーク(マイケル・マロニー)と知り合い、彼に惹かれていった。
アンソニー・ミンゲラがアカデミー賞オリジナル脚本賞受賞。また名優アラン・リックマンが、自分を忘れさせるために恋人のもとにやって来た幽霊を切なく演じている。
> YouTubeのTruly Madly Deeply (trailer)

◆「木洩れ日」[VHS] 監督:ジャン=ルイ・ベルトゥチェリ
※イタリアからフランスの片田舎に移り住んで半世紀になるベルティーユ(ジュリエッタ・マシーナ)は、長年住み慣れた家を売ろうとしていた。そして今日はお別れパーティが開かれる日。大勢の子供や孫たちに囲まれベルティーユは幸せそうだが、ただ一人、一番気掛かりな末っ子のラファエルだけはまだ来ない。そしてパーティがお開きになるころ、やっと彼は姿を現す。
イタリアの名女優ジュリエッタ・マシーナが70歳にして初めて出演したフランス映画。

◆「ポール・マッカートニー: ゲット・バック」 監督:リチャード・レスター
※元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーが約10年ぶりに行ったワールド・ライブ・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー映画。監督は「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」と「HELP! 四人はアイドル」などビートルズ映画でお馴染みのリチャード・レスターが務めている。
1989年9月26日のオスロからスタートした「ゲット・バック・ツアー」は、四大陸13カ国において計102回の公演を行い、284万人を動員する大成功をおさめた。このドキュメンタリー映画は、ひとつのコンサートを収録したものではなく、いくつかの会場での演奏や観客の反応を巧みにミックスして編集している。またビートルズの歴史も静止画像やニュース・フィルム、写真などで紹介されていて、ビートルズ時代のジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの姿も見られる。映画に収められた楽曲は全部で23曲だが、「ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」と言って始まる「フール・オン・ザ・ヒル」は感動的。
> YouTubeのPaul McCartney - Secret Gig 1991 interview

◆「ザ・コミットメンツ」監督:アラン・パーカー
※ダブリンに本物のソウル・バンドを作りたいと夢みるジミー(ロバート・アーキンズ)とデレク(ケネス・マクラスキー)、アウトスパン(グレン・ハンサード)はメンバー集めを始める。泥酔して豪快に歌っていたデコ(アンドリュー・ストロング)をスカウトし、募集広告を見てやってきたサックスのディーン(フェリム・ゴームリー)、ドラムのビリー(ディック・マーシー)ピアノのスティーブン(マイケル・アーニー)、エルビスやビートルズともプレイしたことがあるという中年のトランペッター・ジョーイ(ジョニー・マーフィ)を採用する。そしてメンバーの憧れの女性イメルダ(アンジェリン・ボール)とその友人ナタリー(マリア・ドイル)、バーニー(ブロナー・ギャラガー)をコーラスに誘う。よせ集めのバンドではあったが、ジミーを中心に屋根裏部屋でのレッスンを重ねて、数ヵ月後、この[ザ・コミットメンツ]はいよいよダブリン市民会館の舞台へ。
ロディ・ドイルのヒップな傑作音楽小説「おれたち、ザ・コミットメンツ」を映画化した、アラン・パーカー監督の音楽のセンスが光る作品。
> YouTubeのTHE COMMITMENTS-HQ Trailer(1991)

◆「ジャック・ドゥミの少年期」監督:アニエス・ヴァルダ
※1939年、フランスの大西洋岸にある港町ナント。8歳のジャコという愛称で呼ばれるジャック(フィリップ・マロン)は、自動車修理工場を営む父(ダニエル・デュブレ)と美容師の母(ブリジット・ド・ヴィルポワ)の慈しみを受け幸福に暮らしていた。母と一緒にオペレッタや人形劇を見に行くのが大好きなジャコは、自分で操り人形の小屋を作ったり、ディズニーの「白雪姫」に熱中する。彼の憧れはバレエを習っている向かいに住むレーヌ(エレーヌ・ポール)だった。ふたりは曲芸ショーで世界中を回ろうと約束する。この年に始まった第二次大戦でドイツに占領されたナントは、味方のアメリカ軍から猛爆を受ける。破壊されたナントを見て暴力を憎むようになったジャコ(エドゥアール・ジョボー)は、友人から映写機と無声喜劇映画のフィルムを借りてますます映画にのめり込む。また中古カメラを手に入れて近所の子供を集めて短編を撮るが、レーヌに出演を断られてからは屋根裏部屋にこもって人形アニメの製作に没頭する。やがて、長男のジャック(ローラン・モニエ)は父の命令で家業を継ぐため工業学校に入学する。そしてレーヌ(マリー・シドニー・ブノワ)はアメリカ兵の子を身ごもっていた。
1990年に白血病で世を去った「シェルブールの雨傘」などで有名なフランスの映画監督ジャック・ドゥミの、故郷ナントでの映画への愛と憧憬に満ちた少年時代を描いた、ジャック・ドゥミの妻アニエス・ヴァルダの監督作。
> YouTubeのJacquot de Nantes (1991) (Trailer)

◆「デリカテッセン」監督:ジャン=ピエール・ジュネマルク・キャロ
※核戦争から15年、生き残った人々が食料をあさり合う荒廃したパリの街はずれのデリカテッセン(肉屋)に、職を求めてルイゾン(ドミニク・ピノン)がやってきた。ところが店の主人(ジャン・クロード・ドレフュス)はこうしてカモをおびき寄せては肉にしてしまう恐しい男だった。その娘で心優しいジュリー(マリー・ロール・ドゥニャ)は一目見て気のいいルイゾンを好きになり、また犠牲者が増えるのが堪まらず、反体制の菜食主義者たる地底人たちと手を結んで秘かにルイゾン救出作戦を開始する。デリカテッセンの上にあるアパルトマンの住人たちはルイゾンの肉を待ち受けているだけに、突然侵入してきた地底人たちと上を下への大騒ぎが始まる。
両監督の長篇デビュー作で、独特の映像空間が評価され、セザール賞新人監督作品賞、脚本賞などを受賞した。
> YouTubeのDELICATESSEN (1991) Sex Scene

◆「トト・ザ・ヒーロー」[VHS] 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
※8歳のトマ(トマ・ゴデ)の夢は、TVの名探偵トトになることだった。トマは仲の良い家族に囲まれて幸せに暮らしていた。だが、向かいの裕福なカント家の、同じ誕生日のアルフレッドと、産院の火事騒ぎで取り違えられたと確信していた。そんなある日、カント氏の依頼で雷雨の夜に飛び立った飛行士のパパ(クラウス・シンドラー)は戻ってこなかった。大好きな姉のアリス(サンドリーヌ・ブランク)とトマは、カント家に復讐を決意する。ママ(フェビエンヌ・ロリオー)がドーバーまで死体を確認しに行っている間中、恋人同士のような姉弟は自由で夢のような日々を過した。だが、やがてカント家のアルフレッドと仲良くなったアリスにトマは激しく嫉妬する。トマの涙を見たアリスは、カント家に火をつけて一緒に焼け死んでしまう。時がたち、青年トマ(ジョー・ド・バケール)はサッカー場でアリスにそっくりな音楽家エヴリーヌ(ミレーユ・ペリエ)と出会い、愛しあうようになるが…。
ドルマン監督はベルギーでサーカスのピエロや児童劇団を主宰していた人である。
> YouTubeのToto le heros

◆「春にして君を想う」監督:フリドリック・トール・フリドリクソン
※アイスランド北部に住む78歳の農夫ソウルゲイル(ギスリ・ハルドルソン)は農業に疲れ、首都レイキャビクに住む娘を訪ねる。だが、彼は一緒には住めないことを知り老人ホームに入るがそこで幼なじみの老婦人ステラ(シグリドゥル・ハーガリン)と再会する。彼女は故郷に戻って死にたいと願い、何度もホームから逃げ出そうとしていた。ソウルゲイルも思いは同じだった。彼らはある日、ホームを抜け出す。2人はスニーカーを履き、盗んだジープを走らせ、警察の検問もかいくぐって目的地に近づく。だがジープが故障し、やむなく歩く2人は、ある山小屋にもぐり込んで月光に照らされながら眠る。神秘に満ちた旅が終わりを告げ、ようやく2人は故郷の土地に辿り着くが…。
フリドリクソン監督はアイスランド映画界のリーダーで、アイスランドの幻想的な光景の中、人間の孤独と不安、生と死、自然との関わりを描いた。

◆「ボヴァリー夫人」監督:クロード・シャブロル
※田舎娘エマ(イザベル・ユペール)は厳格な修道院で育ち、大地主である父と2人で暮らし。ある日エマは町医者シャルル(ジャン・フランソワ・バルメール)と出会い、ロマンスと贅沢への憧れから年の離れた彼と結婚する。しかし、仕事一筋の夫との生活は退屈だった。気の浮かない様子の妻を心配したシャルルは大きな町で開業し、医者がいなかった町の人々に歓迎される。平穏な日々が続いたある日、エマは若く裕福なドンファン、ロドルフ(クリストフ・マラヴォワ)に出会い、密会を続ける。だが、思いつめて2人で逃げようと誘うエマは、遊びのつもりのロドルフに申し出を拒絶されて寝込んでしまう。シャルルが気晴らしにと連れていってくれたオペラ劇場で、エマは以前彼女を慕っていた弁護士見習いのレオン(ルーカス・ベルヴォー)と再会して新しい恋がはじまるが…。
過去にジャン・ルノワールとヴィンセント・ミネリが映画化しているフロベールの自然主義文学の名作「ボヴァリー夫人」をクロード・シャブロル監督が自身の脚本で映画化した作品。
> YouTubeの"Madame Bovary" 1991 trailer Isabelle Huppert

◆「ポンヌフの恋人」監督:レオス・カラックス
※人気のない真夜中のパリ・セバストポル大通りの真ん中に横たわるアレックス(ドニ・ラヴァン)の足を一台のスポーツカーが轢いていく。それを見つめる子猫を抱いたミシェル(ジュリエット・ビノシュ)。アレックスは修理のため閉鎖中のポンヌフ橋で暮らす天涯孤独の青年で、ミシェルは恋の痛手と眼の奇病を持つ画学生だ。数日後、収容所を抜けてポンヌフに戻ったアレックスはミシェルがそこで眠り込んでいるのを見つける。アレックスはミシェルの親友マリオン(マリオン・スタランス)を訪ねて、彼女が初恋の相手であるジュリアン(クリシャン・ラルソン)に去られ、絶望に陥り放浪生活を始めたことを知った。革命200年を祝って花火が飛び交う夜のパリで、アレックスは見物客に得意の火吹き芸を披露し、その姿にミシェルは感動する。2人は互いの気持ちを確かめ合い、夜のポンヌフ橋で踊り狂い、街をさまよい、抱き合う。だが、地下鉄構内でチェロの音を聞き、それがジュリアンだと分かると狂ったように捜し回るミシェルに、アレックスは彼女がやがて橋を去るのではと不安を抱く。
カラックス監督による「ボーイ・ミーツ・ガール」(1983年:YouTubeのBoy Meets Girl - Original Trailer)、「汚れた血」(1986年:YouTubeのMauvais Sang Trailer - Juliette Binoche 1986)に続くアレックス3部作の3作目。
> YouTubeのLes Amants du Pont-Neuf Trailer - Juliette Binoche 1991

◆「メルシー・ラ・ヴィ」監督:ベルラン・ブリエ
※大学受験を控えたカミーユ(シャルロット・ゲンズブール)は、花嫁衣装姿で海岸に倒れていたジョエル(アヌーク・グランベール)と出会う。意気投合したふたりは反抗心にまかせて奇妙な冒険の旅に出る。夜の街、幾多の男たち、家族、戦争、性と暴力、さまざまな人生がモザイクのようにフラッシュバックされ、幻想の世界へと足を踏みいれていくふたり。過去と現在と未来が錯綜する中で、カミーユとジョエルの虚実が明らかになっていく。
二人の少女の時空を超えた旅の、異なる次元をモノクロとカラーで描き分けた幻想的な物語で、他に、ジェラール・ドパルデュー、ジャン・ルイ・トランティニャン、ミシェル・ブラン、アニー・ジラルドらが出演している。

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)6

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)6

■アメリカ映画

◆「マイ・ガール」監督:ハワード・ジーフ
※11歳の多感な少女ヴェーダ(アンナ・クラムスキー)は、葬儀屋を営むやもめの父親ハリー(ダン・エイクロイド)と祖母の3人暮らし。ある日家に若い女性シェリー(ジェイミー・リー・カーティス)がやってきて、死体のメークアップ係として雇われる。次第にハリーと親しさを増していくシェリーにヴェーダは不安を感じるが、そんな時彼女の心の支えになってくれたのが幼なじみのトーマス(マコーレー・カルキン)だった。彼は、秘かに恋心を抱く詩の先生ビクスラー(グリフィン・ダン)に会いに行くのにも付き合ってくれる。ハリーとシェリーの初めてのデートを邪魔して逃げ帰った時も、トーマスが一緒だった。だがハリーはヴェーダに衝撃的な告白をする。
> YouTubeのMy Girl Trailer

◆「マイホーム・コマンドー」監督:バート・ケネディ
※銀河系の彼方で悪の将軍スーターに捕らわれた惑星大統領を救出すべく、銀河系十字軍戦士シェップ(ハルク・ホーガン)が敵の宇宙船に乗りむが救出は失敗する。上司ザナック(ロイ・ドトリス)の命令で、シェップは地球で休暇をとることになる。カリフォルニアのある町に着いたシェップは、宇宙船をディスコの廃屋に隠し、バトルスーツを地球人の服に着替え、貸家の貼り紙を頼りにマジメな建築家チャーリー(クリストファー・ロイド)の家へ下宿する。チャーリーは妻ジェニー(シェリー・デュヴァル)と2人の子供との平和な生活を願う平凡な男で、シェップの常軌を逸した行動に頭を抱える。ついに彼の正体をつきとめようと後をつけ、ディスコの廃屋の宇宙船を発見するが…。
プロレスラー、ハルク・ホーガン主演による痛快B級SFコメディ。
> YouTubeのsuburban commando

◆「マクベイン」監督:ジェイムズ・グリッケンハウス
※ヴェトナム戦争終結の日、ベトコンの捕虜となっていたマクベイン(クリストファー・ウォーケン)は処刑寸前にサントス(チック・ヴュネラ)らに救出される。マクベインは必ず借りを返すとサントスに約束する。18年後、サントスは祖国コロンビアで政府の麻薬輸出に反抗し、革命軍を組織した。しかしサントスは革命成功の前にアメリカ政府の裏切りに遭い殺される。彼の妹クリスチーナ(マリア・コンチータ・アロンソ)はマクベインに助力を頼む。マクベインは戦友たち--刑事、医師、ボディガード(スティーヴ・ジェームズ)、億万長者フランク(マイケル・アイアンサイド)らに協力を求め、武器を調達してコロンビアに上陸する。
> YouTubeのMcBain trailer

◆「モブスターズ/青春の群像」監督:マイケル・カーベルニコフ
※1917年。ニューヨークは、ドン・ファレンザーノ(マイケル・ガンボン)と、ドン・マッセリア(アンソニー・クイン)の二大ギャングに牛耳られていた。子供の頃に父がファザレーノに脅迫されるのを見たルチアーノ(クリスチャン・スレーター)は、友人がギャングに殺された時、ファザレーノとマッセリアに復讐すると決意した。ある日、ルチアーノと友人のコステロ(コスタス・マンディラー)は、ランスキー(パトリック・デンプシー)というユダヤ人の若者をギャングから救った。これを機にランスキーの友人シーゲル(リチャード・グリーコ)を加えた4人は、ルチアーノをボスに一つのグループとして暗黒街で活躍することになった。密造酒で稼ぐようになり、頭角を現してきたルチアーノらは、若き新勢力としてファザレーノが注目しないわけがなかった。
アメリカン・ドリームを実現させようとした実在の四人の若者の姿を描いたギャング映画。
> YouTubeのMobsters (The movie) part 1

◆「夢の降る街」監督:テリー・ヒューズ
※ノースカロライナの孤島で祖母に育てられたマリーナ(デミ・ムーア)は、島に来たリオ(ジョージ・ズンザ)と結婚し、ニューヨークのグリニッチヴィレッジで、彼の経営するデリカテッセンを手伝うことになる。マリーナは得意の透視能力で客の注文の前に肉を準備したり、隣近所の人々の悩みを聞いてやったりしている。向かいで開業する精神科医のアレックス(ジェフ・ダニエルズ)は自分の患者や恋人までが、マリーナの言葉を信じるので呆れている。マリーナにセクシーなドレスを勧められた教会歌手のステラ(メアリー・スティーンバージェン)は、ナイトクラブでブルースを歌い、リオと意気投合して愛し合うようになる。一方、マリーナはリオの勧めでアレックスを尋ねるが…。
デミ・ムーアが金髪で予知能力を持つ純粋無垢なヒロインを演じたラブコメディ。
> YouTubeのButcher's Wife Slaps Jeff Daniels

◆「ゆりかごを揺らす手」監督:カーティス・ハンソン
※夫マイケル(マット・マッコイ)に娘のエマ(マデリン・ジーマ)と幸せに暮らすクレア(アナベラ・シオラ)は2人目の子供を身ごもり、産婦人科を訪れる。だが、医師のモットは診察するふりをして猥雑な行為に及んだ。マイケルの助言により、彼女は警察に訴えるが、これがマスコミに大きく取り上げられる。そして他に数人の女性が被害に遭ったことが判明するなか、モットはピストル自殺し、保険は州に没収される。妊娠中であったモットの妻ペートン(レベッカ・デモーネイ)はショックのあまり流産し、生命の危機から子宮を摘出される。一方クレアは無事に男児を出産し、ジョーイと名付けられた。そして6カ月後、ペートンはクレアへの復讐のため、過去を隠しジョーイのベビー・シッターとして雇われる。
他に、クレアの友人マリーンをジュリアン・ムーアが演じていて、そのマリーンの台詞に、「ゆりかごを揺らす手は世を支配する手」がある。
> YouTubeのTrailer The Hand That Rocks The Cradle(1992)

◆「ラスト・ボーイスカウト」監督:トニー・スコット
※かつてはシークレット・サービスとして輝かしい経歴を持つジョー(ブルース・ウィリス)だが、今では自暴自棄になり家庭も崩壊していた。護衛を頼まれていたダンサーのコリー(ハリー・ベリー)が殺される。彼女の恋人ジミー(デイモン・ウェイアンズ)はかつてはプロフットボールでロサンゼルス・スタリオンのQBとして活躍していたが、賭博容疑で追放されてからは鬱屈した人生を送っていた。ジョーはジミーと復活をかけて手を組み、事件の真相を探り始める。やがてスタリオンのオーナー、マーコン(ノーブル・ウィリンガム )によるフットボール賭博にまつわる陰謀を知る。
史上最高の値の付いたシェーン・ブラックのシナリオを、大物プロデューサーのジョエル・シルヴァーが製作、リドリー・スコットの弟トニー・スコットが監督で映画化。
> YouTubeのThe Last BoyScout (1991) - Trailer

◆「リコシェ 炎の銃弾」監督:ラッセル・マルケイ
※ロサンゼルスの新米警官ニック(デンゼル・ワシントン)はパトロール中に、取引き中のギャング全員を射殺し、金を横取りしようとしているブレイク(ジョン・リスゴー)に遭遇する。ニックは女性を人質に逃亡しようとするブレイクの膝を拳銃で撃ち、手下のキム(ジョッシュ・エヴァンズ)とともに逮捕する。偶然その現場を撮影したホームビデオがTVニュースで放送され、ニックは一躍ヒーローとなり、ついには検事補にまで出世する。ニックはその間に結婚して2人の娘もできて幸せの絶頂にいた。一方、ニックに逮捕されたブレイクは刑務所の中で、ニックへの復讐の計画を立てていた。そして7年目にキムとともに脱獄し、仲間を殺して自分が死んだように見せかける。ニックが自分にしたのと同じように、殺さずに彼の人生だけを破壊しようとするブレイクの執拗な復讐が始まった。
リコシェ(Ricochet)とはフランス語で、弾丸などの跳ね返り, 跳弾のこと。
> YouTubeのRicochet - movie - part 1/12

◆「リトルマン・テイト」監督:ジョディ・フォスター
※フレッド(アダム・ハン=バート)は生後数カ月で文字を理解し、4才で詩を書き、7才で環境問題で悩み、モーツァルトを完璧に弾きこなす天才児。そんなフレッドの唯一人の話し相手は少しハスッパな母親のディディ(ジョディ・フォスター)だった。だがフレッドの父親が誰なのかは分からなかった。そんなある日、母子のもとに天才児ばかりを集めた英才教育施設を主宰するジェーン・グリアソン博士(ダイアン・ウィースト)が訪ねてきた。ジェーンはフレッドを「頭脳オデッセイ」ツアーに参加させたいという。ディディは一度は断るが、フレッドのために、しぶしぶツアー参加を承諾する。ツアーでは数学の天才児デーモン(P・J・オクラン)にいじめられるが、やがて仲良くなる。ツアーを終えたフレッドは、さらにジェーンの勧めで夏の間ルイジアナのフィールド・ハート・カレッジに通うことになるが・・・。
自身、片親の下で天才子役と呼ばれて育ったジョディ・フォスターの初監督作。
> YouTubeのLittle Man Tate (trailer)

◆「ロシアン・ルーレット」監督:ニコラス・メイヤー
※CIAの腕利きエージェントだったサム(ジーン・ハックマン)は久し振りにCIA本部に呼び出された。そこで元CIA長官ジャッフェ(カートウッド・スミス)は、ソ連で捕虜となったパイロットのソベルと7年前に捕まったKGBのスパイ、ピーター(ミハイル・バリシニコフ)を200万ドルをつけて交換せよという。サムは資金源が麻薬組織であることに疑いを抱きながら仕事を引き受けた。翌日、サムは刑務所でグルシェンコと対面するが、彼もこの取引に不審の念を抱いていた。2人は指示通りベルリンに到着し、CIAのフリンと接触する。交換場所は地下鉄の廃墟だったが、今まさに人質が交換されようという時、サムは敵方から歩いてくるのがソベルではないことに気付く。激しい銃撃戦が始まるが何とか逃げのびた2人はゲイバーに身を潜める。サムはジャッフェに報告し、指示通りCIAの隠れ家へ向かう。危険を察知したピーターが、別行動をとっていたお陰で…。
巨大組織による陰謀に巻き込まれ帰る祖国を失った東西の腕利きエージェントの闘いを描いたサスペンス。
> YouTubeのCompany Business (Theatrical Trailer)

◆「ロケッティア」監督:ジョー・ジョンストン
※第二次大戦前夜の1938年。飛行機が好きでスタント・パイロットをしているクリフ(ビル・キャンベル)は、FBIとギャングのカーチェイスに巻き込まれ、親友の天才技師ピーヴィー(アラン・アーキン)設計の愛機を壊される。しかし、ギャングの隠したロケット・パックを発見する。この装置を付けて人助けをしたクリフは、正体不明のヒーロー・ロケッティアとして一躍有名になる。その頃クリフと喧嘩中の恋人ジェニー(ジェニファー・コネリー)は、憧れの二枚目ネヴィル(ティモシー・ダルトン)主演映画のに端役で出演していたが、ネヴィルは突然彼女に接近を始める。ロケットはハワード・ヒューズの発明で、ナチのスパイであるネヴィルはそれを兵器として使うため狙っていたのだ。
ディヴ・スティーヴンスの人気コミックを映画化した作品。
> YouTubeの"The Rocketeer" (1991) Theatrical Film

◆「わが街」監督:ローレンス・カスダン
※ロサンゼルスの弁護士マック(ケヴィン・クライン)はもう若くはないことに焦燥感を抱いており、その悩みを友人の映画プロデューサー、デイヴィス(スティーヴ・マーティン)に打ち明けるが、彼はてんで取り合わない。その帰り、マックは道に迷って物騒な黒人地区に迷い込んだところで車が故障する。そして車を見つけた黒人少年たちにからまれるが、サイモン(ダニー・グローヴァー)という男に助けられる。マックは「グランド・キャニオンにぜひ行くべきだ」と勧めるサイモンに感銘を受けた。一方、デイヴィスは白昼強盗に襲われ足を撃たれて入院する。ベッド生活を続けるうち、彼もまた自分を見つめ直し始める。ある日、マックの妻クレア(メアリー・マクドネル)が夫を送り出した後、日課のジョギングをしていると、藪の中に捨てられているヒスパニック系の赤ん坊を見つけた。彼女はその子を家に連れて帰り、世話を焼く。その頃、マックは職場で一度だけ関係を持った秘書ディー(メアリー・ルイーズ・パーカー)との問題でかき回され、帰宅するとクレアに赤ん坊を見せられて仰天する。
LAに住む6人の男女が、予期せぬ出会いによって微妙に絡み合い、変わっていく様子を描いてベルリン国際映画祭グランプリ(金熊賞)を受賞した作品。
> YouTubeのGrand Canyon Trailer (1991)

◆「私がウォシャウスキー」監督:ジェフ・カーニュー
※シカゴのタフな女探偵ヴィクことV・I・ウォシャウスキー(キャスリーン・ターナー)は、女の性を利用しようとする依頼を断って、友人のサルの店でヤケ酒を飲んで、カッコいい男を引っかけた。部屋に戻ると、女癖の悪い恋人の新聞記者マーリー(ジェイ・O・サンダース)が上がり込んでいて、さらにさっきの男、有名な元ホッケー選手ブンブン(スティーブン・ブーズ)が生意気な娘キャット(アンジェラ・ゴーサルズ)を伴いやって来た。トラブルに巻き込まれているらしいブンブンから1ドル出させて、正式な依頼人としたヴィクはキャットをしばらく世話するはめになる。その彼がミシガン湖の埠頭で爆死した。現場にはブンブンの二人の兄ホートン(フレデリック・コフィン)とトランブル(チャールズ・マコーハン)、ブンブンの元妻で現トランブル夫人のペイジ(ナンシー・ポール)がいた。悲嘆に暮れるキャットは母を毛嫌いしており、ヴィクにだけ心を開いた。ヴィクは彼女から再び1ドル受け取り、キャットは親友で初老の女医ペイジ(ナンシー・ポール)に預け、ブンブン殺しの捜査に乗り出した。
サラ・パレツキーの小説「レイクサイド・ストーリー」を基に映画化したハードボイルド。
> YouTubeのkathleen turner headko

◆「フィービー・ケイツの 私の彼は問題児(ドドンパ) 」監督:エイト・デ・ジョン
※ある日エリザベス(フィービー・ケイツ)は、夫チャーリー(ティム・マティソン)とバッグと車と仕事を奪われた。そんな彼女を元気づけるのは、キャリア・ウーマンのジェニー(キャリー・フィッシャー)だった。2人がアパートに戻ると、そこには母ポリー(マーシャ・メイソン)が待っていて、嫌がるエリザベスを無理に実家に連れ帰る。久し振りに帰った彼女は少女時代のオモチャの中から、ビックリ箱を見つけ出し、封を開けてしまう。そこから飛び出したのは彼女の想像上の友達フレッド(リック・メイオール)だった。
アンソニー・フィオグルトンが長女の空想話から想を得て、カルロス・デイヴィスと共同で脚本を書いた作品。
> YouTubeのDrop Dead Fred

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)5

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)5

■アメリカ映画

◆「花嫁のパパ」監督:チャールズ・シャイアー
※ローマで建築を学んでいた娘アニー(キンバリー・ウィリアムス)が久しぶりに帰ってきてパパ(スティーヴ・マーティン)とママ(ダイアン・キートン)大喜びだが、アニーはいきなり結婚宣言する。彼女の相手はブライアン(ジョージ・ニューバーン)といい、コミュニケーション・コンサルタントをしている若きエリート。彼のさわやかさにママは大感激だが、パパは娘を奪われるようで面白くない。そんなパパをよそに、結婚式の準備は進んでいく。披露宴は自宅でのパーティで招待客は500人以上。フランス帰り風のコーディネーター、フランク(マーティン・ショート)の提示した予算はベラボーだった。身内だけでこじんまりと考えていたパパは怒りを爆発させるが、ママに説得される。結婚式の前夜、眠れないパパとアニーが語らう庭に36年ぶりの大雪が降る。翌日、式はとどこおりなく終わり、披露宴が華やかに開始された。しかし、花嫁とダンスを踊ろうとあせるパパは、結局アニーに送る言葉さえ言えなかった。その時、空港のアニーから電話があり、パパはやっと娘に、送る言葉を優しくかけることができた。パパの横にはママがいた。やがて2人はどちらからともなく踊り始めるのだった。
スペンサー・トレイシー、エリザベス・テイラーが出演したヴィンセント・ミネリ監督の「花嫁の父」(1950年:YouTubeのFather Of The Bride - Original Trailer 1950)のリメイクした作品。
> YouTubeのFather Of The Bride - Invitations

◆「ビリー・バスゲイト」監督:ロバート・ベントン
※大恐慌の嵐が吹き荒れる1935年、ニューヨークの暗黒街に君臨するキャングのボス、ダッチ・シュルツ(ダスティン・ホフマン)は、彼と同じイースト・ブロンクス出身の青年ビリー(ローレン・ディーン)に声をかける。血気盛んなビリーは、機転を効かせ子分になり、やがて側近に成り上がっていった。ビリーにとって羽振りのいいダッチは成功の象徴であり、ダッチの片腕で命知らずの殺し屋ボー(ブルース・ウィリス)が美女をはべらせている姿は憧れであった。だが、あるときボーの裏切りが発覚し、ダッチは親友だったボーをボーの恋人ドリュー(ニコール・キッドマン)の目の前で冷酷に始末する。それはビリーにとって、成功への道と信じていたギャングの世界が、実は裏切りと殺しの横行する恐ろしい世界であると思い知る出来事だった。ダッチはビリーに、ボー殺しの秘密を知るドリューの監視を命ずる。知的で妖艶な人妻ドリューとビリーは、次第に愛を感じ始めていた。その頃ダッチは窮地に立たされる。禁酒法廃止後、当局はギャングの一掃に乗り出し、ダッチを脱税容疑で告発したのだ。
実在のギャング、ダッチ・シュルツの晩年を描いてアメリカでベストセラーになったE・L・ドクトロウの小説「ビリー・バスゲイト」を映画化。

◆「ビルとテッドの地獄旅行」監督:ピーター・ヒューイット
※ビル(アレックス・ウィンター)とテッド(キアヌ・リーヴス)は、近い将来、彼らのロックンロールで全世界を救済して英雄となる運命を担っていた。彼らを快く思わない悪の軍団のリーダー、デノロモス(ジョス・オークランド)は、二人を歴史から抹殺するために1691年の未来からビルとテッドのロボットを送り出した。簡単に殺された二人だが、地獄で死神グリム・リーバー(ウィリアム・サドラー)をボード・ゲームで負かして生き返る。その際、ビルとテッドのロボットを倒すために自分たちもロボットを作ることを思いつき、天国で火星人を紹介してもらって地上に戻った。ロボットを作り上げたビルとテッドは死神と火星人を伴い、ロボットの出演しているロック・バトルに乗り込む。
未来の救世主ののうてんきなロックンロール狂の高校生コンビが、前回の時間旅行に続き、今度は地獄と天国を股にかけた大冒険を展開するナンセンス・コメディ第2作。
> YouTubeのBill & Ted's Bogus Journey

◆「フォー・ザ・ボーイズ」監督:マーク・ライデル
※1942年、夫を戦場へ送り出し、4歳の息子ダニーと暮らすディクシー(ベット・ミドラー)の元に、アメリカナンバーワンのエンターテイナー、エディ(ジェームズ・カーン)の慰問団に加われとの叔父からの伝言が届いた。ディクシーはナチス空襲下のロンドンに行き、エディを相手に大活躍する。こうしてミラクル・コンビが誕生したのだった。ふたりは戦地を慰問して回る。そしてディクシーは北アフリカで夫と再会を果たすが、それが最後の別れとなってしまった。大戦後も夫婦役を演じるコンビの人気はとどまることを知らなかったが、朝鮮戦争への慰問の際に戦いの悲惨さを目の当たりにして打ちのめされたディクシーはエディとベッドを共にしてしまう。しかしエディが長年彼の台本書きを務めてきた叔父のアート(ジョージ・シーガル)をクビにしたことからディクシーは激怒し、コンビを解消してしまう。
ディクシーの一人息子ダニーを演じたクリストファー・ライデルは監督の実の子供である。
> YouTubeのIn My Life - Bette Midler (1991)

◆「フック」監督:スティーブン・スピルバーグ
※40歳になる弁護士ピーター(ロビン・ウィリアムズ)には、妻モイラ(キャロライン・グッドール)、息子ジャック(チャーリー・コースモ)、娘マギー(アンバー・スコット)の家族がいる。ところが子供たちは仕事に没頭しているピーターが大いに不満だ。クリスマス休暇に、バニング一家はモイラの祖母でピーターを孤児院から救ったというウェンディ(マギー・スミス)をロンドンに訪ねる。一家はウェンディの邸宅でしばらく滞在するが、ある夜大人たちが外出先から帰ると子供たちの姿はなく、ドアに脅迫文があった。「親愛なるピーター、子供を助けたければ姿を現わせ。ジェームズ・フック」何が起こったか見当もつかないピーターに、ウェンディが真実を告げる。ピーターはウェンディが孤児院から救ったのではなく、本当はネヴァーランドからやって来た永遠の子供〈ピーターパン〉だったのだ。信じられない思いのピーターの前に、小さな妖精ティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)が現れる。ティンクはピーターをシーツにくるみ、子供達を救う為にネヴァーランドへ飛び立つ。
スピルバーグによるSFXを駆使したピーター・パンの実写映画化で、他に、残忍なフック船長にダスティン・ホフマン、その腹心スミーにボブ・ホスキンス、そしてグレン・クローズ、グウィネス・パルトローらが出演している。
> YouTubeのHook - Trailer

◆「フライド・グリーン・トマト」監督:ジョン・アヴネット
※40代の専業主婦エヴリン(キャシー・ベイツ)とエド(ゲイラード・サーティン)の夫婦は倦怠期で、エヴリンは殆どチョコレート中毒の日を送っていた。ある日エヴリンは老人ホーム、ローズヒル・ホームで老女ニニー(ジェシカ・タンディ)と出会う。そしてエヴリンはニニーが始めた昔話を聞きにホームを訪れるようになる。その物語は今から50年前のアラバマ州での事。男の子のような少女イジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、大好きな兄バディの突然の事故死によって心を堅く閉ざしていた。そのイジーに唯一人近づいて心を開いてくれたのはバディのガールフレンド、ルース(メアリー・ルイーズ・パーカー)だった。愛する者を失った傷を共有する2人は、お互いになくてはならない存在になる。やがてルースは結婚するが、夫フランクは彼女に暴力をふるい、イジーは身重のルースを連れ帰る。2人は黒人も迎え入れる大衆食堂ホイッスル・ストップ・カフェを開店する。明るく気丈なイジーと女らしく心優しいルースの人柄、それと名物料理のフライド・グリーン・トマトで店は繁盛する。そこへフランクが「子供に会わせろ」と押しかけてくる。だが村祭りの夜、フランクは車ごと姿を消す。
ファニー・フラッグの小説「フライド・グリーン・トマト」を映画化した作品だが、イジーとルースの関係は単に「親友同士」とされており、原作における同性愛はほぼ消されている。この点について原作者のファニー・フラッグは不満であったらしい。
> YouTubeのFried Green Tomatoes trailer

◆「プラスティック・ナイトメア/仮面の情事」監督:ウォルフガング・ペーターゼン
※交通事故で瀕死の重傷を負ったダン(トム・ベレンジャー)は、献身的な妻ジュディス(グレタ・スカッキ)の看病で傷は癒えたものの記憶は戻らなかった。サンフランシスコで不動産のデベロッパーをしていることになっているが、豪奢な屋敷や仕事にも馴染めず、悪夢に悩ませられる日々が続いた。ある日、共同経営者ジェフ(コービン・バーンセン)の妻ジェニー(ジョアン・ウォリー・キルマー)からジュディスはジャックという男と浮気していたことを告げられる。私立探偵のガス(ボブ・ホスキンス)を雇い、ジュディスとジャックが自分の命を狙っていることを突き止める。しかし、ジュディスと対決したダンは、自分が本当はジャックであることを思い出す。
交通事故で記憶を失った男が自分の正体を突き止めようとする姿を、意表を突く斬新な展開で描いたスリラー。
> YouTubeのThe Moody Blues on cinema with "Nights"

◆「ブルーラグーン」監督:ウィリアム・A・グレアム
※無人島で育ったリチャードとエミリーンは子供を儲けたが、3人が乗ったボートが鮫に襲われ漂流する。それを1隻の船が発見するが、リチャードとエミリーンは既に死んでおり、子供だけが生き残っていた。船にはリリという幼い娘を抱えた未亡人のサラ(リサ・ペリカン)が乗っており、彼女は、生き残った赤ん坊にリチャード・ジュニアと名付け面倒を見る。ところが彼らの乗る船にコレラが発生し、サラと娘のリリ、そしてリチャードは小さなボートで脱出する。流れ着いた先は、偶然にもリチャードとエミリーンが育った島だった。月日が流れリリ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とリチャード(ブライアン・クラウズ)は立派な少年少女へと育った。
1980年にブルック・シールズ主演で製作された「青い珊瑚礁」(YouTubeのBlue Lagoon trailer from 1980!)の続編。
> YouTubeのReturn to the Blue Lagoon Trailer

◆「ホット・ショット」監督:ジム・エイブラハムズ
※20年前ジェット戦闘機が飛行中に事故を起こし、後部席のパイロットは脱出するが、前部席のパイロットは脱出装置が働かず墜落、ようやく逃げ出した所が狩猟地区でハンターに撃ち殺されてしまった。その不名誉な死を遂げたパイロットの息子がショーン・"トッパー"・ハリー(チャーリー・シーン)で、海軍の花形パイロットであったが父親の事故死が彼を自己破壊的精神障害へと追込み、今はインディアンの部落で暮らしていた。ある日海軍より今度の任務に是非必要だと復帰を求められ、古巣へと戻る。配属されたのは危険任務を遂行するために集められた[寝ぼけイタチ]というコードネームのどこかヘンなところのある人間ばかりによるエリートチームであった。
トップガン」を中心に、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「ナイン・ハーフ」「愛と青春の旅だち」などをネタにしたパロディ映画。
> YouTubeのHot Shots! (1991) - Original Theatrical Trailer

◆「ホット・スポット」監督:デニス・ホッパー
※テキサスの田舎町に流れ着いたハリー(ドン・ジョンソン)は、中古車店の店先にいたグロリア(ジェニファー・コネリー)に心惹かれ、そこのセールスマンになる。彼は社長のハーショウ(ジェリー・ハーディン)に言われて彼女と二人で農園主サットン(ウィリアム・サドラー)のもとに集金に出向くが、そこでグロリアはサットンの支払いを肩代わりする。その日店に戻ったハリーを社長の妻ドリー(ヴァージニア・マドセン)が誘惑し、2人は関係を持つ。ハリーは一夜限りのつもりだったが、ドリーは彼に執着する。そんな時、ふとした事で町の銀行が無防備である事を知ったハリーは、火事を起こして、その混乱の隙に銀行から大金を奪うが、盲目の老人の証言で警察に捕まる。だが、ドリーが彼のアリバイを証言する。それでもドリーを拒んだハリーは、グロリアがサットンに強迫されていることを知ってサットンを懲らしめ、グロリアと町を逃げ出そうとするが逆にサットンに銀行襲撃のことで脅迫される。ハリーは、サットンがグロリアの弱みに付け込んで彼女を襲う現場を目撃し彼を撃ち殺す。だが、実はグロリアと思われていたその女性はドリーであり、全ては彼女の仕組んだことだった。
個性派俳優デニス・ホッパーが、20年越しの構想を映画化した官能的なサスペンス映画。
> YouTubeのThe Hot Spot - il posto caldo

◆「ホワイトファング」監督:ランダル・クレイザー
※母と死別したジャック(イーサン・ホーク)は父親を訪ねてゴールド・ラッシュにわくアラスカにやって来る。父の友人アレキサンダー(クラウス・マリア・ブランダウアー)について犬ゾリで旅する途中、彼らは狼の群れに襲われる。そこで狼と犬の混血ホワイト・ドッグを撃ち殺すが、ホワイト・ドッグには一匹の子供がいた。数週間後、ジャックは、立ち寄ったインディアンの村でアイア・タックと名づけられ、育てられていたホワイト・ドッグの子と再会する。翌日、ヒグマに襲われかけたところをアイア・タックに救われ、ジャックとアイア・タックの間には信頼関係が生まれる。
> YouTubeのWhite Fang: Part 1

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)4

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)4

■アメリカ映画

◆「愛と死の間で」監督:ケネス・ブラナー
※1949年、新進作曲家ローマン・ストラウス(ケネス・ブラナー)はピアニストの妻マーガレット(エマ・トンプソン)を鋏で惨殺した罪で死刑を言い渡された。死刑執行の日、ローマンは事件を追ってきた新聞記者グレイ(アンディ・ガルシア)に、「妻を愛していた。永遠に愛し続ける」と告げ、記事に書くよう依頼して刑場に向かった。40年後、ある女性(エマ・トンプソン=二役)が、連日鋏を持った男に襲われる悪夢を見てうなされていた。記憶喪失の彼女は修道院で世話になっていたが、院長は彼女の身元調査を依頼するため、修道院育ちの私立探偵マイク(ケネス・ブラナー=二役)を呼ぶ。マイクは友人の記者ピート(ウェイン・ナイト)に彼女の記事を新聞に載せるよう手配すると、診察してもらおうと彼女を精神病院に連れて行った。だが精神病院のあまりの醜悪さに彼女が怯え、気の毒になったマイクは自宅に連れて帰る。記事が出ると悪戯電話が相次いだが、それより彼女が夜中にあげる叫び声の方がマイクを驚かせた。ある時、マドソン(デレク・ジャコビ)と名乗る男が現れ、催眠術を使って彼女の身元を調べたいと申し出た。翌日、マドソンの古美術店で彼女の過去を語らせる催眠療法が始まった。だが、彼女が語り出したのは前世の自分だった。
シドニー・ポラックが制作総指揮を務め、40年前のシーンはモノクロ、現在のシーンはカラーと描き分けている。ロビン・ウィリアムズとキャンベル・スコットが特別主演。
> YouTubeのDEAD AGAIN - HQ Trailer (1991)

◆「アザー・ピープルズ・マネー」監督:ノーマン・ジュイソン
※コンピュータ「カルメン」を操って、狙った会社をことごとく我がものにしている企業乗っ取り屋ラリー(ダニー・デヴィート)は、また新しいターゲットを見つけ出した。そのターゲットとは負債ゼロ、創業81年の優良企業ニューイングランド電信電話株式会社だった。ラリーはいつもの様に成功の報告を待つばかりだった。ところが決して妥協しない会長のジョーギー(グレゴリー・ペック)がそうはさせまいと立ち上がった。恐ろしいほど守りが固いジョーギーのアシスタント兼恋人のビー(パイパー・ローリー)や、ジョーギーの後継者で社長のウィリアム(ディーン・ジョーンズ)もラリーの障害となった。またビーの娘でニューヨークで働く美人弁護士ケイト(ペネロープ・アン・ミラー)もラリーにとっては手ごわいが魅力を感じる相手だった。ケイトを自分と対等に渡り合える敵と思ったラリーは、以後マネー・ゲームに加え恋のゲームを繰り広げる。
ジェリー・スターナーのオフ・ブロードウェイの人気舞台劇を映画化した作品。
> YouTubeのOther People's Money speech by Danny DeVito

◆「アメリカ物語2/ファイベル西へ行く」監督:フィル・ニベリンクサイモン・ウェルズ
※ニューヨークでつらい生活を送っているマウスクビッツ一家だが、タニヤと幼いヤーシャ、ファイヴェルの姉弟は夢を持ち続けていた。そんな折、一家はある集会で夢のような西部での生活について聞き、移住を勧められる。一家は早速西部に向かって列車に乗った。だがその集会は、悪党ミャオが仕組んだ罠だった。途中で、ファイヴェルはミャオたちの計画を聞いてしまい、手下のチュラに列車から突き落とされる。ファイヴェルが行方不明のままグリーン・リヴァーに到着した一家は、荒れ放題の地に失望するが、ミャオは言葉巧みに彼らを操る。一方、自力で西部に向かったファイヴェルは、偶然、さまよっていた親友のネコ、タイガーと再会する。そして彼らはグリーン・リヴァーに辿り着く。
スティーヴン・スピルバーグとロバート・ワッツ製作のネズミ一家の冒険ファンタジー。
> YouTubeのAn American Tail Fievel Goes West, movie (video) trailer preview and review

◆「ウェドロック」監督:ルイス・ティーグ
※フランク(ルトガー・ハウアー)は親友のサム(ジェームズ・レマー)、婚約者ノエル(ジョアン・チェン)と金庫破りをする。宝石の奪取には成功したが、サムの不注意により警察に追われる身となった。フランクは2人と別れ、警察を振り切って宝石を安全な所に隠した。だが、合流地点で待っていた2人はフランクを裏切り、銃弾を浴びせた。命はとりとめたが、捕まって監獄に送りこまれたフランクは、刑務所の監視が厳しくないことに気づく。その上、所長ホリデー(スティーブン・トボロウスキー)は企業の経営者のようだ。新しく入った囚人は全員ウェドロックと呼ばれる電子首輪をはめられた。その首輪は2人の囚人同志で電子的に繋がれており、2人の距離が100ヤード以上離れるか首輪を外そうとすれば自動的に爆発する仕組みになっていた。さらにパートナーがわからないことは相互監視にもなった。入所早々、フランクは代理看守のエメラルドから執拗なイビリを受けるが、背後でフランクの持つ宝石を狙うホリデーとサムとノエルが糸を引いていた。そんな中、美人女囚のトレイシー(ミミ・ロジャース)が接近してくる。彼女こそフランクのウェドロックで繋がったパートナーだった。
> YouTubeのRutger Hauer - Wedlock

◆「壁の中に誰かがいる」監督:ウェス・クレイヴン
※スラムの少年フール(ブランドン・アダムス)は、母と姉のルディ(ケリー・ジョー・ミンター)の3人で暮らし。母と姉の入院費を稼ごうとするフールだが、13歳の少年には簡単ではない。そんな時、アパートの家主(エヴェレット・マッギル)から、3倍の家賃を払えなければ立ち退くように言われる。姉の友達のリロイ(ヴィング・レイムス)とスペンサー(ジェレミー・ロバーツ)は、フールとともに家主から金貨を盗み出そうと計画する。まずスペンサーが下見に行くが戻って来ない。家主とその妻(ウェンディ・ロビー)が出掛けている間にリロイとフールは家に忍び込むが、そこでスペンサーの死体を発見する。家主の娘アリス(A・J・ランガー)はすぐ出て行くように言うがフールは耳を貸さない。そこへ家主夫妻が戻って来てリロイは殺される。追い詰められたフールは必死で扉の中に逃げ込み、そこで隠し通路を発見した。抜け出した彼に、待っていたアリスが恐ろしい秘密を語る。
家主夫婦役のエヴェレット・マッギルとウェンディ・ロビーは、「ツイン・ピークス」でローラ・パーマーの秘密の恋人ジェームズを親代わりとして面倒をみている叔父夫婦を演じていた。
> YouTubeのThe People under the Stairs (1991) - Lux Aterna

◆「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」監督:バーブラ・ストライサンド
※サウス・キャロライナのサリバンズ島に住む元教師トム(ニック・ノルティ)は、詩人である双子の姉サヴァンナ(メリンダ・ディロン)が2度目の自殺未遂を図ったと、父ヘンリー(ブラッド・サリヴァン)と別れた後再婚した母ライラ(ケイト・ネリガン)から聞かされる。トムは急いで姉が昏睡状態で病院のベッドに横たわるニューヨークへと向かった。そこでトムは姉のかかりつけの精神科医スーザン(バーブラ・ストライサンド)と出逢う。自殺の原因が幼年期にあると考えるスーザンに乞われて、トムは自分達の過去を少しずつ話し始めた。そして、サウス・キャロライナの小島で漁師をしている粗暴な父とそれに反発する母、兄のルーク、サヴァンナ、トムの一家5人で暮らしていたウィンゴ一家の、愛僧に満ちた夫婦・親子関係や、島の原子力発電所建設計画に反対し銃撃戦の末に死んだルークの姿などが明らかになる。そしてついにトムは、ある夏の日の悪夢の出来事をスーザンに告白する。それはサヴァンナの狂気を説き明かすものであると同時に、トム自身を過去から解放する告白でもあった。
バーブラ・ストライサンドの監督第ニ作目で、バーブラの実子ジェイソン・グールドがスーザンの息子ベルナードを演じた。
> YouTubeのThe Prince Of Tides (1991) - 3/16 -

◆「幸せの向う側」監督:ダミアン・ハリス
※ニューヨークで美術品の修復を手掛けるエイドリアン(ゴールディ・ホーン)は仕事で知り合ったジャック(ジョン・ハード)と結婚して6年目になるが、娘メリー(アシュレー・ペルドン)と3人幸福な生活を送っていた。しかし、美術館で働く夫が買いつけたネックレスが贋作とすり替えられる事件が発生してから、2人に微妙な隙間が生じる。そんな時、ジャックが自動車事故で死亡する。そしてエイドリアンは、社会保障の登録番号から夫ジャックは何年も前に死んだはずの人間の名前を偽っていた別の人間であったことを知って、夫の正体を探し始める。彼の母親や知人と会ううちに、夫が二重結婚をしていた事や事故死と見せかけて存命している事を突き止めるが、その頃夫は娘を人質にして逃亡していた。

◆「スキャンダラスな女/愛と欲望の私生活」監督:フレッド・オーレン・レイ
※ジェニファー(ヴァレリー・ワイルドマン)は、保険会社重役の夫バクスター(ジョセフ・ボトムズ)が浮気していると悩んで眠れず、睡眠薬を飲み過ぎて階段から落ち、車椅子の身になる。夫バクスターは妻を騙しながら、部下アンナ(マーゴ・ヘミングウェイ)との情事に耽っていたが、車椅子の妻のためにセクシーな看護婦リン(タニヤ・ロバーツ)を雇う。リンには夫殺しの嫌疑をかけられるという過去があったが、そのリンの過去を追っていたバクスターの部下ジェフ(ウィリアム・バトラー)は何者かに殺される。リンの不審な行動をバクスターは問い詰めるが、リンはバクスターが妻殺しを計画し、その罪を自分になすりつけようとしていると切り返し、そしてジェニファーを殺害するために手を結ぼうと提案する。
ボンド・ガールのタニア・ロバーツが主演のエロティック・スリラー。

◆「ダブル・インパクト」監督:シェルドン・レティック
※ビヴァリーヒルズのスポーツクラブでエアロビと空手のインストラクターをしているチャド(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)は、クラブの経営者で育ての親でもあるフランク(ジョフリー・ルイス)に連れられて香港へ向かう。彼はそこで、赤ん坊の時に生き別れ、今は密輸業者になった双子の兄弟アレックス(ヴァン・ダムの二役)に会う。フランクから、建築家だった父が、当時のパートナーで今は香港を代表する実業家となっているグリフィス(アラン・スカーフュ)に暗殺されたことを知らされた2人は、復讐を決意する。アレックスは、恋人でグリフィスの会社に勤めるダニエル(アロナ・ショー)に犯罪の証拠を探らせたが、ついに資料に行き当たった時、ダニエルはボディガードのカーラ(コリー・エヴァーソン)に捕まってしまう。
フランク役のジョフリー・ルイスは、ジュリエット・ルイスの父親。
> YouTubeのDouble Impact trailer

◆「バックドラフト」監督:ロン・ハワード
※幼い頃に消化作業中の父(カート・ラッセル)の死を目の当たりにしたブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)は、父の後を継いで消防士になるため故郷のシカゴに戻って来た。彼が友人のティム(ジェーソン・ゲドリック)と共に配属された17小隊には隊長を務める兄スティーブン(カート・ラッセル2役)や父の部下だったアドコックス(スコット・グレン)らがいた。着任早々、火災現場に向かったブライアンは、そこでスティーブンの英雄的な活躍を目にする。スティーブンのこうした勇敢な行動は、父の死の現場にいなかったという悔恨の念から来ていた。しかし、現場に駆けつけた火炎調査官リムゲール(ロバート・デ・ニーロ)はこの1件を放火だと断言する。彼は連続放火犯を追っていた。彼の話によると犯人は炎を熟知しており、バックドラフトを起こさせて、特定の人物を爆死させるだけで、火事を起こさせないようにしているという。現場で炎を前に尻込みしたブライアンは自信をなくし、リムゲールの助手になる。そして、消防署跡地開発という利権の存在を知る。
他に、ブライアンの恋人ジェニーにジェニファー・ジェイソン・リー、スティーブンの妻ヘレンにレベッカ・デモーネイ、市議会議員スウェイザクにJ・T・ウォルシュ、放火常習者ロナルドにドナハド・サザーランドが扮し、特撮はILMが担当した。
> YouTubeのBackdraft Trailer

◆「ハドソン・ホーク」監督:マイケル・レーマン
※怪盗ハドソン・ホーク(ブルース・ウィリス)が10年の刑期を終えて出所した。親友のトミー(ダニー・アイエロ)の店でくつろぐホークの前に保護観察官ゲイツ、零細マフィアのマリオ・ブラザーズ、CIAのカプラン(ジェームズ・コバーン)とその部下たちが現れた。彼らに美術品を盗み出すように脅迫され渋々引き受けたホークは、トミーと共にオークション会場に侵入し、<スフォルツア>を盗み出す。2人は<スフォルツア>をマリオ・ブラザースに届けるが、翌朝の新聞には「オークション会場に侵入した2人組の泥棒、失敗に終わる」と報じられていた。オークションが始まると、確かに昨夜盗んだはずの<スフォルツア>が出てきた。大金持ち風のジョージ&ダーウィンのメイフラワー夫妻(リチャード・E・グラント、サンドラ・バーンハード)が、それをセリ落とそうとしていた。ホークが隣りに座った謎の美女アナ(アンディ・マクドウェル)に声をかけた瞬間、巨大な爆発音が起こり、落ちてきたペガサス像に激突して失神する。
15世紀後半にダ・ビンチが発明した黄金製造機をめぐって展開される、快盗ハドソン・ホークと世界征服の企むメイフラワー夫妻、それにCIAの三つ巴の闘いを描いたアクション・コメディ。
> YouTubeのHudson Hawk (1991) "..HAPPINESS IS TO STEAL SINGING.."

◆「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」監督:サイモン・ウィンサー
※1969年のアメリカ独立記念日の夜、2年ぶりにロサンゼルスへ帰ってきたハーレーダビッドソン(ミッキー・ローク)は旧友マルボロマン(ドン・ジョンソン)と再会した。早速2人は馴染みの店、ロックンロール・バー&グリルへ向かうが、そこは何もかも昔のままだった。昔ハーレーは仲間ジャックの女である歌姫ルル(ヴァネッサ・ウィリアムス)に手を出して、ジャックの恨みを買っていた。彼に手荒い歓迎を受けたハーレーは素直に自分の非を認めたため、2人は友情を取り戻す。ただこの店は、国際空港開発のために立ち退きを要求されていた。店を続けるためには、250万ドルの借地料を銀行に支払わなければならない。ハーレーたちはその資金繰りのために銀行の現金輸送車を襲う。しかしその積荷から出てきたのはクリスタル・ドリームと呼ばれる新種のドラッグだった。翌日ハーレーとマルボロは銀行に乗り込み、クリスタル・ドリームと交換に250万ドルを要求する。銀行のボス・チャンス(トム・サイズモア)は取り引きに応じたが、その夜チャンスの部下たちが店を襲い、仲間が皆殺しにされてしまう。
派手なアクションに小粋で快適なテンポの演出の現代風西部劇。
> YouTubeのHARLEY DAVIDSON and the MARLBORO MAN - FORGOTTEN TREASURES

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)3

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)3

■アメリカ映画

◆「愛に翼を」監督:メアリー・アグネス・ドナヒュー
※内気な少年ウィラード(イライジャ・ウッド)は、母ローズマリー(イヴ・ゴードン)のお産の間、緑豊かな田舎町パラダイスに住む母の友人リリー(メラニー・グリフィス)の家に世話になることになった。途中ウィラードは不愛想な男(ドン・ジョンソン)とお転姿な少女ビリー(ソーラ・バーチ)に出会う。リリーは無口でとっつき難い女性だった。先ほど会った男はリリーの夫ベンだと分かったが、ウィラードは2人の間が冷めていることに気づいていた。ビリーとウィラードはすぐに親しくなった。2人は山を駆け、川辺で戯れた。しかし、そんな陽気な彼女も家庭に問題を抱えていた。ある日、ベンはウィラードにラジコン飛行機をプレゼントし、魚釣りに誘った。ベンとリリーは2年半前に3歳の子供を失っていて、そのことが夫婦の間にしこりを作っていたのだった。ベンはいつしかウィラードに息子の面影を見ていたのだ。
子供をなくしたことで溝ができた夫婦と少年の一夏のふれあいを描いたジャン・ルー・ユベール監督のフランス映画「フランスの思い出」(1987年:YouTubeのLe Grand Chemin - graveyard scene)をリメイクした作品。
> YouTubeのParadise (1991) Australian Home Video Trailer

◆「恋のためらい フランキー&ジョニー」監督:ゲイリー・マーシャル
※刑務所から出所したばかりでニューヨークの街角にあるアポロ・カフェで働き始めたコックのジョニー(アル・パチーノ)は、ウェイトレスのフランキー(ミシェル・ファイファー)に心惹かれる。ジョニーには同僚のコーラ(ケイト・ネリガン)が好意を寄せているようだ。そんなジョニーはフランキーを熱心な誘うがいっこうに乗ってこない。しかし従業員の送別会の夜、フランキーの冷たい態度にもメゲずにみんなの中で生き生きと踊るジョニーの陽気さに、フランキーは少しずつ心を動かされる。そしてその夜、2人は初めてのキスをかわし、ついに結ばれる。ジョニーは唐突にプロポーズするが、「子どもをつくろう」という言葉になぜかフランキーは逆上し家に閉じこもってしまう。数日後、フランキーが店に顔を出すと、ジョニーは自分が詐欺罪で18カ月刑務所にいたこと、離婚した妻と子がいることを打ち明けた。迫られれば迫られるほど自分の殻に閉じこもっていくフランキーだったが、ジョニーの暖かさにようやく心を開き、自分の過去を語り始める。
互いに過去に傷を持つ二人の男女の恋を描いた舞台劇の映画化。
> YouTubeの1991 - Frankie y Johnny - Trailer

◆「ドク・ハリウッド」監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
※ワシントンDCの病院でERに勤務していた外科医のベン(マイケル・J・フォックス)は、ERを辞めてビバリーヒルズで高収入の美容整形外科医になることにする。しかしベンは、面接を受けるため愛車のポルシェでビバリーヒルズに向かう途中で道に迷い、小さな田舎町グレイディで自動車事故を起こしてしまう。ベンは罰として32時間の医療奉仕をしなければならなくなり、おまけに医者不足で悩んでいたこの町の医者になるよう請われる。最初は不満をぶちまけていたベンも、診療所の美人助手ルー(ジュリー・ワーナー)と出会い、ビバリーヒルズで美容整形で儲けるという最初の決心もぐらつく。そしてベンは素朴に医者を信頼する患者たちに触れ、都会暮らしで荒んでいた彼の心も癒されて、本当に大切なことがわかっていく。
ニール・シュルマンの小説「ドク・ハリウッド」を映画化した作品。
> YouTubeのDoc Hollywood (Theatrical Trailer)

◆「ナイト・オン・ザ・プラネット」監督:ジム・ジャームッシュ
※〈ロサンゼルス、午後7時7分〉ワゴン・タクシーの運転手コーキー(ウィノナ・ライダー)と、新作の女優を探しに苦労している客キャスティング・エージェントのヴィクトリア(ジーナ・ローランズ)。ヴィクトリアは、コーキーに映画に出ないかと誘う。
〈ニューヨーク、午後10時7分〉若い黒人男ヨーヨー(ジャンカルロ・エスポジート)がやっと拾ったタクシーの運転手ヘルムート(アーミン・ミューラー・スタール)は、運転もろくにできず英語もたどたどしい東ドイツからの移民で今日が初仕事だった。
〈パリ、午前4時7分〉酔客を追い出したコートジヴォアール人運転手イザーク(イザーク・ド・バンコレ)のタクシーに、色を感じるという盲目の若い女(ベアトリス・ダル)が乗る。
〈ローマ、午前4時7分〉無線相手に喋りまくっていた運転手ジーノ(ロベルト・ベニーニ)は心臓の弱い神父(パオロ・ボナチェッリ)を乗せるが、ジーノの言葉に神父は心臓が止まってしまう。
〈ヘルシンキ、午前5時7分〉雪の街で運転手ミカ(マッティ・ペロンパー)は、酔いつぶれた男アキ(トミ・サルミラ)と同僚の労働者2人(カリ・ヴァーナネン、サカリ・クオスマネン)を乗せるが、2人はアキにとって今日がどんなに不運な1日であったかを説明する。
ロサンゼルス、パリ、ヘルシンキ、ローマ、ニューヨークを舞台に、タクシードライバーとその乗客の人間模様を描いたオムニバス映画。
> YouTubeのNight on Earth (Trailer)

◆「ニュー・ジャック・シティ」監督:マリオ・バン・ピーブルズ
※ドラッグ帝国ニュー・ジャック・シテイは、ドラッグを足がかりにのし上がったニーノ(ウェズリー・スナイプス)に牛耳られていた。そんなニーノを倒そうと黒人捜査官スコッディ(アイス・T)と白人警官ニック(ジャド・ネルソン)が執念を燃やす。スコッティは母親を麻薬患者に殺され、ニックは自らが元中毒者という経歴をもっていた。ある日、スコッティのスパイとなって潜入していたプーキー(クリス・ロック)が殺されたことを契機に、スコッティは自らおとりとなってニーノのふところに飛び込むことを決意する。そして、組織の内部ではニーノの幼なじみジー・マネー(アレン・ペイン)が叛旗を翻し、抗争が始まった。
黒人麻薬王フェリックス・ミッチェルの実話を基に制作された映画で、アメリカで映画を観て興奮した観客が機関銃を発射する事件が起きた。ニュー・ジャック・シテイとは黒人が使うニューヨークの俗称である。
> YouTubeのNEW JACK CITY Movie Trailer

◆「ニューヨーク恋泥棒」監督:リチャード・シェパード
※ルーシー(ロザンナ・アークェット)は、クラブ「ダリ」で働きながら、エスケープ(脱出)・マジシャンを目指していた。そんな彼女に、イギリスから来たプレイボーイのバーテンのモンティ(デイヴィッド・ボウイ)が、グリーンカード目当ての偽装結婚を持ちかける。あこがれのフーディーニの結婚指輪を買うため大金が必要なルーシーは、「ダリ」に強盗に入ろうと計画する。そしてモンティには結婚する代わりに強盗の手助けを条件として出す。ルーシーの友達で過激なランジェリーのデザイナー、ヴィヴィアン(エスター・バリント)を強盗に仕立て、3人は店の売り上げを奪う。ところが、フーディーニの指輪が既に売れていたショックでルーシーはモンティとの結婚の約束を忘れてしまう。
ミュージシャンとして、また俳優として活躍しているデビッド・ボウイの主演作。
> YouTubeのThe Linguini Incident Trailer

◆「ハード・ウェイ」監督:ジョン・バダム
※最近スランプ気味の人気アクション・スター、ニック(マイケル・J・フォックス)はアイドルから脱却し大人の役を演じたいと望んでいた。そんなニックは次回作で刑事を演じることになっていたが、TVで見たニューヨーク市警の殺人課刑事ジョン(ジェームズ・ウッズ)と行動を共にすれば刑事役がこなせると思い、エージェントのアンジー(ペニー・マーシャル)の止めるのも聞かずNYに飛ぶ。連続殺人鬼のバーティ・クラッシャー(スティーブン・ラング)を追うジョンは署長に言われてニックを捜査に同行させることをしぶしぶ承知する。だが、子供のようなニックは行く先々でジョンの足手まといになるばかり。おまけに同居すると言い出したり、恋人スーザン(アナベラ・シオラ)とのデートにまで現われるに至ってはジョンの我慢も限界に達し、ニックを手錠で繋ぐと1人で捜査に出かけてしまう。ところがジョンの留守にスーザンに会いに行ったニックはギャングに襲われ、危うい所をジョンに救われる。その夜、クラッシャーを追って駆けつけた現場でニックは誤って一般人を射ってしまう。顔面蒼白となるニックにジョンは罪は自分がかぶるからロサンゼルスに帰れと言うが、それはニックを厄介払いするためのジョンの罠だった。
> YouTubeのthe hard way - trailer 1991

◆「ハートブルー」監督:キャスリン・ビグロー
※ロサンゼルスのベニス・ビーチで、元大統領のマスクを被った4人組による銀行強盗が続発していた。FBIのベテラン捜査官パパス(ゲーリー・ビジー)とハーヴァード大学出の新人捜査官ジョニー(キアヌ・リーブス)が捜査に当たった。2人は事件の手口からサーファーの仕業だと推測し、ジョニーはおとりとしてサーファーグループに潜入する。かつてフットボール選手としてならしたジョニーもサーフィンは初めてだった。そこで海辺であった美人サーファーのタイラー(ロリ・ペティ)に教わるが、いつしか二人は愛しあうようになる。やがてジョニーは、サーファーたちから一目置かれている男ボディ(パトリック・スウェイジ)と出会い、互いに信頼と友情を深めていく。しかしジョニーは、ふとしたきっかけからボディが銀行強盗の犯人ではないかと疑い始める。だが、その直後に起こった強盗事件でジョニーは犯人を寸前のところで取り逃すが、一瞬ボディの姿を見るのだった。ボディもまたジョニーがFBIであることを知り、彼を消そうとジョニーをスカイダイビングに誘う。そしてボディはタイラーに参加することを強制する。
サーファー仲間である銀行強盗犯との友情と任務の間で揺れるFBIのエリート捜査官を描いたアクション映画。
> YouTubeのPoint Break Trailer

◆「ハイランダー2/甦る戦士」監督:ラッセル・マルケイ
※西暦2024年の地球は既にオゾン層を失い、科学者グループが開発した巨大なシールドに覆われていた。開発者のひとりであるマクラウド(クリストファー・ランバート)は、今や65歳の老いた身だった。彼は惑星ザイストから地球に追放され、超人たちと闘った末に最後の超人となり、首を切り落とされない限り永遠の生命を保つハイランダーから人間へと変わったのだ。そんなシールドに覆われて、常に高温・高湿という不快な地球の気候を管理しているのがネイマン(アラン・リッチ)率いるシールド・コーポレーションだ。だが、シールドの破壊を企てるコバルトと呼ばれる一団の指導者ルイーズ(ヴァージニア・マドセン)がマクラウドに接近する。その頃、マクラウドの前に惑星ザウストの悪の将軍カターナ(マイケル・アイアンサイド)から送り込まれた刺客2人が現れる。マクラウドは彼らを倒して再び超人ハイランダーになった。彼は共に宿敵カターナと闘うため超人ラミレス(ショーン・コネリー)を復活させる。
不老不死の超人たちの戦いを描いた「ハイランダー 悪魔の戦士」の続篇。ハイランダーとは、「高地人」の意味で「スコッランド人」の意味もある。
> YouTubeのHighlander 2: The Quickening (Theatrical Trailer)

◆「裸の銃(ガン)を持つ男2 1/2」監督:デビッド・ザッカー
※全米エネルギー政策の新提案を目前に控えていたマインハイマー博士(リチャード・グリフィス)の研究所が爆破されるという事件が起きる。現場へ現れたドレビン警部(レスリー・ニールセン)は、そこでかつての恋人ジェーン(プリシラ・プレスリー)と再会する。彼女は研究所の広報部長を務めていたのだ。しかし現在の彼女には、ヘキサホン石油の社長ハプスバーグ(ロバート・グーレ)という恋人がいた。実はこのハプスバーグこそ全米エネルギー政策が自分たちに有利となるよう博士を誘拐し、博士のそっくりさんを雇って政策を変更させようとしていたのだ。一方、爆破事件の容疑者サヴァージ(アンソニー・ジェームズ)を追跡していたドレビンは、彼の乗る車がハプスバーグのものであることを知り、一味の陰謀に気づく。ジェーンとの仲も再燃し、2人でエネルギー政策が発表されるプレス・クラブへ向かう。
デヴィッド・ザッカー監督の弟であるジェリー・ザッカー監督の「ゴースト ニューヨークの幻」をはじめ、「E.T. 」などのパロディ満載のシリーズ第二弾。
> YouTubeのThe Naked Gun 2 1/2 The Smell Of Fear - TRAILER

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)2

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)2

■アメリカ映画

◆「心の旅」監督:マイク・ニコルズ
※患者に告訴された大病院を救った敏腕弁護士へンリー(ハリソン・フォード)は、煙草を買いに入ったドラッグストアで、たまたま出くわした強盗に撃たれて重傷を負い、記憶喪失になってしまう。妻子のことも思い出せずにリハビリ・センターで心を閉ざし続けていたヘンリーも、トレーナーのブラッドレー(ビル・ナン)の明るい看護により、やがて退院できることになった。彼を待つ妻のサラ(アネット・ベニング)と娘のレイチェル(ミッキー・アレン)は、自分たちのことを思い出せないヘンリーを悲しみつつも、以前とは別人のように優しくなったヘンリーに喜びさえ感じはじめる。だが、もう以前のような有能な弁護士ではなく、裕福な生活は望めなかった。そして、サラが浮気をしていた。
社会風刺をきかせながら娯楽性も高い作品が多いマイク・ニコルズ監督作。
> YouTubeのregarding Henry - trailer 1991

◆「死の接吻」監督:ジェームズ・ディアデン、原作:アイラ・レヴィン
※貧しいが才覚と容姿に恵まれたジョナサン(マット・ディロン)の子供の頃からの夢は、大富豪カールソン家の財産を奪うことだった。やっと今、その完璧な計画を実行に移す時がきた。大学在学中から交際し結婚を約束していたカールソン家の娘ドロシー(ショーン・ヤング)を自殺に偽装して殺害した。また自分も自殺したように見せかけて前歴を消し去った。そして今度はニューヨークに飛び、ドロシーの双子の姉エレン(ショーン・ヤング)に接近する。言葉巧みにエレンの心をつかんだジョナサンは、ついにエレンと結婚してカールソン家に入り込み、エレンの父ソール(マックス・フォン・シドー)の信頼を得てゆく。ジョナサンは計画の成功を確信するが、その頃、妹の死に疑惑を抱いて独自に調査を進めていたエレンは、ついに大学時代ドロシーと交際していた男がいたことを知る。だが、すんでのところで証拠を握る人物はジョナサンに殺害されてしまう。もちろんまだエレンはその男が自分の夫となるはずの男であろうとは気づかなかった。しかしドロシーの友人であったパトリシアがバラバラ死体で発見されるに及んで、エレンはそこに何らかの関連をかぎとる。
ロマン・ポランスキー監督の「ローズマリーの赤ちゃん」の作者アイラ・レヴィンの処女小説「死の接吻」の、ガード・オズワルド監督の邦題「赤い崖」(1956年)についで2度目の映画化となる作品。

◆「ジャングル・フィーバー」監督:スパイク・リー
※若くて野心を持った有能な建築家フリッパー(ウェズリー・スナイプス)は、妻のドリュー(ロネット・マッキー)と十歳になる娘のミングの三人家族で、ハーレムの中でも裕福な人々が暮らす一角に住んでいる。妻との仲は円満で、娘ともオープンな会話が出来る家族だ。そんなある日、会社に出たフリッパーは二人組の経営者ジェリーとレスリーから、前任の黒人秘書にかわる新しい秘書アンジー(アナベラ・シオラ)というイタリア系の白人女性を紹介される。アンジーの家族は、ブルックリンのベンソンハーストに住むカトリックの貧しいイタリア系だ。幼馴みの恋人ポーリー(ジョン・タトゥーロ)は、父ルー(アンソニー・クイン)のドラッグストアで働く繊細な若者だった。家に帰りたくなくて残業していたアンジーとフリッパーは話してるうちに、その場でセックスをしてしまう。やがてフリッパーは経営陣に加われないことを知って会社を辞めてしまう。その後も2人はら関係を続けた。フリッパーは高校教師の親友サイラス(スパイク・リー)に交際を告白し、アンジーも友人に彼との関係を教えてしまう。ある日、フリッパーが家に帰ると、ドリューが彼の持ち物を窓から投げ捨てていた。アンジーも父親の鉄拳の制裁を受けた。そして2人はアパートで暮らし始める。ドリューは友達に訴えた。「私は半分白人で白い肌なのに、彼は本物の白人女を求めたのよ」。ポーリーの店では常連客は話し合う。「イタリア女はイタリア男では我慢できないのさ」と。
フリッパーの兄ゲイターを演じたサミュエル・L・ジャクソンがカンヌ国際映画祭助演男優賞を受賞した。ハル・ベリーのデビュ作でもある。
> YouTubeのJungle Fever Trailer (1991)
※挿入歌はスティーヴィー・ワンダーが担当した。「ジャングル・フィーヴァー
> YouTubeのmcv(Stevie Wonder)Jungle Fever

◆「真実の瞬間(とき)」監督:アーウィン・ウィンクラー
※売れっ子の映画監督デイヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)は仕事のし過ぎでルーヌ(アネット・ベニング)と離婚していたが、1人息子のポーリー(ルーク・エドワーズ)を交えて親しい付き合いをしていた。そんなある日、パーティで突然女優のドロシー(パトリシア・ウェティッグ)が夫のシナリオ・ライター、ラリー(クリス・クーパー)をなじり始めた。彼が共産主義者を取り締まるためハリウッドの映画人にも魔女狩りまがいの弾圧を加えているHUAC(非米活動委員会)に友人を売ったというのだ。翌日、映画界のタイクーン、20世紀フォックス社の社長ザナック(ベン・ピアザ)から呼び出しを受けたデイヴィッドは弁護士のグラフ(サム・ワナメイカー)を紹介され、ブラック・リストに名前が挙がっているので、誰かを売ることを勧められる。断固拒否したデイヴィッドが帰宅するとドロシーがFBIの力により息子の保護権を奪われいた。友人の監督ジョー(マーティン・スコセッシ)も逮捕を予期してロンドンへ発ってしまった。デイヴィッドは仕事を奪われ、撮影所には出入り禁止となる。そんな時、力になったのはルースだけだった。やがて、デイヴィッドも非米活動委員会に喚問される日が来た。
マッカーシー共和党上院議員が主導して1948年頃から1950年代半ばのアメリカで起きた激しい反共運動「マッカーシズム=赤狩り」によりメディア、映画産業、政治家、軍隊などで多くの人が魔女狩りともいうべき攻撃にさらされ、告発された映画関係者は、チャーリー・チャップリン、ジョン・ヒューストン、ウィリアム・ワイラーなど数百人に上った。告発者として協力した映画人はエリア・カザン、ウォルト・ディズニー、ゲーリー・クーパー、ロバート・テイラー、ロナルド・レーガン(後のアメリカ大統領)などが知られている。これに対して、非米活動委員会は憲法と権利章典に違反するとして、ダニー・ケイ、ジュディ・ガーランド、ヘンリー・フォンダ、ハンフリー・ボガート、グレゴリー・ペック、カーク・ダグラス、バート・ランカスター、フランク・シナトラ、キャサリン・ヘプバーン、ベニー・グッドマンなどが反対運動を起こした。
> YouTubeのTrailer Guilty By Suspicion

◆「スター・トレックVI 未知の世界」監督:ニコラス・マイヤー
Blu-rayは、「スター・トレックVI 未知の世界
※23世紀の宇宙で、惑星連邦の宿敵クリンゴンの衛星プラクシスが大爆発して半分以上が吹き飛んだ。そのため大気を汚染されたクリンゴンは、あと50年で滅びてしまう。そこでクリンゴン帝国の宰相ゴルゴン(デイヴィッド・ワーナー)は惑星連邦に講和を申し入れてきた。連邦はゴルコンの護衛にUSSエンタープライズを指名し、カーク艦長(ウィリアム・シャトナー)以下乗組員がその任にあたる。しかし我が子をクリンゴンに殺されているカークは、ゴルコンを信じることができない。そんな折、ゴルコンの乗る船が襲撃された。光子魚雷を発射したのは、なんとエンタープライズだった。しかし、カークはそんな命令を出した覚えはない。混乱の中、ゴルコンは何者かに暗殺され、カークとドクター・マッコイ(ディフォレスト・ケリー)は犯人として流刑惑星ルラペンテでの終身刑を言い渡される。ゴルコンの娘アゼトバーは、父の遺志を継いで和平交渉の使者となる。一方エンタープライズでは、ミスター・スポック(レナード・ニモイ)が事件の調査を開始していた。
レナード・ニモイ他の原案で地球連邦と宿敵クリンゴンとの和解交渉を描いた人気SFシリーズの第6弾。
> YouTubeのStar Trek VI - The Undiscovered Country - Trailer

◆「訴訟」監督:マイケル・アプテッド
※弱者の弁護に人生を捧げてきた弁護士のウォード(ジーン・ハックマン)は、全米有数の自動車会社アルゴの自動車メレディアンを欠陥車として訴訟を起こそうとしていた。一方、ウォードの娘マギー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)も弁護士になっていたが、父が名声とはうらはらに女性関係で母エステル(ジョアンナ・マリーン)を泣かせてきたことで彼を憎み、父娘は長い間いがみあっていた。マギーはアルゴ社の顧問弁護士でもある業界有数のクイン法律事務所に勤めており、このメレディアン訴訟の裁判を出世のチャンスにしようと、上司であり恋人でもあるマイケル(コリン・フリールズ)に頼み込み、この裁判を担当することになった。やがて裁判が開始され、父と娘は法廷で激しくやりあうが、その争いにショックを受けたエステルは脳血栓で倒れ、他界してしまう。その死をきっかけに父と娘は心を通い合わせるが、ひとたび裁判のこととなると激しい口論となった。だがマギーは、メレディアン設計チームのパベル(ヤン・ロービッシュ)から車は欠陥車であることを知らされる。
> YouTubeのSCREEN GODDESSES: Mary Elizabeth Mastrantonio

◆「ドアーズ」監督:オリヴァー・ストーン
※ベトナム戦争が泥沼化する1965年、UCLA映画科の学生ジム(ヴァル・キルマー)は、瞳のきれいな少女パメラ(メグ・ライアン)に一目惚れし、付き合うようになる。その頃、ジムは授業で自作の映画を上映していたが、自らのバンドを持って既にLAで活躍していた学生レイ(カイル・マクラクラン)により詩人としての才能を高く評価されていた。こうしてジムをボーカルにロックバンド「ドアーズ」が生まれた。「ハートに火をつけて」をひっさげたドアーズは、ライブバンドとして頭角を現わし、ジムの人気も急上昇していった。だが、当時のアメリカの世相を反映して次第にドアーズは暴動を扇動するバンドと受け取られ、ジムは反逆のカリスマに祭り上げられる。だが、音楽と詩によってその向こうにある何かを模索しようとするジムの行為は、やがて彼の詩を理解しようとしない大衆と衝突する。ドアーズは、コンサートのキヤンセルやステージでの猥褻行為による逮捕、起訴とますます破壊的な色彩を濃くしていく。パメラもジムの奇行に悩み、衝突するが、2人の絆はそれ以上のものがあった。ジムもよくこう言っていた。「俺は詩人で、パメラはミューズ(詩の女神)だ」。1971年のアメリカ独立記念日の前日に当る7月3日、パメラと住むパリのアパートの浴室でジムは心臓発作のため、突然27年の波乱の生涯を閉じた。その3年後、パメラもジムの後を追うように自殺する。
> YouTubeのThe Doors Movie, Oliver Stone 1991 (Legendado)

◆「ドクター」監督:ランダ・ヘインズ
※歌いながら執刀する心臓外科医ジャック(ウィリアム・ハート)は、インターンにも「患者に特別な感情は抱くな」と教える。だから意識のない患者にまで話しかける耳鼻科のブルムフィールド(アダム・アーキン)を軽蔑していた。彼の友人は医療ミスで訴えられたことをジョークにするカプラン(マンディ・パティンキン)だった。高級車と豪華な邸宅を持つジャックは、妻アン(クリスティン・ラーティ)の帰宅時間や息子ニッキー(チャーリー・コースモ)の学校のパーティを忘れても気にかけない。しかしある日、ジャックは車の中で吐血する。診断は喉頭ガンだった。翌日から治癒率80%の放射線治療が始まった。患者となったジャックは待合室で長時間待たされ、医師の都合で日時を変更され、誤って浣腸をされる。彼は末期ガン患者のジューン(エリザベス・パーキンス)と知り合う。彼女は高価な検査を受けられず、病気を知った時には既に手遅れだったのだ。ジャックは事務的にしか患者に接しないレスリーから、ブルムフィールドに執刀医を替え、カプランにはカルテ改ざんを告発することを伝えた。それは、彼自身の責任が問われることも意味していた。
ランダ・ヘインズ監督と主演のウィリアム・ハートは、本作の5年前にも「愛は静けさの中に」(1986年:YouTubeのChildren of a Lesser God)でコンビを組んでいた。
> YouTubeのThe doctor - William Hurt

1990年代

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)1

1991年の主要な映画(アカデミー賞等受賞作以外)1

■アメリカ映画

◆「愛を殺さないで」監督:アラン・ルドルフ
※殺人事件の重要参考人であるシンシア(デミ・ムーア)の取り調べが主任捜査官ウッズ(ハーヴェイ・カイテル)らによって始められようとしていた。彼女の幼馴染みジョイス(グレン・ヘドリー)は結婚式の日からヤク中のろくでなしの夫ジェームズ(ブルース・ウィリス)との諍いが絶えなかった。ある日、女二人で気晴らし計画したカーニバルにジェームスがついてきた。そこでシンシアが目を離した隙にジョイスがジェームズを殺していた。二人は死体を捨て、口裏を合わせて殺人の事実を隠そうとする。しかし、帰宅したシンシアは夫アーサー(ジョン・パンコウ)に話してしまう。金儲けしか頭にないエゴイストのアーサーはシンシアをなじり、警察に事実を伏せるよう命じた。やがて死体が発見され、二人はうまく切り抜けたが、シンシアがアーサーに話したことを知ったジョイスは激怒し、アーサーの口を塞がなければと言う。やがて、子供と一緒に家を空けたシンシアは、ジョイスからの電話でアーサーは家に一人だと言ってしまう。シンシアが帰宅すると、アーサーは殺されていた。
> YouTubeのMortal Thoughts - movie - part 1/12

◆「愛の選択」監督:ジョエル・シューマカー
※25歳になるヒラリー(ジュリア・ロバーツ)は、恋人に裏切られて失意の日々を送っていたが、新聞で病人の看護婦募集の広告を見て、サンフランシスコの豪邸を訪ねる。多くの募集者がいてヒラリーは一旦は簡単に断られるが、なぜか呼び戻されて採用される。実はヒラリーの採用は、父親リチャード(デイヴィッド・セルビー)の意向に反して、当の病人であるビクター(キャンベル・スコット)のたっての願いだった。彼は28歳で10年前から白血病と闘っていた。看護を始めたヒラリーは闘病のあまりのすごさに一時は仕事を辞めようかと悩むが、負けん気の強い彼女は白血病の本を読み、本気で看護に取り組む。ビクターはクリムトの絵やクラシック音楽を愛する教養溢れる青年で、ヒラリーに芸術を語って聞かせる。最初は環境や教養の違いに違和感を感じていた2人だったが、次第に心を通わせるようになる。ある日、2人はドライブに出掛け、衝動的に郊外の貸別荘を借りる。その別荘での楽しい療養生活を送るが、現在の暮らしを失いたくない彼は再び起きた発作を彼女に知らせずにいた。
死を見つめる男女の愛を描いたマーティ・ラインバックの小説「愛の選択」を映画化した作品。
> YouTubeのDying Young Theatrical Trailer

◆「アウト・フォー・ジャスティス」監督:ジョン・フリン
※ニューヨーク・ブルックリンの麻薬担当刑事ジーノ(スティーヴン・セガール)は、相棒の刑事ボビーが麻薬捜査のもつれから家族の目の前で暴漢に襲われ殺される。ジーノは犯人を挙げるために手荒な捜査を始める。やがて犯人がジーノの子供時代のライバルだった麻薬中毒患者のリッチーであると判明する。麻薬のために凶暴になったリッチーは、街中を逃げまわりながら、次々と無意味な殺戮を繰り返す。やがてジーノが捜査を進めていくうちに、殺された刑事ボビーの秘密とリッチーがボビーを殺した動機が明らかになる。
> YouTubeのOut for Justice - trailer 1991

◆「あなたに恋のリフレイン」監督:ジェリー・リース
※アメリカ最大の歯磨き粉製造会社の御曹司チャーリー(アレック・ボールドウィン)はハリウッドきっての大物プロデューサー、ルー・ホーナー(ロバート・ロッジア)の娘アデル(エリザベス・シュー)との結婚を六日後に控えて幸せそのものだった。そして、友人のフィルら4人組と独身最後の大騒ぎをしようとラスベガスへ向かう、だが、チャーリーがそこのカジノのステージで出会ったのが歌姫ビッキー(キム・ベイシンガー)だった。一目ぼれしたチャーリーは彼女に近づき、彼女の自宅での夜の密会を約束させた。おおっぴらに会えないのは、ビッキーが有名なギャングスター、バグジー(アーマンド・アサンテ)の愛人だったからだ。だが、バグジーはとっくにそれをお見通しで、密会はすぐさまバレてしまい、セックスの現場をギャングたちに押さえられてしまう。そこでバグジーは二人に対してある罰を科す。その罰とは、二人の結婚だった。しかし、二人は反発し合い、翌朝離婚する。ところが3ヶ月後に再開した二人はまたまた・・・
喜劇の名手ニール・サイモンの脚本を得て、ディズニーの元アニメーターであるジェリー・リースが実写映画デビューを飾った作品。
> YouTubeのKim Basinger - Let's Do It (Uma Loira Em Minha Vida)

◆「インディアン・ランナー」監督:ショーン・ペン
※ネブラスカの実直なパトロール警官ジョー(デヴィッド・モース)は、抵抗する被害者を射殺したことが苦い悔恨として残つている。ジョーにはメキシコ人の妻マリア(ヴァレリア・ゴリノ)と幼い子供が1人、近所には老いた父(チャールズ・ブロンソン)と母(サンディ・デニス)がいた。ジョーにはフランクという性格の粗暴な弟がいた。フランクはベトナム戦争から3年振りに帰ってきたがまた何処かへと姿を消した。半年後、ジョーはフランクが刑務所に入っているのを知り、その出所の日、彼を迎えにいく。だがフランクを出迎えたのはドロシー(パトリシア・アークェット)という女だった。仲睦まじい2人を見てジョーはすぐには名乗れずに2人を追ってホテルの部屋を訪ね再会を果たす。しかし喜びもつかの間、家族を不幸が次々と襲った。
俳優ショーン・ペンの脚本・監督による第一回作品で、デニス・ホッパーやベニチオ・デル・トロが出演。
> YouTubeのTHE INDIAN RUNNER (1991) −movie trailer

◆「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」監督:アレック・ケシシアン
※マドンナのステージと私生活及びマドンナの周囲の人々の映像によって構成されたドキュメンタリー。デヴィッド・フィンチャーの代役として監督と務めた26歳の新人アレック・ケシシアンは、命令を無視してマドンナの私的な時間にもカメラを回し続けたため、公私を隔てないスターの虚と実に迫る長編ドキュメンタリーとなった。エグゼクティブ・プロデューサーはマドンナ自身が担当している。フィルムは90年5月にスタートしたワールド・ツアー、ブロンド・アンビション・ツアーのステージ及び舞台裏を中心としたもので、東京公演に始まり、アメリカ、ヨーロッパへと移動していく。マドンナの故郷ボストンでの父親を舞台にあげて観客と共に誕生日を祝うシーン、カナダで過激なパフォーマンスをステージから削るよう警察から指示されるシーンなども収録。また私生活では当時の恋人ウォーレン・ビーティがカメラから逃げるしぐさ、マドンナのステージをニートと評したケビン・コスナーがコケにされる場面や、アル・パチーノ、ジャン=ポール・ゴルチェ、マット・ディロン、アントニオ・バンデラスなどが顔を見せている。ライブシーンはカラー、オフシーンはモノクロで撮影されている。
> YouTubeのIn Bed With Madonna

◆「オスカー」監督:ジョン・ランディス
※1931年禁酒法下のシカゴで、スナップスのニックネームで知られたギャングの親分アンジェロ(シルヴェスター・スタローン)は、「父危篤」の知らせを聞いて家にとんで帰った。父エドアルド(カーク・ダグラス)はアンジェロに、「堅気になれ、堅気になって家名を立て直せ!」と遺言を残し死ぬ。それから1カ月、スナップスはカタギの生活を始めようとするが、片腕のアルド(ピーター・リーガート)、用心棒コニー(チャズ・パルミンテリ)らはやたらと親分を連発する始末。それに警察も監視の目をゆるめず、敵対する組織も抗争の機会を伺っている。そんな時、アンソニー(ヴィンセント・スパーノ)という若い公認会計士が、スナップスの娘リサ(マリサ・トメイ)と結婚させてほしいとやって来る。驚いたスナップスは「娘が欲しければ全財産を差し出せ」と彼を追い返す。そこへ今度はテレサ(エリザベス・バロンド)という娘がやってきて父親になって欲しいという。テレサは、アンソニーと結婚するためにスナップスを父だと嘘をついてしまったのだった。アンンニーの相手はリサでないと安心したスナップスは、アンソニーがクライアントをちょろまかして手に入れたという宝石のつまった鞄を、そ知らぬ顔でうけとった。ところがクビにされたメイドのノラが、邸を出るときに自分の下着入りの鞄と宝石の入った鞄をまちがえてしまい…
シルベスター・スタローンが初のドタバタコメディに挑戦した作品。
> YouTubeのOscar 1991 Trailer

◆「KAFKA 迷宮の悪夢」監督:スティーヴン・ソダーバーグ
※1919年の混沌としたプラハ。カフカ(ジェレミー・アイアンズ)は昼は事務員として働き、夜は屋根裏部屋で小説を書くという単調な毎日を送っていた。だがある夜、友人だった同僚が失踪たため、ただひとりで調査を開始する。しかし、同僚の恋人ガブリエラ(テレサ・ラッセル)は奇妙なことにそんな男は知らないと言ってカフカを誘惑する。その夜遅く、カフカは突然呼び出されて死体置き場で友人の遺体を確認する。グルーバック刑事(アーミン・ミューラー・スタール)は自殺と断定するが、カフカは強い疑問を抱く。次の夜、彼はガブリエラに誘われてアナーキストの集会に出席し、死んだ友人が医療記録部門のミスで<城>に呼び出されていたことを知る。彼らに<城>の秘密を探るよう依頼されたカフカは事務所長(アレック・ギネス)を訪ね、記録のすべてが、<城>に送られていることを発見する。そして、カフカがアナーキストたちの集会場へ行くと、彼らは全員殺されていた。翌日深夜、男に城へ連行されそうになったカフカはビズルベック(ジェローン・クラッベ)という男に助けられ、墓地にある城への秘密の通路を聞き出す。潜入に成功したカフカが見たものは、複雑に入り組んだ官僚主義の悪夢そのものの迷宮だった。そして、医療部門の責任者ムルナウ博士(イアン・ホルム)こそが一連の事件の真犯人であった。
セックスと嘘とビデオテープ」でカンヌ国際映画祭最年少グランプリ監督となったスティーヴン・ソダーバーグ監督がカフカの虚構世界を斬新な手法で映像化した長編第2作。
> YouTubeのKafka (1991) Trailer

◆「メル・ブルックス/逆転人生」監督:メル・ブルクス
※ロサンゼルスの大富豪でビジネスの天才ボルト(メル・ブルックス)は、ダウンタウンのスラム街にボルト・シティを建設する計画に情熱を燃やしている。だが、彼のライバルであるバンス(ジェフリー・タンバー)と土地を巡って衝突し、ボルトはバンスの提案した「金もカードもなくスラム街で30日間生きぬいたら自分の所有地をやる」という賭けに乗る。そしてその間の事業はプリチャード(スチュアート・パンキン)ら3人の弁護士に任せて、浮浪者のなりでスラムにやって来た。だが現実のスラムは厳しく、ボルトは一夜の宿にも困る始末だったが、買い物袋に全財産を入れて持ち歩く女性浮浪者、いわゆるバッグ・レディであるモリー(レスリー・アン・ウォーレン)に出会い、助けられる。また彼女と接することでボルトの考え方に大きな変化が起こってくる。だがバンスは約束を破り、プリチャードらを買収してボルトの会社を乗っ取ってしまう。
メル・ブルックスが製作・監督・共同脚本・主演の4役をこなした人情味溢れるコメディ。
> YouTubeのTrailer - Life Stinks (1991)

◆「ケープ・フィアー」監督:マーティン・スコセッシ
※レイプの罪により14年間の獄中生活を終えたマックス(ロバート・デ・ニーロ)は、自分が裁判に敗れたのは弁護士サム・ボーデン(ニック・ノルティ)のせいだと思い復讐の念を燃やしていた。そしてサムばかりか妻のレイ(ジェシカ・ラング)や娘ダニエル(ジュリエット・ルイス)の前にも姿を現す。愛犬が殺され、またサムの愛人ローリー(イレーナ・ダグラス)が襲われるが、マックスの犯行とは断定できない。マックスがダニエルにまで接近したことを知ったサムは私立探偵カーセク(ジョー・ドン・ベイカー)を雇い、力づくでマックスを町から追い出そうとするが、強靭な肉体のマックスには歯が立たず、逆に暴行罪で告訴されてしまう。焦るサムは自宅にマックスをおびき寄せるが、またもや逆襲にあう。せっぱつまった一家は、夜、密かに町を離れハウスボートのあるケープ・フィアーへ向かった。しかしマックスは、執拗に追ってくるのだった。
ジョン・D・マクドナルドの小説「恐怖の岬」のリー・トンプソン監督による「恐怖の岬」(1962年)につづく2度目の映画化で、前作でマックスとサムを演じたロバート・ミッチャムとグレゴリー・ペックに探偵役だったマーティン・バルサムがカメオ出演している。
> YouTubeのCape Fear - Trailer
人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。