中年映画館 > 1980年代 > 1989年の主要な映画2(アカデミ賞主要部門等の受賞作以外)

1980年代

1989年の主要な映画2(アカデミ賞主要部門等の受賞作以外)

1989年の主要な映画2(アカデミ賞主要部門等の受賞作以外)

◆「恋人たちの予感」監督:ロブ・ライナー
※ある男女の11年にわたる愛と友情の軌跡を描いたロマンティック・コメディ。
大学を卒業したばかりのハリー(ビリー・クリスタル)とサリー(メグ・ライアン)は、ハリーの恋人がサリーの親友であることから経費節約のために同じ車でニューヨークへ行くが、事あるごとに2人の意見は衝突する。それから5年後、ジョン・F・ケネディ空港で出張の見送りに来た恋人ジョンとキスをしているサリーのもとにハリーが姿を現わす。飛行機で席を替わってもらい隣り合わせになった二人はまたも口論してしまう。さらに5年後、離婚直前のハリーと、ジョンとの別れから立ち直ろうとしているサリーが再会した。これを機会に2人は友達同士になり、デートを重ねるようになるが…。
> YouTubeのWhen Harry Mey Sally - trailer
※ロブ・ライナーは、1947年3月6日ニューヨーク市ブロンクス生まれ。父は「スティーブ・マーティンの 四つ数えろ」などで知られる映画監督のカール・ライナー。子役時代から演劇の経験を積みテレビの演出も手掛ける。1974年と1978年にエミー賞助演男優賞を受賞。1984年、架空のバンド・スパイナルタップの全米ツアーの模様をメンバーなどのインタビューを交えドキュメントした「スパイナル・タップ」(YouTubeのCriterion Trailer 11: This is Spinal Tap)で監督デビュー。その後も俳優や制作と活躍している。
ロブ・ライナーの他の監督作には、森の奥にあるという事故死体を探しに出かけた4人の少年たちの小さな冒険旅行をリヴァー・フェニックス、リチャード・ドレイファス、キーファー・サザーランド他の共演で描いた「スタンド・バイ・ミー」(1986年:YouTubeのStand By Me (trailer))、猛吹雪の中で事故に遭ったため狂信的な読者と共に閉じ込められた人気作家の恐怖をジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ共演で描いた「ミザリー」(1990年:YouTubeのmisery)、キューバ米海軍基地で起った不審な殺人事件をめぐる人々の対立を トム・クルーズ、デミ・ムーア、ジャック・ニコルソン共演で描いた「ア・フュー・グッドメン」(1992年:YouTubeのYou Can't Handle The Truth)、子供のフリーエージェント(FA)制を宣言して理想の両親を求めて世界中を旅する少年をイライジャ・ウッド、ブルース・ウィリス共演で描いた「ノース ちいさな旅人」(VHSのみ:1994年:YouTubeのNORTH part1of8)、一人の男として恋に落ちてしまったアメリカの現職大統領の姿をマイケル・ダグラス、アネット・ベニング共演で描いた「アメリカン・プレジデント」The American President (1995年:YouTubeのThe American President - Theatrical Trailer)、創作に行き詰まった小説家が女性速記者の力を借りて恋愛小説を書き上げるまでをケイト・ハドスン、ルーク・ウィルソン、ソフィー・マルソー共演で描いた「あなたにも書ける恋愛小説」(2003年:YouTubeのTrailer of the film "Alex and Emma")、亡き母が映画「卒業」のモデルだったことを知って結婚の迷いを解くために噂の相手を訪ねる女性の姿を ジェニファー・アニストン, ケビン・コスナー, シャーリー・マクレーン共演で描いた「迷い婚-すべての迷える女性たちへ」(2005年:YouTubeのRumor Has It trailer)、癌で余命6ヵ月を宣告された実業家と自動車整備工が病室で出会い互いの余生を最高のものにするべく出かける生涯最後の冒険旅行をジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン共演で描いた「最高の人生の見つけ方」(2007年:YouTubeのThe Bucket List (2007) Movie Trailer)などがある。

◆「ドゥ・ザ・ライト・シング」監督:スパイク・リー
※ニューヨーク・ブルックリンの黒人街ベッドフォード・スタイヴェサント。街の小さなラジオ局“ウィ・ラブ・ラジオ”をひとりで運営しているミスター・セニョール・ラブ・ダンディ(サム・ジャクソン)のDJがモーニング・コールになって、その年一番の暑さを記録する夏の一日が始まった。ピザ屋のイタリア系アメリカ人のオーナー、サル(ダニー・アイエロ)は、その日も近所の黒人たちにピザを売っていた。黒人の店員ムーキー(スパイク・リー)は、仕事の暇をみつけては恋人のティナ(ロージー・ペレズ)と会っている。黒人客のバギン・アウト(ジャンカルロ・エスポジート)は、ピザ屋にイタリア系スターの写真しか飾られていないのを見て、黒人スターの写真を飾るようにサルに抗議するが聞き届けられず、ボイコットで対抗する。またサルは、巨大なビート・ボックを持って店にやって来たレディオ・ラヒーム(ビル・ナン)ともトラブルを起こしていた。やがて暑かった1日も終わろうとしている日暮れ時、サルがレディオ・ラヒームのビート・ボックを叩き壊し、やってきた警官がレディオ・ラヒームを羽がいじめにして窒息死させてしまう。こうしてピザ屋は黒人たちの暴動の舞台となり火の海となる。
> YouTubeのDO THE RIGHT THING
※スパイク・リーは、1957年3月20日ジョージア州アトランタ生まれ。幼い頃に家族でニューヨークのブルックリンに転居している。父は著名なジャズ・ベーシスト、母は教師で作家。1985年初の商業映画を製作。その後は社会的・政治的な問題を扱った作品を多数発表。プロデューサー、作家、俳優としても活躍している。
スパイク・リーの他の監督作には、ジョン・コルトレーンの神に対する愛を謳った「至上の愛」にのせて1人のジャズ・ミュージシャンの人生をデンゼル・ワシントン、ウェズリー・スナイプス共演で描いた「モ’・ベター・ブルース」(1990年:YouTubeのMo Better Blues trailer a Spike Lee Joint)、黒人男性と白人女性の恋愛が巻き起こす波紋をウェズリー・スナイプス、アナベラ・シオラ、スパイク・リー共演で描いた「ジャングル・フィーバー」(1991年:YouTubeのJungle Fever Trailer (1991))、黒人解放運動の伝説的指導者で1965年に凶弾に倒れたマルコムXの生涯をデンゼル・ワシントン、アンジェラ・バセット共演で描いた「マルコムX」(1992年:YouTubeのMalcolm X Trailer)、スパイク・リーがニューヨーク・ブルックリンで過ごした自身の少年時代をアルフレ・ウッダード、デルロイ・リンド共演で描いた「クルックリン」(1994年:YouTubeのCrooklyn (1994))、若者の心身を蝕む麻薬と銃の汚染をテーマにハーヴェイ・カイテル、ジョン・タトゥーロ共演で描いた「クロッカーズ」(1995年:YouTubeのClockers - A Spike Lee Joint)、全米の黒人男性約150万人による首都ワシントンでのデモ行進に参加するための長距離バスに乗り合わせた男たちの姿を描いた「ゲット・オン・ザ・バス」(1996年:YouTubeのGet on the Bus Trailer (1996))、バスケットボールを通じて父と息子の絆をデンゼル・ワシントン、レイ・アレン、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演で描いた「ラストゲーム」(1998年:YouTubeのRay Allen vs. Denzel Washington - He Got Game (1998))、1977年夏のNYで実際に起こった<サムの息子>連続殺人事件で人生を狂わせた人々の姿をジョン・レグイザモ、エイドリアン・ブロディ、ミラ・ソルヴィーノ共演で描いた「サマー・オブ・サム」(1999年:YouTubeのSUMMER OF SAM - Trailer - HQ)、15人の監督による「時」に関連した10分間の作品で構成するオムニバスでスパイク・リーの「ゴアVSブッシュ」はゴアの選挙戦略アドバイザーや腹心がアメリカ大統領選の勝敗を決定したと思われる数分間をもう一度たどった「10ミニッツ・オールダー/人生のメビウス」(2002年:YouTubeのTen Minutes Older:The Trumpet (trailer))、25時間後に刑務所へ収監される男の一日をエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン共演で描いた「25時」(2002年:YouTubeの25t hour)、失職してしまった元エリートが子供をほしがるレズビアンたちに自分の精子を売る様をアンソニー・マッキー、モニカ・ベルッチ、ウディ・ハレルソン他の共演で描いた「セレブの種」(2004年:YouTubeのShe Hate Me)、銀行強盗と事件解決に奔走する捜査官や女性交渉人の心理戦をデンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター共演で描いた「インサイド・マン」(2006年:YouTubeのInside Man)、第二次大戦中のイタリアで一人の少年を助けた4人の黒人兵たちの運命を描いた「セントアンナの奇跡」(2008年:YouTubeのMiracle at St. Anna trailer 2008 HD)などがある。

◆「ブラック・レイン」監督:リドリー・スコット
※容疑者逮捕の際に現金が減っいたことで疑いをかけられているニューヨーク市警のニック・コンクリン部長刑事(マイケル・ダグラス)は、ある日同僚のチャーリー(アンディ・ガルシア)と食事中のレストランで、マフィアのボスが日本人2人組に襲撃される事件に遭遇する。激しい格闘の末に犯人の佐藤(松田優作)を逮捕したニックとチャーリーは、佐藤を護送するために日本へ向かう。だが大阪空港での犯人引き渡しの際に、偽警察官に佐藤をだまし取られた2人は、銃を所持しないという条件で大阪府警の松本警部補(高倉健)の監視下に置かれる。そんな折、大阪の「クラブ・ミヤコ」で殺人事件が起きた。
日米の刑事の活躍と友情を描き、松田優作の遺作となった。
> YouTubeのBLACK RAIN - Trailer - HQ
※松田優作は、1949年9月21日山口県下関市で日本人の父と在日韓国人の母の間に産まれた。私生児として育つ。1973年人気刑事ドラマ「太陽にほえろ!」にジーパン刑事として出演。1973年、平井和正のウルフガイ・シリーズを志垣太郎主演で映画化した松本正志監督の「狼の紋章」で映画デビュー。1989年11月6日癌で死去。40歳。
松田優作の他の出演作には、幕末の坂本竜馬暗殺の真実とその背後にある無名志士たちを原田芳雄、石橋蓮司、中川梨絵共演で描いた黒木和雄監督の「竜馬暗殺」(1974年:YouTubeの黒木和雄監督 竜馬暗殺)、チンピラ四人組の欲望のおもむくままの衝動的な行動を大門正明、河原崎建三、佐藤蛾次郎共演で描いた澤田幸弘監督の「あばよダチ公」(1974年)、暴力教師と言われながら澱んだ社会に挑戦するかつて非行少年だった新進教師と非行少年たちの葛藤を舘ひろし、安西マリア共演で描いた岡本明久監督の「暴力教室」(1976年:YouTubeの松田優作 暴力教室 予告編)、誰も怖くて申し出のない上意討ちを藩一番の臆病者が独創的な方法でやり遂げる山本周五郎の同名小説の高橋洋子、五十嵐淳子、岸田森共演で映画化した大洲斉監督の「ひとごろし」(1976年)、黒人青年殺害に端を発し日本とアメリカを舞台にこの事件を捜査する刑事と容疑者ら戦後30年にわたる様々な人間の生きざまを三船敏郎、岡田茉莉子、岩城滉一共演で描いた佐藤純彌監督の「人間の証明」(1977年:YouTubeのジョー山中/人間の証明 -PROOF OF THE MAN- (ACOUSTIC VERSION))、財界組織の恐しさを知りながら果敢に挑む男の姿を荒木一郎、田坂圭子共演で描いた村川透監督の「最も危険な遊戯」(1978年:YouTubeの『最も危険な遊戯』M-25T2)、抗争中の暴力団の双方に相手の組長殺しを請け負うと持ち掛ける殺し屋を中島ゆたか、佐藤蛾次郎共演で描いた村川透監督の「殺人遊戯」(1978年:YouTubeの松田優作 殺人遊戯 予告)、からくり人形を造り続けてきた玩具メーカー社長一族で起こった連続殺人事件に挑む探偵の活躍を篠ひろ子, 野際陽子, 沖雅也共演で描いた児玉進監督の「乱れからくり」(1979年:YouTubeの大野雄二「乱れからくり」(1979))、大金をめぐる三人の男と一人の女の友情と殺意を岩城滉一、志賀勝、竹田かほり共演で描いた澤田幸弘監督の「俺達に墓はない」(1979年)、昼は平凡なサラリーマンを装い夜になると身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を風吹ジュン、佐藤慶共演で描いた村川透監督の「蘇える金狼」(1979年:YouTubeの松田優作 蘇える金狼 予告)、行きずりの女の命と引き替えに1人の殺し屋を殺すという依頼を強要された殺し屋の姿を りりィ、森下愛子、佐藤慶共演で描いた村川透監督の「処刑遊戯」(1979年:YouTubeの松田優作 処刑遊戯 予告編)、戦地を渡り歩いた元カメラマンが翻訳の仕事に身を隠し管理社会に犯罪で挑む姿を小林麻美、風間杜夫共演で描いた村川透監督の「野獣死すべし」(1980年:YouTubeの『野獣死すべし』予告編)、生活のために私立探偵をやる元刑事で売れないロックシンガーの活躍を辺見マリ、蟹江敬三共演で描いた工藤栄一監督の「ヨコハマBJブルース」(1981年:YouTubeの松田優作 ヨコハマ BJ ブルース 予告編)、重なる偶然から知り合った謎の美女の誘いで現世ともあの世ともつかぬ世界で翻弄される劇作家の姿を大楠道代、加賀まりこ、楠田枝里子共演で描いた鈴木清順監督の「陽炎座」(1981年)、高校受験を控えた中学生のいる家族と家庭教師の姿を伊丹十三、由紀さおり、宮川一朗太共演で描いた森田芳光監督の「家族ゲーム」(1983年:YouTubeの家族ゲーム予告編)、殺人事件に巻き込まれた私立探偵と女子大生が事件を解決し愛を育むまでを薬師丸ひろ子共演で描いた根岸吉太郎監督の「探偵物語」(1983年:YouTubeの松田優作 探偵物語 オープニングとエンディング)、明治後期の東京を舞台に親友の妻への愛に悩む男の姿を描いた夏目漱石の小説「それから」を藤谷美和子、小林薫共演で映画化した森田芳光監督の「それから」(1985年)、二つの組織が対立する新宿にフラリと現れて抗争に巻き込まれる記憶を失った男を描いた松田優作監督・主演の「ア・ホーマンス」(1986年)、エミリ・ブロンテ原作の「嵐が丘」を田中裕子共演で映画化した吉田喜重監督の「嵐が丘」(1988年)、歌人・与謝野晶子を中心に愛に芸術に社会運動に生きた男女の姿を吉永小百合、緒形拳共演で描いた深作欣二監督の「華の乱」(1988年)などがある。

◆「リーサル・ウェポン2 炎の約束」監督:リチャード・ドナー
※LAのダウンタウンで、リッグス(メル・ギブソン)とマータフ(ダニー・グローヴァー)の2人の刑事は、暴走する車の中から大量のクルーガーランド金貨を見つけた。逃亡した運転手は死体となって発見される。2人は、麻薬組織のマネー・ローンダリングを担当し、邪魔な存在となった今、組織から命を狙われている銀行員レオ(ジョー・ペシ)の護衛を命じられる。レオは、組織の影のボスの家に2人を案内する。そして、激しい銃撃戦とカーチェイスの末に捕えた人物は、南アフリカの外交官ラッド(ジョス・アックランド)だった。だが、治外法権に守られている外交官のラッドは釈放される。事件を嗅ぎつけられたことを知ったラッドは、麻薬取引で儲けた莫大な金を国外へ運び出す準備を始め、また自分の正体を知るリッグスたちを殺そうと企む。
巨大麻薬組織に立ち向かうロス市警の2人の刑事の戦いを描いたリチャード・ドナー監督のシリーズ第2作。
> YouTubeのLethal Weapon 2-Full-Movie Trailer
※メル・ギブソンは、1956年1月3日ニューヨーク州ピークスキル生まれ。1968年オーストラリアに移住。オーストラリア国立演劇学院で学び、1979年ジョージ・ミラー監督の「マッドマックス」(YouTubeのMad Max trailer)でスターに。また監督、プロデューサーとしても活躍。1995年、13世紀末に悪政に苦しむスコットランドの独立と解放を目指して戦った実在の英雄ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた「ブレイブハート」(YouTubeのBraveheart (1995)-Trailer)でアカデミー監督賞を受賞。
メル・ギブソンの他の出演作には、アメリカがヴェトナム戦争に深入りするきっかけになった1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦いで敵味方を問わず多くの尊い命が失われていったことをマデリーン・ストウ共演で描いたランダル・ウォレス監督の「ワンス アンド フォーエバー」(2002年:YouTubeのWe Were Soldiers (2002) - Trailer)、ミステリーサークルが出現したことをきっかけに次々に起こる怪奇現象をホアキン・フェニックス共演で描いたM.ナイト・シャマラン監督・製作・脚本の「サイン」(2002年:YouTubeのSigns trailer)、朽ち果てたホテルに住みついた人々をジェレミー・デイヴィス、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演で寓話的に描いたヴィム・ヴェンダース監督の「ミリオンダラー・ホテル」(2000年:YouTubeのThe Million Dollar Hotel (2000)-Trailer)、アメリカ独立戦争を勝利に導いた愛国者の死闘をヒース・レジャー、ジョエリー・リチャードソン共演で描いたローランド・エメリッヒ監督の「パトリオット」(2000年:YouTubeのthe patriot trailer)、広告代理店を舞台に女性の考えが声として聞こえる男とキャリアウーマンの恋をヘレン・ハント共演で描いたナンシー・メイヤーズ監督の「ハート・オブ・ウーマン 」(2000年:YouTubeのWhat Women Want (2000) - Trailer)、裏切られて全てを失った男の復讐をグレッグ・ヘンリー、ジェームズ・コバーン共演で描いたブライアン・ヘルゲランド監督の「ペイバック」(1998年:YouTubeのPayback Trailer)、 「究極兵器(リーサル・ウェポン)」と異名をとるリッグス刑事(メル・ギブソン)と相棒のマータフ刑事(ダニー・グローバー)のコンビが繰り広げるチェイニーズ・マフィアとの壮絶な闘いを描いたリチャード・ドナー監督の「リーサル・ウェポン4」(1997年:YouTubeのTrailer "Lethal Weapon 4" (1998)) 、巨大な陰謀に触れたことから危難に巻き込まれていくタクシー運転手と司法省の女性弁護士(ジュリア・ロバーツ)を描いたリチャード・ドナー監督の「陰謀のセオリー」(1997年:YouTubeのConspiracy Theory (Theatrical Trailer))、一人息子を誘拐した犯人と戦う父親の行動をレネ・ルッソ、ゲイリー・シニーズ共演で描いたロン・ハワード監督の「身代金」(1996年:YouTubeのTrailer Ransom -1996-)、西部を渡り歩くギャンブラーと美貌の女スリに謎の保安官を加えた3人の珍道中をジョディ・フォスター、ジェームズ・ガーナー共演でユーモア豊かに描いたリチャード・ドナー監督の「マーヴェリック」(1994年:YouTubeのMaverick (1994)-Trailer)、将来に不安を抱く少年と顔に傷を負った元教師の理解と友情を ニック・スタール共演で描いたメル・ギブソン監督・主演の「顔のない天使」(1993年:YouTubeのThe Man Without A Face (1993) trailer)、事故で昏睡状態に陥った恋人の回復を待つため人工冬眠の実験台になった男が50年後の世界で目覚めかっての恋人と結ばれる姿をジェイミー・リー・カーティス、イライジャ・ウッド共演で描いたスティーヴ・マイナー監督の「フォーエヴァー・ヤング」(1993年:YouTubeのForever Young (1992) trailer)、元警官が強奪した上に密売した警察の押収武器と特殊弾薬・コップ・キラーの捜査をするリッグス刑事(メル・ギブソン)と相棒のマータフ刑事(ダニー・グローバー)、それに美貌の内務監査部のコール刑事(レネ・ルッソ)の活躍を描いたリチャード・ドナー監督の「リーサル・ウェポン3」(1992年:YouTubeのlethal weapon 3-trailer 1992)、家庭思いの黒人刑事と自殺志望の刑事が麻薬組織を潰滅させるまでの活躍をダニー・グローヴァー共演で描いたリチャード・ドナー監督の「リーサル・ウェポン」(1987年:YouTubeのLethal Weapon 1 (1987)-Trailer)、荒涼たる砂漠と化した近未来の地球を舞台に子供だけの国の存亡をかけて闘うマックスの姿をティナ・ターナー共演で描いたジョージ・ミラー、ジョージ・オギルヴィー監督の「マッドマックス/サンダードーム」(1985年:YouTubeのMad Max 3 - Beyond Thunderdome (1985) - Trailer)、メル・ギブソンのハリウッド進出第一作で実話を基に殺人の濡れ衣をきせられた死刑囚と刑務所長夫人の危険な愛の逃避行をダイアン・キートン、マシュー・モディン共演で描いたジリアン・アームストロング監督の「燃えつきるまで」(1984年:YouTubeのMrs. Soffel - Mel Gibson - Diane Keaton (1984) Spoiler!!)、大雨により浸水する農村地帯を舞台に貧しい農民と冷酷な資本家の対立をシシー・スペイセク共演で描いたマーク・ライデル監督の「ザ・リバー」(1984年:YouTubeのUno spezzone da The River)、凶悪なハイウェイの殺し屋たちに挑む一匹狼の警官マックスの活躍を描いたジョージ・ミラー監督の「マッドマックス2」(1981年:YouTubeのMad Max 2 The Road Warrior Trailer)などがある。


<<1989年の主要な映画(アカデミ賞主要部門等の受賞作以外) | 中年映画館トップへ | 1989年の主要な映画3(アカデミ賞主要部門等の受賞作以外) >>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。