中年映画館 > 1990年代 > 1995年の主要な映画(DVD)17

1990年代

1995年の主要な映画(DVD)17

1995年の主要な映画(DVD)17

◆日本映画

★「あした」 監督:大林宣彦
※死者と生者の不思議な出会いを描いた赤川次郎の小説「午前0時の忘れもの」を、桂千穂の脚本、坂本典隆の撮影、學草太郎、岩代太郎の音楽で映画化したファンタジー。
小型客船・呼子丸が嵐のため尾道沖で遭難し、乗客9名全員の絶望が伝えられてから三ケ月が過ぎた。残された恋人、夫、妻、家族のもとに、「今夜午前0時、呼子浜で待っている」という不可解なメッセージが次々と届く。女子高生・朝倉恵(宝生舞)は、授業中見ていたスライドのスクリーン上に恋人・高柳淳(柏原収史)からのメッセージを見つけた。恵は淳と交わした「ずっと一緒にいよう」という約束を思い出す。本当に会えるかもしれないという期待と不安を胸に、恵は呼子浜へ急ぐ。ヤクザの親分・金澤弥一郎(植木等)のもとには孫から、造船設計技師・永尾要治(峰岸徹)には妻と娘から、水泳部員の安田沙由利(椎名ルミ)と同僚でマネージャーの小沢小百合(洞口依子)は唐木コーチからの同じメモを見ていた。森下美津子(多岐川裕美)は、夢の中で夫の声を聞き、夫の秘書だった布子(根岸季衣)にそれを話すが、布子は固い表情をしたまま…。

★「アンネの日記」 監督:永丘昭典
※アンネ・フランクの有名な日記を、マッドハウスの制作、紺野八郎、ロジャー・パルヴァースの脚色、兼森義則の作画監督、マイケル・ナイマンの音楽でアニメ化したドラマ。
1942年、第二次世界大戦下のオランダ・アムステルダムにもナチスの侵略の手は伸び、そこに暮らすユダヤ系の人たちはユダヤ人狩りに脅えていた。13歳の少女アンネ・フランクの家族も、そんなユダヤ人一家だった。7月、ついにフランク一家にナチスから呼び出しがかかった。だが、アンネの父・オットーは、あらかじめ用意してあった友人ミープの働く事務所の上にある隠れ部屋へ家族を伴って移り住む。ミープが彼らの世話をしてくれたが、日中は他の事務員に気づかれぬように物音ひとつ立てられない不便な生活を強いられる。そんな状況にあっても、アンネは両親から誕生日に貰った日記帳にキティという名を付け、悩みや怒り、そして希望を書き記し、明るさを失わずに過ごしていた。ある日、その隠れ家にファンダーン一家と、歯医者のデュッセルが加わる。やがてアンネは、ファンダーンの息子ペーターにほのかな恋心を抱くようになっていたが…。
> YouTubeのアンネの日記 (The Diary of Anne Frank) - IF - Soundtrack

★「EAST MEETS WEST」 監督:岡本喜八
※アメリカ西部を舞台に、幕末に渡米したサムライの活躍を、岡本監督の脚本、加藤雄大の撮影、佐藤勝の音楽で描いたコメディ。
万延元年(1860年)、日米修好使節団を乗せてサンフランシスコに到着した咸臨丸には、重大な使命と野心を抱いた二人の男が乗り込んでいた。通弁見習いの上條健吉(真田広之)は、実は攘夷派の脱藩浪士で、使節団のメンバーを暗殺し条約を阻止するのが目的だった。勝麟太郎(仲代達矢)艦長の下僕として乗船した為次郎(竹中直人)は、実は軍艦奉行・木村摂津守のお庭番(忍者)であった。サンフランシスコでの記念式典の最中に、咸臨丸から運び出された三千両の小判を狙って、強盗のガス・テイラー(チップ・メイヤー)一味が銀行に押し入った。たまたま砂金の換金に来ていた山師親子の父親は巻き込まれて射殺され、小判を運んでいた為次郎らは殴り倒された。銃口を突き付けられた上條は隙を見て反撃したが、結局三千両は強奪されてしまう。父親の敵討ちを誓うサム(スコット・バッチッチャ)とともに上條は強盗一味の後を追うが…。
> YouTubeのEast Meets West (1995) - part 1

★「WINDS OF GOD ウィンズ・オブ・ゴッド」 監督:奈良橋陽子
※交通事故のショックで太平洋戦争末期の特攻隊基地へタイムスリップした漫才コンビと特攻隊員との交流を描いた今井雅之原作の舞台劇を、今井雅之自身の脚色、西浦済の撮影、大島ミチルの音楽で映画化した戦争ドラマ。
漫才コンビの田代(今井雅之)と金太(山口粧太)は、ある日、交通事故に遭い、そのショックで二人は昭和20年夏へとタイムスリップしてしまう。そこは、太平洋戦争末期の特攻基地だった。しかも、田代は岸田、金太は福元という優秀な特攻隊員と間違われていた。戦後の平和な時代に生きてきた二人は、突然目の前に死という現実を突きつけられ、うろたえる。その後の歴史を知っている田代は、日本が戦争に負ける事を特攻隊員たちに告げるが、隊員達はそんな言葉に耳を貸さず、次々とその若い命を落としていく。やがて金太の中にいる福元の魂がその姿を現そうとしていた。そして彼は、遂に特攻の命令をうけてゼロ戦に乗り込み…。
> YouTubeのThe Winds of God: ゆらゆら Trailer

★「エコエコアザラク WIZARD OF DARKNESS」 監督:佐藤嗣麻子
※古賀新一の漫画「エコエコアザラク」を、武上純希の脚色、須藤昭榮の撮影、片倉三起也の音楽で映画化した学園ホラー。
黒井ミサ(吉野公佳)が聖華学園高校に転校して来た頃、東京では猟奇殺人が起こっていた。同じクラスの水野(高橋直純)は、事件現場を結んだ形が五茫星型で、その中心にこの学園が位置していることに気づき、それは悪魔ルシファーをこの世に呼び出す血の儀式であると予言する。だが、そんなことは誰も信じなかった。そこで水野は自分の力を証明するため、セクハラ教師・沼田にワラ人形の呪いをかけようとするが、ミサが本当の魔術を使い沼田を腹痛にしてしまう。クラスメイトたちはそんな術を持つミサを気味悪がるが、翌日、沼田が交通事故で瀕死の重症を負ったことを知ってミサを敬遠し始める。そんな中で、クラス委員のみずき(菅野美穂)と不良っぽい剣一(周摩)だけは彼女の味方だった。放課後、追試のために残されたミサやみずきを含む13人の生徒は、日が暮れても教室に戻って来ない担当の白井先生(高樹澪)に痺れを切らし…。
> YouTubeのEKO EKO AZARAK - WIZARD OF DARKNESS - 1995 - TRAILER

★「狼たちのカーニバル」 監督:渡邉武
※強盗で大金を手にした四人の男とマフィアの闘いを描いた桑原譲太郎の「狼たちのカーニバル」を、エリック・シャーマン、柏原寛司の脚色、田中一成の撮影、トルステン・ラッシュの音楽とオール・アメリカ・ロケで映画化したクライム・アクション。
サックス奏者の黒田(永澤俊矢)とタクシー運転手のボブ(マイク・ノリス)、神父のジョニー(ストーニー・ジャクソン)、そしてバーテンダーのセルジオ(フォレスト・モンゴメリー)の四人は、ある晩セルジオの働くバーでのチンピラとのいざこざがきっかけで知り合い、セルジオのいとこが勤めるカジノに押し入る。大金を手にした彼らは、金を半年は使わないこと、二度と会わないことを約束して別れる。だが、セルジオが約束を破り、彼の女が働くストリップ・バーの店主に借金を返済したことから足がつき、セルジオはカジノを経営するチャイニーズ・マフィアに狙われる。女の命と引き換えに金を全額返すことを強要されたセルジオは、田舎へ帰ったボブのところへ赴くが、女もセルジオも殺し屋に殺され、その上ボブの老いた両親も殺されてしまう。その頃黒田は、マフィアのボスであるサイモン(白竜)の女・カティーナ(ケリー・ナカモト)と情事に耽っていたが…。
> YouTubeのCarnival of Wolves, part 1/10

★「男はつらいよ 寅次郎紅の花」 監督:山田洋次
※奄美大島を舞台にリリーとの出会いと別れを、山田洋次と朝間義隆の脚色、高羽哲夫、長沼六男の撮影、山本直純、山本純ノ介の音楽で描いた寅さんシリーズ第48作。
くるまやの面々が、連絡の無い寅さん(渥美清)を本気で心配していた。それは、寅さんからの最後の連絡が大震災前の神戸からだった。ところが、『大震災その後-ボランティア元年』というテレビ番組に、寅さんが村山首相と写っていた。さらに神戸で寅さんに世話になったという被災者まで現れて、一同は寅さんの無事に胸を撫で下ろす。だが、満男(吉岡秀隆)が以前から想いを寄せていた泉(後藤久美子)が突然上京し、医者の卵との縁談の相談を持ち掛けてきた。満男は、心にもなく泉の縁談を祝福する。泉が岡山へ嫁ぐ日、新郎新婦を乗せた乗用車の前に、満男の車が立ちはだかり、式をメチャクチャにする。土地の青年たちに殴られ、警察につきだされた満男は、ふらふらと奄美大島へ。満男はそこで出会った女性の世話になるが、彼女の家には寅さんが…。
> YouTubeの男が女を送るってのはなあ 寅次郎紅の花より

★「鬼平犯科帳」 監督:小野田嘉幹
※池波正太郎のベストセラー時代小説「鬼平犯科帳」を映画化した時代劇。
鬼平の異名を持つ火付盗賊改方長官・長谷川平蔵(中村吉右衛門)の前に狐火を名乗る盗賊が現れる。しかし人々を惨殺して火を放つその盗賊は、本物の狐火・勇五郎(世良公則)ではなく、彼の異母弟の文吉(遠藤憲一)だった。平蔵の手下でかって勇五郎と恋仲だったおまさ(梶芽衣子)は、江戸に現れた勇五郎をかばうためそれを平蔵に密告するが、情に流されて任務を怠った彼女は平蔵に一喝される。その夜、勇五郎と共に文吉一味の元を訪れたおまさは、なぶりものにされかかるが、それを救ったのは平蔵だった。平蔵は文吉一味を捕まえるため、おまさを泳がせていたのだ。そして勇五郎の腕を落とすという厳しくも温かい裁きを下す平蔵に感謝しつつ、二人は江戸を後にした。だが、文吉の背後には大阪の大盗賊・白子の菊右衛門(藤田まこと)がいた。江戸を手中にしたい彼は、江戸の大頭目・荒神のお豊(岩下志麻 )に接近し…。
> YouTubeの鬼平犯科帳 OP ED 予告編

★「学校の怪談」 監督:平山秀幸
※お化けが出ると噂される旧校舎に迷い込んだ先生と生徒たちの一夜の恐怖体験を、奥寺佐渡子の脚本、柴崎幸三の撮影、 FUJI-YAMA、諸藤彰彦、山崎茂之の音楽で描いたホラー。
一学期の終業式の午後、2年生の美夏(米澤史織)は絵の具を教室に忘れ、一人学校へ取りに戻る。美夏が道具箱を取って帰ろうとすると、サッカーボールが美夏を誘うように旧校舎へ導いて行った。その木造の旧校舎は取り壊しが決まり立入禁止となっていて、しかもお化けが出るという噂があった。美夏はそこの女子トイレで何者かに襲われる。美夏の帰りが遅いのを心配した5年生の姉・亜樹(遠山真澄)は、美夏を探しに旧校舎へ足を踏み入れる。亜樹はそこで、いたずらしようと忍び込んでいた同級生の研輔(熱田一)と将太(塚田純一郎)、4年生で双子の弟・一(町田昇平)、6年生の香織(岡本綾)たちと出会う。亜樹は、一人で妹を探そうとするが、やがて自分たちがいつの間にか旧校舎の中に閉じ込められていることに気づくが…。
> YouTubeの学校の怪談 予告編

★「勝手にしやがれ!! 強奪計画」 監督:黒沢清
※思わぬトラブルに巻き込まれていくチンピラコンビを、 赤井国泰と黒沢清の脚本、喜久村徳章の撮影、トルステン・ラッシュの音楽で描いたコメディ。
雄次(哀川翔)と耕作(前田耕陽)はケチな仕事をしてはその日をしのいでいた。ある日、ヤクザに追われた雄次は、大怪我をして保育園の前で気を失う。そんな雄次の手当をしてくれたのは、保母の涼子(七瀬なつみ)だった。涼子にのぼせた雄次は、彼女にアタックするが失敗する。そんな折、耕作がキャバクラのホステス・キャンディーちゃんと結婚するという。ところが、そのキャンディーちゃんは涼子だった。田舎の父親の手術代のために、昼は保母、夜はホステスとして働いていたのだ。事情を知った雄次たちは、彼女に手を貸そうとするが断られる。そこへ、涼子の父親を誤診した医者・松浦(菅田俊)が、涼子に詫びるため上京して来た。涼子のために3000万円用意しようとする松浦は、雄次と耕作のクライアント由美子(洞口依子)から仕事をもらい金を稼ごうとするが…。
> YouTubeの勝手にしやがれ!強奪計画1

<<1995年の主要な映画(dvd)16 | 中年映画館トップへ | 1995年の主要な映画(DVD)18>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。