中年映画館 > 1940年代 > 1949年の映画(DVD)

1940年代

1949年の映画(DVD)

1949年の映画(DVD)

■アカデミー賞

★作品賞:「オール・ザ・キングスメン」監督:ロバート・ロッセン
※政界浄化を訴えて市長選に出たウィリー(ブロデリック・クロフォード)が、二度の落選を経てようやく当選するが、その過程で彼は手を汚していき、権力の座に着くや金権政治の亡者と化していく様を、友人の新聞記者(ジョン・アイアランド)の眼で捉える。

★監督賞:ジョセフ・L・マンキーウィッツ三人の妻への手紙
※3人の人妻に、見知らぬ女から「あなたたちの夫の1人と駆け落ちします」という手紙が届いた。3人のうちの誰なのか?また、3人とも夫に逃げられても仕方がない理由を持っていた。出演:カーク・ダグラス/ジェフリー・リン/ジーン・クレイン/リンダ・ダーネル/アン・サザーン。

★主演男優賞:ブロドリック・クロフォード「オール・ザ・キングスメン」

★主演女優賞:オリビア・デ・ハビランド女相続人
ウィリアム・ワイラー監督。医者のひとり娘キャサリンは、従姉妹の婚約パーティーで知り合った青年モリスと恋に落ちる。しかし、彼が定職を持たないことを理由に、父に結婚を反対されてしまい…。

★助演男優賞:ディーン・ジャガー頭上の敵機
ヘンリー・キング監督による戦争映画。第二次世界大戦下、対ドイツ戦で大量の犠牲者を出したアメリカ第918空軍部隊を指揮することになったサベージ准将(グレゴリー・ペック)の奮闘を描く。ディーン・ジャガーはストーバル少佐役。

★助演女優賞:マーセデス・マッケンブリッジ「オール・ザ・キングスメン」
※マーセデス・マッケンブリッジは秘書サディ役で受賞。


■ベネチア国際映画祭

★作品賞:「情婦マノン」監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾ
※恋人を愛しながらも贅沢をしたいがために娼婦をやめられないマノン(セシル・オーブリー)と、彼女をつなぎとめるために破滅の道を辿るロベール(ミシェル・オークレール)の姿を描いた作品。ロベールが死んだマノンをかつぎ、砂漠を彷徨う衝撃的なラスト。

★監督賞:アウグスト・ジェニーナ「沼地の上の空」

★主演男優賞:ジョセフ・コットンジェニーの肖像
※W・ディターレ監督。貧乏画家のアダムスはセントラルパークで出会った不思議な少女の肖像画を描き始めるが、彼女は途中で姿を消してしまう。彼女の面影を求めて大海原に漕ぎ出すアダムスだったが…。共演はジェニファー・ジョーンズ

★主演女優賞:オリビア・デ・ハビランド「蛇の穴」


■カンヌ国際映画祭

★パルムドール:「第三の男」監督:キャロル・リード
※親友ハリー(オーソン・ウェルズ)の事故死に疑惑を持った作家ホリー(ジョセフ・コットン)が真相を調査していくうちに、事故現場にいた“第三の男”の存在を知る。さらに調査を進める中、親友の恋人だった女性(アリダ・ヴァリ)を愛し始めた作家の前にその男が姿を現す。映画の芸術性と娯楽性が見事に融合した映画の教科書として不動の地位を築いた傑作。

★監督賞:ルネ・クレマン「鉄格子の彼方」(VHSのみ)
※ジャン・ギャバン主演でアカデミー外国映画賞受賞。

★主演男優賞:エドワード・G・ロビンソン「他人の家」
※「他人の家」は、ジェローム・ワイドマンの小説をジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が映画化した作品。エドワード・G・ロビンソンは、銀行家で家庭では暴君のジノを演じた。

★主演女優賞:イザ・ミランダ「鉄格子の彼方」
※イザ・ミランダは、ジャン・ギャバン演じる主人公ピエールと愛し合う給仕女マルタを演じた。


★この年の主要な作品

◆「黄色いリボン」監督:ジョン・フォード
※騎兵隊3部作の2作目。アクションよりも男たちの連帯や西部の風景などを基軸とした叙情に重きが置かれている。老け役を見事に演じたジョン・ウェインや、彼の部下を演じるヴィクター・マクラグレンなどフォード一家の個性も遺憾なく発揮されている。

◆「死の谷」監督:ラオール・ウォルシュ
※お尋ね者(ジョエル・マックリー)と人生に疲れた女(ヴァージニア・メイヨ)の悲恋を描く西部劇。不幸な絆に結ばれたふたりは、ひとりも祝う者がいない中、荒野で結婚式を挙げ、束の間の喜びを感じ合い希望にすがり生きていこうとするが…。駅馬車と悪漢の追跡劇やコロラドの壮大な景観も見どころ。

◆「踊る大紐育」監督:スタンリー・ドーネン、ジーン・ケリー
※24時間の休憩をもらった3人の水兵(ジーン・ケリー、フランク・シナトラ、ジュレス・ムンシン)が、ニューヨーク見物に繰り出すが・・・。ベティ・コムデンとアドルフ・グリーンの作詞、レナード・バーンスタイン作曲による本作は、ニューヨークの絶景を永遠にフィルムに焼きつけることになった。

◆「戦場」監督:ウィリアム・A・ウェルマン
※舞台は1944年12月の「バルジの戦い」。実写も使われており戦争映画史に輝く名作。
ウェルマン監督の他の作品には、「スタア誕生」「民衆の敵」「西部の王者」「ボー・ジェスト」「つばさ」などがある。


<<1948年の映画(DVD) | 中年映画館トップへ | 1950年の映画(DVD)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。