中年映画館 > 1950年代 > 1955年の映画(DVD)

1950年代

1955年の映画(DVD)

1955年の映画(DVD)

アカデミー賞

★作品賞:「マーティ」監督:デルバート・マン
※独身男マーティ(アーネスト・ボーグナイン)は、老いた母親とふたり暮らし。容姿コンプレックスの彼は恋愛に臆病になっていたが、ある日ダンス・ホールで同じ境遇の女教師クララ(ベッツィー・ブレア)と出会い、お互いに惹かれあう。だが、二人の交際に反対する彼の母親や親友は大学出のクララに反感さえ匂わせる。マーティは思い悩み、約束した夜のデートをついにすっぽかしてしまうのだが……。

★監督賞:デルバート・マン「マーティ」
※デルバート・マンは,1920年1月30日カンザス州ローレンス生まれ。映画よりもテレビ作品の監督として活躍した。2007年11月11日没。

★主演男優賞:アーネスト・ボーグナイン「マーティ」
※「ポセイドン・アドベンチャー」、「ワイルドバンチ」の名優アーネスト・ボーグナイン。悪役のイメージから一転して心優しい男に挑み、その演技力を高く評価された。

★主演女優賞:アンナ・マニャーニ「バラの刺青」
※アンナ・マニャーニの他の出演作は、ジャン・ルノワール監督の「黄金の馬車」、ロベルト・ロッセリーニ監督の「アモーレ」、ヴィスコンティ、ロッセリーニ、ザンバらイタリアの巨匠が、同国の女優を主役に描いた5話オムニバス「われら女性」、ヴィスコンティ監督の「ベリッシマ」、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督の「マンマ・ローマ」などがある。

★助演男優賞:ジャック・レモンミスタア・ロバーツ」 監督:ジョン・フォード
※太平洋戦争末期、アメリカ海軍貨物輸送船バケツ号の面々は戦闘に参加できず、小島で退屈な日々を送っていた。そんな中、貨物係のロバーツ中尉(ヘンリー・フォンダ)はことあるごとに威圧的な艦長(ジェームズ・キャグニー)に反抗的態度を示していたが…。フォード監督が製作途中に病気で倒れ、マーヴィン・ルロイが後を継いで完成させた。ジャック・レモンはパルヴァー少尉役で受賞。

★助演女優賞:ジョー・バン・フリートエデンの東」監督:エリア・カザン
※第一次世界大戦下のカリフォルニア州サーリナスで農場を営むアダム(レイモンド・マッセイ)の2人の息子、優等生で父の寵愛を受けているアーロン(リチャード・ダヴァロス)と、落ちこぼれで愛に飢えている弟キャル(ジェームス・ディーン)の家族と青春の確執を描いたエリア・カザン監督の名作。他にジュリー・ハリス、バール・アイヴス
ジョー・バン・フリートはキャル兄弟の母で、アダムと離婚後はいかがわしい酒場を経営しているケートを演じた。


■ベネチア国際映画祭

★作品賞:「奇跡」監督:カ−ル・テオドール・ドライエル

★主演男優賞:
ケネス・モア「愛情は深い海のごとく」
クルト・ユルゲンス「悪の決算」「Des Teufels General」


■カンヌ国際映画祭

★パルムドール:「マーティ」監督:デルバート・マン

★監督賞:
ジュールス・ダッシン男の争い
※刑務所から戻ったヤクザの兄貴分トニー(ジャン・セルヴェ)は、仲間たちと共に宝石商の金庫破りを再び計画。入念な準備により強奪は成功したのだが…。金庫破りの30分間、まったくセリフがないのが凄い。監督自身イタリア人の金庫破り名人役で出演。

セルゲイ・ワシーリコフ「シプカの英雄」

★主演男優賞:スペンサー・トレイシー「日本人の勲章」

★主演女優賞:該当なし

★審査員特別賞:「失われた大陸」(伊)

★国際批評家賞:
☆「恐怖の逢引き」(スペイン)
☆「RAISCES」(メキシコ)


★この年の主要な作品

◆「旅情」監督:デヴィッド・リーン
※ベニスへ一人でバカンスにやってきたアメリカ人女性(キャサリン・ヘップバーン)が、そこで知り合った中年紳士(ロッサノ・ブラッツィ)と恋に落ちる。妻子あるその男の胸に一度は飛び込んだ女だったが、やがて甘美な思い出だけを胸にベニスを去る決意をする。テーマ音楽「サマー・タイム・イン・ベニス」も有名。

◆「黄金の腕」監督:オットー・プレミンジャー
※“黄金の腕”と言われる賭博カードディーラー(フランク・シナトラ)が、献身的な女性(キム・ノヴァク)の愛によって麻薬中毒から立ち直る姿を描いたサイコサスペンス。悪妻にエレノア・パーカー
映画にモダンジャズを持ち込むという先駆的な手法が、映画音楽シーンに一大センセーションを巻き起こした。

◆「ピクニック」監督:ジョシュア・ローガン
※「労働の日」の朝早く、カンサス州の小さな町に風来坊ハル(ウィリアム・ホールデン)が学生時代の友人アラン(クリフ・ロバートソン)を頼って現われた。その日は年に一度、町中の人々がピクニックに出かける日であり、アランの婚約者マッジ(キム・ノヴァク)とその妹ミリー(スーザン・ストラスバーグ)ら町の娘たちは、精悍なハルに心惹かれていくが…。

◆「ヴェラクルス」監督:ロバート・アルドリッチ
※革命の嵐が吹き荒れるメキシコ。ベン(ゲーリー・クーパー)とジョー(バート・ランカスター)も野望を抱いてこの町へやって来た。二人は皇帝の側近デ・ラポルデュル候爵に雇われて、フランスへ帰国するデュバル伯爵夫人(デニーズ・ダーセル)のヴェラクルスまでの護衛を引き受ける。しかし、護衛とは表向きの口実で、実際は…。

◆「オクラホマ!」監督:フレッド・ジンネマン
※まだオクラホマがアメリカ合衆国の州として認められていない頃、カーリー(ゴードン・マクレー)は恋人のローリー(シャーリー・ジョーンズ)を村祭りに誘うが、日頃彼女につれない態度ばかりとっていたことからすげなく断られてしまう。やがてふたりは仲直りするが、彼女はそもそもの約束だからと、雇い人のジャッド(ロッド・スタイガー)と一緒に村祭りへ赴くのだが…。作曲リチャード・ロジャース&作詞オスカー・ハマースタイン二世の名コンビによるミュージカル。アカデミー賞録音賞およびミュージカル映画音楽賞。

◆「七年目の浮気」監督:ビリー・ワイルダー
※マンハッタンの暑い夏。家族を郊外に送り出して、しばしひとり暮らしを満喫の中年サラリーマン(トム・イーウェル)が、アパートの上の階に引っ越してきた美女(マリリン・モンロー)に一目ぼれ。しだいに浮気の妄想が頭をよぎりはじめる。通気口から吹き上がる風でモンローの白いドレスが舞い上がるショットは、映画史に残る名シーンだが、ジョー・ディマジオとの離婚の原因の一つともなった。

◆「夜と霧」監督:アラン・レネ
※第二次世界大戦時にアウシュビッツ強制収容所で行なわれたユダヤ人大量虐殺を告発したドキュメンタリー映画。

◆「マダムと泥棒」監督:アレクサンダー・マッケンドリック
※現金輸送車を襲う計画を立てた5人組は計画の準備のため、弦楽五重奏の練習と偽ってひとりの老婦人の家を間借りするのだが…。出演:アレック・ギネス, セシル・パーカー, ハーバート・ロム, ピーター・セラーズ, ジャック・ワーナー


<<1954年の映画(DVD) | 中年映画館トップへ | 1956年の映画(DVD)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。