中年映画館 > 1960年代 > 1963年の映画(DVD)

1960年代

1963年の映画(DVD)

1963年
アカデミー賞
★作品賞:」トム・ジョーンズの華麗な冒険トニー・リチャードソン
※原作はヘンリー・フィールディングの長編小説「トム・ジョーンズ」。18世紀のイギリス、大地主オールワーシー家の養子として育てられたトム・ジョーンズ(アルバート・フィニー)は、近くの地主の娘ソフィ(スザンナ・ヨーク)と愛し合うようになるが、トムを嫌う者の策略で家を勘当され、ひとりロンドンへと赴くが……。アカデミー賞は他に、脚色、作曲賞も受賞。気持ちよく楽しめる映画。
★監督賞:トニー・リチャードソン「トム・ジョーンズの華麗な冒険」
※リチャードソン監督作品には他に、「長距離ランナーの孤独」、「ホテル・ニューハンプシャー」、「遥かなる戦場」、遺作となった「ブルー・スカイ」等がある。
★主演男優賞:シドニー・ポワチエ野のユリ
※製作・監督:ラルフ・ネルソン 。アリゾナの砂漠地帯を気ままに旅する黒人青年ホーマー(シドニー・ポワチエ)は、東ドイツからの亡命者であるマザー・マリア(リリア・スカラ)ら5人の修道女と出会い、言葉も通じないままに否応なく荒地に教会を建てるための手伝いをさせられる。がめつくしたたかな修道女たちと主人公の交流が実におかしい。「手錠のままの脱獄」で黒人として異例の大スターとなったシドニー・ポワチエは「野のユリ」でついに黒人初の主演男優賞を受賞した。但し、黒人俳優のオスカー受賞は過去に「風と共に去りぬ」でハティ・マクダニエルが助演女優賞を受けているので二度目となる。
★主演女優賞:パトリシア・ニールハッド
※監督:マーティン・リット(P・ニューマンのアクターズ・スタジオ時代の講師でもある)。兄を飲酒運転で死なせてしまった過去を背負い、酒と女に溺れる日々を過ごすハッド(ポール・ニューマン)と一代で大牧場を築き上げた父(メルヴィン・ダグラス)。二人は牧場の運営を巡って対立する。パトリシア・ニールは中年家政婦アルマ・ブラウンを演じた。
★助演男優賞:メルビン・ダグラス「ハッド」
※裸一貫で自分の牧場を築き、石油には見向きもせず、ロングホーンの育成に情熱を燃やす父ホーマー役。「ニノチカ」では映画で初めてグレタ・ガルボを笑わせたレオンを演じた。
★助演女優賞:マーガレット・ラザフォード「予期せぬ出来事」
アガサ・クリスティーミス・マープルシリーズではタイトルロールを。

ベネチア映画祭
★作品賞:Le Mani Sulle Citta(フランチェスコ・ロージ)
★主演男優賞:アルバート・フィニー「トム・ジョーンズの華麗な冒険」
★主演女優賞:デルフィーヌ・セイリグミュリエル
※ 監督:アラン・レネ。アルジェ紛争で心に深い傷を負いながら骨董屋の未亡人エレーヌは養子のベルナールと2人暮らしをしていたが…。デルフィーヌ・セイリグの他の出演作は、アラン・レネ監督「去年マリエンバートで」、ルイス・ブニュエル監督「ブルジョワジーの密かな愉しみ」「銀河」、『愛人(ラマン)』の原作者マルグリット・デュラスが、自ら監督・脚本を務めた「インディア・ソング」、 フレッド・ジンネマン監督「ジャッカルの日」、ジャック・ドゥミ監督「ロバと王女」などがある。

カンヌ映画祭
★パルムドール:山猫 (ルキノ・ビスコンティ
※イタリアで統一戦争が起きていた1860年の春、シチリア島で山猫の紋章をあつらい300年の栄華を誇るサリーナ家のドン・ファブリッツオ公爵(バート・ランカスター)は貴族支配の時代がまもなく終わろうとしていることを自覚しつつも気丈に振舞い続ける。やがて騒乱が終わりを告げ、公爵は甥のタンクレディ(アラン・ドロン)と新興ブルジョアの娘アンジェリカ(クラウディア・カルディナーレ)との婚約を発表し、舞踏会を開く。1時間あまりに及ぶ豪華絢爛たる舞踏会シーンは圧巻だが、その喧騒をよそに感慨にふけるバート・ランカスターの名演。
★主演男優賞:リチャード・ハリス孤独の報酬
リチャード・ハリスはアイルランドの俳優。ミュージカル『キャメロット』に主演後、知的さと男臭さを伴わせた演技で『ジャガーノート』、『カサンドラ・クロス』、『ワイルド・ギース』といったアクション映画を中心に活躍。1990年『フィールド』で27年ぶりにアカデミー主演男優賞にノミネートされる。「ハリー・ポッターと秘密の部屋 」「ハリー・ポッターと賢者の石」で魔法学校の校長アルバス・ダンブルドアを好演。
★主演女優賞:マリナ・ブラディ「女王蜂」
★審査員特別賞:
切腹(日)
※監督:小林正樹。井伊家屋敷に「切腹の為お庭拝借!」と津雲半四郎(仲代達矢)と名乗る浪人が訪れる。家老、斉藤陰衛(三國連太郎)はたかりだと勘繰るが、半四郎の口からは、次々と人間性を抑圧する武士社会の虚飾と残酷さが暴かれていった。
猫に裁かれる人たち(チェコ)
※チェコのとある町にやって来たサーカス一座。美女ダイアナが抱くサングラスをかけた猫が視線を向けると、人々はそれぞれの本性を現わす色に染まり始める。独特の色彩感覚が全編を彩る奇妙で詩的な猫ファンタジー。
★国際批評家賞:
☆孤独の報酬(英)
※監督:リンゼイ・アンダーソン。愛のために、鉱夫から一躍プロラグビーの花形となった一人の男だが、恋愛では葛藤と苦悩を得たに過ぎなかった。
☆Les Abysses(仏)
☆Le Joli Mai(仏)

★この年の主要な作品
大脱走 監督:ジョン・スタージェス
※第2次世界大戦下、ドイツ軍は、脱走不可能な収容所を作った。連合軍兵士たちは、収容されるやいなや脱走を敢行、しかし失敗する。だが将兵たちは知恵を絞り、なんと計250人の集団脱走を計画する。そして実行当日を迎えた。スティーブ・マックィーン、ジェイムズ・ガーナ、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーンら、オールスターキャストで描く傑作エンターテイメント。エルマー・バーンスタインの『大脱走マーチ』にのって、痛快無比な男のドラマが展開する。
 監督:アルフレッド・ヒッチコック 
※サンフランシスコ近郊の漁村で、新聞社社長令嬢メラニー(ティッピー・ヘドレン)が1羽のカモメに額をつつかれた。やがて、無数の鳥たちが街全体を襲撃するようになる。出演は他に ロッド・テイラー, ジェシカ・タンディ
シャレード 監督:スタンリー・ドーネン
※謎の25万ドルを巡る事件に美しき未亡人(オードリー・ヘップバーン)が巻き込まれていく。共演はケーリー・グラント
クレオパトラ  監督:ジョセフ・L・マンキーウィッツ
※紀元前48年、エジプトに侵攻したシーザー(レックス・ハリソン)は、王の姉クレオパトラ(エリザベス・テイラー)に魅せられ、彼女を女王に据えるが、やがてシーザーは暗殺される。クレオパトラはその後アントニー(リチャード・バートン)と結ばれるが…。映画史上もっとも金と時間がかかった作品と言われ、製作時トラブルが続発し、社長の退陣など20世紀FOXの屋台骨が一時傾いた。
ディメンシャ13 監督:フランシス・フォード・コッポラ
※アイルランドの古城で、ひとりの娘が殺された。それから数十年後、まるで彼女の呪いであるかのように、城の住人が次々と惨殺されていく。B級映画の王者ロジャー・コーマンが、UCLA在学中より注目していたコッポラを監督に抜擢して製作したホラー。日本では劇場未公開。
軽蔑 監督:ジャン=リュック・ゴダール
※売れない劇作家・ポール(ミシェル・ピコリ)は妻・カミーユ(ブリジット・バルドー)のために映画脚本の手直しを引き受けるが…。当時、自身も妻アンナ・カリーナとの関係で悩んでいたとされるゴダールが、自己の苦悩を投影させた。伝説的監督フリッツ・ラングが、重要な役回りで出演。アメリカ人プロデューサーにジャック・パランス
沈黙 監督:イングマール・ベルイマン
※言葉の通じないティモカという街にやって来たエステルとアンナの姉妹と妹の息子。欲望の赴くまま男と自分の部屋で愛し合う妹と、虚しさのあまり酒を飲み、ひとり自慰に耽る姉との確執を描いた作品。濃密な官能描写にわが国では初めて成人指定を受けた。「鏡の中にある如く」「冬の光」に次ぐ、ベルイマン "神の沈黙" 三部作の終章!!出演はイングリット・チューリン、グンネル・リンドブロム、ヨルゲン・リンドストレム、ビルイェル・マルムステーン、他。
007/ロシアより愛をこめて  監督:テレンス・ヤング
※イスタンブールのソ連情報部に勤務する女性タチアナ(ダニエラ・ビアンキ)から、ボンド(ショーン・コネリー)に会いたいという手紙が届いた。土産は最新暗号解読器。できすぎた話ではあるが、Mの命令によりボンドはイスタンブールへ向かう。シリーズ最高の面白さと定評ある第2作。
◆おかしなおかしなおかしな世界 監督:スタンリー・クレイマー
◆81/2 監督:フェデリコ・フェリーニ


<<1962年の映画(DVD) | 中年映画館トップへ | 1964年の映画(DVD)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。