中年映画館 > 1980年代 > 1980年の映画(DVD)

1980年代

1980年の映画(DVD)

1980年の映画(dvd)

アカデミー賞

★作品賞:「普通の人々」 監督:ロバート・レッドフォード
※長男をボート事故で亡くした一家。父親(ドナルド・サザーランド)と母親(メリー・タイラー・ムーア)は、精神を病み、兄と一緒にボートに乗っていて生き残った次男(ティモシー・ハットン)は自殺未遂を起こす。

★監督賞:ロバート・レッドフォード「普通の人々」
※ロバート・レッドフォードは、1937年8月18日カリフォルニア州生まれ。舞台美術の仕事を経て、俳優に転向し1959年にブロードウェイにデビュー。1969年、32歳で出演した「明日に向かって撃て」が出世作となった。1981年、ユタ州パーク・シティに若手映画人の育成のためにサンダンス・インスティテュートを設立。その映画祭はサンダンス映画祭として知られ、数多くの優秀なインディペンデント映画を世に送り出している。

★主演男優賞:ロバート・デ・ニーロレイジング・ブル
※「レイジング・ブル」はマーティン・スコセッシ監督作。スラム街から這い上がり、プロ・ボクシングミドル級チャンピオンとなり、"ブロンクスの怒れる牡牛(レイジング・ブル)"の異名をとったジェイク・ラモッタ。その栄光と破滅の半生とは?
デ・ニーロはこの作品のために、医者の指示のもと、体重を30キロ増減させた。

★主演女優賞:シシー・スペイセク歌え!ロレッタ愛のために
※「歌え!ロレッタ愛のために」はマイケル・アプテッド監督作。ケンタッキー州の炭鉱町。そこで十代のロレッタ(シシー・スペイセク)は、彼女をショー・ビジネスの世界へ送り出すことになる未来の夫ドゥーリトル・リン(トミー・リー・ジョーンズ)とめぐり会う。愛し合った二人はやがて炭鉱町を去る。
シシー・スペイセクは、1949年12月25日テキサス州生まれ。リー・ストラスバーグ・インスティテュートで演技を学んだ。この映画では、吹替えなしで伝説的なカントリー歌手ロレッタ・リンを演じた。

★助演男優賞:ティモシー・ハットン「普通の人々」
※ティモシー・ハットンは、1960年8月16日カリフォルニア州生まれ。父は名優ジム・ハットン。80年代初頭より青春アイドルとして人気を博し、「普通の人々」では20歳にしてのアカデミー助演男優賞授賞だった。

★助演女優賞:メアリー・スティーンバージェン「Melvin and Howard」
※メアリー・スティーンバージェンは、1953年2月8日アーカンソー州ニューポート生まれ。大学で演劇を学び20歳でNYへ。ネバーフット・プレイハウスで演技を学ぶ。78年映画デビュー。以降魅力的な個性が受けて多くの作品に出演。コメディ作品以外でもその実力を発揮し、各ジャンルで活躍。


ベネチア国際映画祭

★作品賞:
☆「グロリア」 監督:ジョン・カサベテス
※ニューヨークのサウスブロンクスにあるアパートで、ギャングの会計係だが、金をネコババした上に、極秘の銀行口座をFBIに垂れこんでいたプエルトリコ人とその家族が惨殺された。たまたま、同じアパートに住むギャングの情婦で会計係の妻の親友だったグロリア(ジーナ・ローランズ)は、唯一生き残った6歳の少年を連れ出して“組織”から追われるはめになる。

☆「アトランティック・シティ」 監督:ルイ・マル
※アメリカ・ニュージャージー州のカジノの町アトランティック・シティ。カジノのディーラーを目指して働くサリー(スーザン・サランドン)のもとに、フィラデルフィアから妹クリッシー(ホーリス・マクラーレン)とかつての夫デイヴ(ロバート・ジョイ)が訪ねて来た。彼らの目的はマフィアからくすねた麻薬を売り捌くこと。デイヴは、元賭博師だったという初老のルー(バート・ランカスター)に相談する。なんとか取引に成功したものの、デイヴは彼を追っていたマフィアに殺されてしまった。やむなくサリーとルーはマフィアと対決する。


カンヌ国際映画祭

★パルムドール:
☆「影武者」 監督:黒澤明
※黒澤作品では唯一実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げた作品。黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスが外国版プロデューサーに名を連ねた。

☆「オール・ザット・ジャズ」 監督:ボブ・フォッシー
※ブロードウェイ。ステージを厳しい表情で見守る演出家ジョー・ギデオン(ロイ・シャイダー)。幼ない頃からボードビル劇場でタップを踏んでいた根っからのショー・ビジネスマンだ。今、彼が手がけているショーの主演女優は、彼の別れた妻オードリー(リランド・パーマー)で、ふたりの間にはミシェル(エルツェベット・フォルディ)という娘がいた。ミシェルにバレエのレッスンをしてやる時が、ジョーにとっての唯一の時だった。この新作のショーは、ジョーの同棲中の女性ケイト(アン・ラインキング)が出るなど、彼の人生のすべてのものを盛り込んだ、集大成ともいえるものだ。ジョ
ーに影のようにつきまとう花嫁衣裳をまとった天使をジェシカ・ラングが演じる。

★監督賞:クシシュトフ・ザヌーシ「コンスタンス」

★主演男優賞:ミシェル・ピコリ「Salto nel Vuoto」
※ミシェル・ピッコリは、1925年12月27日パリ生まれ。イタリア系。これまでアート系映画から大作まで100本以上の映画に出演しており、2001年の『黒い海岸』では監督も務めた。

★主演女優賞:アヌーク・エーメ「Salto nel Vuoto」
※1932年4月27日仏パリアネット・ベニング生まれ。14才からダンス・演劇を学び初め、アンリ・カレフ監督に見出され、46年、映画デビュー。主役を得たにもかかわらず製作中止になった作品の脚本家が彼女のために脚本を書いた「火の接吻」で注目される。

★審査員特別賞:「アメリカの伯父さん」 監督:アラン・レネ
※生物学者アンリ・ラボリ教授が、マウスを使っての実験で刺激反応の例を見せ、人間の行動原則も本質的にはその論理に基づいていると説明する。そして、その具体ケースとして、労働者階級の女優志願の娘ジャニーヌ(ニコール・ガルシア)、ブルジョワ出身の放送局報道部長ジャン(ロジェ・ピエール)、その妻アルレット(ネリー・ボルジョー)の三人の男女の生き方、関わりを紹介していく。

★国際批評家賞:
☆「アメリカの伯父さん」(仏)
☆「GAIJIN」(ブラジル)
☆「ATCEURS PROVINCIAUX」(ポーランド)

<<1979年の映画(DVD) | 中年映画館トップへ | ★1980年の主要な作品(アカデミー賞等の受賞作以外) >>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • 『パッション』 〜降参〜
  • 1982年/スイス・フランス 監督:ジャン=リュック・ゴダール 撮影:ラウル・クタール 出演: イエジー・ラジヴィオヴィ
  • 2007-09-26 00:34
  • キネマじゅんぽお
  • 【秋刀魚の味】は酒の味
  • サンマの美味しい季節なので、 サンマとトリス・ウイスキーを買って、 小津安二郎の【秋刀魚の味】を拝見しながら頂きました。
  • 2007-09-26 12:09
  • 人鳥茶酒房道樂団
人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。