1980年代

1981年の映画(DVD)

1981年の映画(dvd)

アカデミー賞

★作品賞:「炎のランナー」 監督:ヒュー・ハドソン
※パリ・オリンピック陸上短距離で祖国イギリスに金メダルをもたらした2人の若者がいた。ユダヤの血をひいている為、言われなき差別と偏見を受けてきたハロルド。彼にとって走ることは偏見に勝利することであった。一方、宣教師の家に生まれたエリックは神のため、信仰のため走った……。そして、ヴァンゲリスの名曲!

★監督賞:ウォーレン・ベイティ「レッズ
※ウォーレン・ベイティは、1937年3月30日、バージニア州リッチモンド生まれのの映画監督、俳優、舞台俳優、演出家。作家、脚本家でもあり、ヘンリー・W・ベイティの名前でピアニストとしても活躍。プロデューサーとしても、数々のヒット作を送り出した。
名門の芸能一家で育った。父は音楽家、母も舞台女優であり、姉は女優のシャーリー・マクレーン。
ニューヨークでステラ・アドラーに師事。舞台を経て映画に進出し、1961年の『草原の輝き』で、名家に生まれ育ちながらも奔放に生きる主人公を闊達に演じ華々しいデビューを飾った。『俺たちに明日はない』(Bonnie and Clyde)でスターの座を獲得する。
『レッズ』はロシア革命を克明に記録した『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードの生涯を描いた歴史大作。

★主演男優賞:ヘンリー・フォンダ「黄昏
※ヘンリー・フォンダ(1905年5月16日 - 1982年8月12日)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州でキリスト教の新宗教クリスチャン・サイエンスの家庭に生まれる。フォンダの家系は、1500年代にオランダからイタリアに移住、1600年代にイタリアからアメリカに移民してきたという。ミネソタ大学在学中に母親の友人ドロシー・ブランド(マーロン・ブランドの母親)の紹介で20歳の時にオマハで舞台に立つ。この頃、ジェームズ・スチュアートや後に結婚するマーガレット・サラバンと出会う。フォンダとスチュアートはニューヨークでルームメイトとして生活しながらブロードウェイで演技を磨く。ブロードウェイで活躍後、1935年に「運河のそよ風」で映画デビュー。その後、数々の話題作に出演した。
主な出演作は、「暗黒街の弾痕」 (1937) 、「黒蘭の女」 (1938) 、「怒りの葡萄」 (1940) 、「レディ・イヴ」 (1941) 、「荒野の決闘」 (1946) 、「ミスタア・ロバーツ」 (1955) 、「戦争と平和」 (1956) 、「間違えられた男」 (1956) 、「十二人の怒れる男」 (1957) 、「女優志願」 (1958) 、「ワーロック」 (1959) 、「史上最大の作戦」 (1962) 、「バルジ大作戦」(1965) 、「テキサスの五人の仲間」 (1965) 、「大脱獄」(1970) 、「エスピオナージ1」 (1973) 、「ミッドウェイ」 (1976) 、「メテオ」 (1979)

★主演女優賞:キャサリン・ヘプバーン「黄昏
※キャサリン・ヘプバーンは、活躍の時期が重なるヘンリー・フォンダと、これで初共演。「黄昏」のプロデューサーでもあったジェーン・フォンダは、父の相手役にと直接キャサリンに出演交渉した。ヘプバーンは、「黄昏」の内容が良かったこと、父に、アカデミー主演男優賞をとらせてやりたいと願うジェーンの熱意にほだされ、出演を承諾した。2003年に老衰で死亡。

★助演男優賞:ジョン・ギールグッド「ミスター・アーサー」[VHS]監督:ダドリー・ムーア
※ジョン・ギールグッド(1904年4月14日−2000年5月21日)は、英国の映画・舞台俳優、演出家。ロンドン出身。シェイクスピア劇を得意とした。ローレンス・オリヴィエは彼の門下であるほか、マーロン・ブランドも一時、彼に師事していた。重厚かつ緻密な演劇スタイルは歴史劇で生かされ、ハリウッドやブロードウェイでも追随を許さなかった。1964年『ベケット』でアカデミー助演男優賞ノミネート。81年『ミスター・アーサー』で同賞を授賞した。1953年にナイトに叙勲された。
ライフワークは、シェイクスピア作「テンペスト」をモチーフに掘り下げた『プロスペローの本』においてのプロスペロー王役。80歳を越えてもなお公演を続け、映像作家ピーター・グリーナウェイがギールグッドのプロスペローを映像という形で後世に伝えようと、同名の映画を1991年に製作した。

★助演女優賞:モーリン・ステイプルトン「レッズ
※ルイス・モーリン・ステイプルトンは、1925年6月21日アメリカニューヨーク州トロイのアイルランド系カトリック教徒の家庭に生まれる。ブロードウェイで2度トニー賞を受賞している。映画においては、デビュー作である「寂しい心」(1958年)でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。また「大空港」(1970年)、「インテリア」(1978年)でも同賞にノミネートされた。そしてついに、1981年本作でリトアニア出身の女性アナーキスト、エマ・ゴールドマンを演じ、アカデミー助演女優賞を獲得した。

ベネチア映画祭
★作品賞:「鉛の時代」監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
※西独赤軍のグードルーン・エンスリンの姉クリスチアーネと出会ったマルガレーテ・フォン・トロッタが戦中戦後のドイツ史を背景に、反発し合い、異なる生き方を選んだ対照的な姉妹の生い立ちや経験を、姉の視点から忠実に映画化。

カンヌ映画祭
★パルムドール:「鉄の男」監督:アンジェイ・ワイダ
※「大理石の男」の延長上にある映画として、主演の二人も同じで、80年に起った「連帯」への強い支持を打ち出した作品。グダニスクの造船所で起ったストライキを題材に、そこに働く一人の青年の孤立した闘争と、彼を抑圧する体制の集団エゴを鋭く糾弾する。ワレサ氏本人も出演している。

★監督賞:なし

★主演男優賞:ウーゴ・トニャッツィ「ある愚か者の悲劇」
※「ある愚か者の悲劇」はベルナルド・ベルトルッチ監督作。主演のウーゴ・トニャッツィ(Ugo Tognazzi)は1922年3月23日イタリア・クレモナに生まれ。1990年10月27日亡。ウーゴ・トニャッツィの他の出演作には、エドアール・モリナロ監督:Mr.レディ Mr.マダムMr.レディ Mr.マダム II、ルチアーノ・サルチェ監督:狂ったバカンス、マルコ・フェレーリ監督:最後の晩餐、ロジェ・バディム監督:バーバレラ がある。

★主演女優賞:イザベル・アジャーニ「カルテット」「ポゼッション
※イザベル・アジャーニは、1955年6月27日フランス・パリ生まれ。父親はアルジェリア人、母親はドイツ人。フランスではスターの中のスターとしての位置づけであるが、スキャンダルも多い。他に、『カミーユ・クローデル』でベルリン国際映画祭女優賞を受賞している。他の出演作は、「悪魔のような女」、「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」、「ノスフェラトゥ」、「王妃マルゴ」、「サブウェイ」、「死への逃避行」、「ザ・ドライバー」、「イザベル・アジャーニの惑い」、「ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間」、「バロッコ」、「殺意の夏」などがある。

★審査員特別賞:「光年のかなた」(仏=スイス)
※監督・脚本:アラン・タネール。人里離れた荒野で人類が失った夢を追い求める老人ヨシュカ(トレヴァー・ハワード)と、パブで働く青年ジョナス(ミック・フォード)との、不思議な探究譚をシュールに描く。
アラン・タネールはスイス出身の監督で、この作品の前には『2000年にジョナスは25才になる』を撮っている。

★国際批評家賞:
☆「メフィスト」(西独=ハンガリー)監督:イシュトヴァーン・サボー
☆「MALOU」(西独)


1980年代

★1980年の主要な作品(アカデミー賞等の受賞作以外)

ブルース・ブラザース 監督:ジョン・ランディス
※脚本はダン・エイクロイドと監督のジョン・ランディス。ブルース・ブラザース(ジョン・ベルーシ, ダン・エイクロイド)が、生まれ育った孤児院の窮地を助けるために、かつて活動していたバンドを再結成し、コンサートの利益を孤児院に寄付しようとするが…。ブルース・ブラザースのハチャメチャなステージも楽しいが、ジェームス・ブラウン(神父)、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズ(楽器店)、アレサ・フランクリン(食堂のおかみ)、スティーブ・クロッパーなど、豪華ゲストのパフォーマンスもたっぷりと堪能できて、ぜいたくな一作となった。
フェーム 監督:アラン・パーカー
※さまざまな夢や思いを抱えた若者たちがN.Y.の公立芸能学校で歌やダンス、演技学び、ショービジネス界のトップに立つことを夢見て巣立っていく過程が、ダイナミックに描かれていく。アカデミー作曲、主題歌賞をとったアイリーン・キャラの大ヒット曲『フェーム』をはじめ、数々のパワフルなミュージカル・シーンが圧巻!
青い珊瑚礁 監督:ランダル・クレイザー
※美少女スタ−が活躍したこの時期の代表作。遭難した船から脱出し、南太平洋の孤島に漂着した少年と少女。やがて思春期を迎えたふたりは恋に落ちる。ブルック・シールズの肢体と、N・アルメンドロスの撮影による南洋の美しい自然が魅力。
フォクシー・レディ 監督: エイドリアン・ライン
※ジョディ・フォスターの美少女ぶりがまぶしい大ヒット作。それぞれに悩みを抱えた4人のティーンエージャーの姿を描く。『M★A★S★H マッシュ』のサリー・ケラーマン、『インデペンデンス・デイ』のランディ・クエイド、TVドラマ『ハッピー・デイズ』のスコット・バイオ、『ブルーベルベット』ローラ・ダーンなどが出演。
カリギュラ 監督: ティント・ブラス
※残虐極まりない行いの数々によって悪名をはせたローマ帝国第3代皇帝カリギュラの壮絶な半生を描いた歴史超大作。製作はペントハウスのオーナー、ボブ・グッチョーネ。すさまじい性と虐待のオンパレードで、全世界を驚嘆させたハードコア・ポルノ。出演は、マルコム・マクダウェル, ピーター・オトゥール, サー・ジョン・ギールグッド, ヘレン・ミレン。
エレファント・マン 監督:デビッド・リンチ
※19世紀末のロンドンの実話を基にした作品。醜悪な姿ゆえに見世物にされてきたエレファント・マンは、外科医トリーブスに出会い、徐々に人間としてのアイデンティティーを確立していくが…。
出演はジョン・ハート, アンソニー・ホプキンス, アン・バンクロフト, ジョン・ギールグッド。
天国の門 監督:マイケル・チミノ
※(再掲)壮大なスケールと完璧な時代考証で、開拓時代最大の悲劇「ジョンソン郡の戦争」を描いた西部劇。開拓時代のワイオミング。入植してくる東欧系移民に脅威を感じた牧場主は、開拓移民の処刑リストを作成し、殺し屋を雇う。公開当時、開拓時代の恥部をさらしたとしてヒステリックなまでの非難を浴びた問題作。
出演は、クリス・クリストファーソン, クリストファー・ウォーケン, ジョン・ハート。
出逢い 監督:シドニー・ポラック
※CMタレントに成り下がった伝説のロデオチャンピオンが、愛馬と自分自身の“野生”を取り戻すため旅に出る。出演は、ロバート・レッドフォード, ジェーン・フォンダ。
プライベート・ベンジャミン 監督:ハワード・ジーフ
※ドジでキュートなヒロイン、ジュディ・ベンジャミンが、軍隊生活を経て、やがて女性として自立していくさまを描いた軍隊コメディ。コメディエンヌの本領を発揮したゴールディ・ホーンは、製作総指揮から脚本・編集まで手がけた。他の出演者は, アーマンド・アサンテ、アイリーン・ブレナン。
ロング・ライダーズ 監督:ウォルター・ヒル
※南北戦争後の19世紀後半、西部を騒がせたギャング兄弟たち「ジェームズ/ヤンガー・ギャング」の青春群像を鮮烈に描いた西部劇。ジェームズ兄弟をステイシー&ジェームズ・キーチ、ヤンガー兄弟をデヴィッド&キース&ロバート・キャラダインなど、実際の兄弟俳優に演じさせているのがおもしろい。スローモーションを駆使したヴァイオレンス描写も秀逸だ。
復活の日 監督:深作欣二
※小松左京の同名SF小説を映画化。謎の細菌に侵され絶滅寸前となった地球を舞台に、南極で唯一生き残った863人の人々が体験する滅亡への恐怖と再生を描いたサスペンス大作。
出演は、草刈正雄, オリビア・ハッセー, ジョージ・ケネディ, 千葉真一, 夏木勲。

1980年代

1980年の映画(DVD)

1980年の映画(dvd)

アカデミー賞

★作品賞:「普通の人々」 監督:ロバート・レッドフォード
※長男をボート事故で亡くした一家。父親(ドナルド・サザーランド)と母親(メリー・タイラー・ムーア)は、精神を病み、兄と一緒にボートに乗っていて生き残った次男(ティモシー・ハットン)は自殺未遂を起こす。

★監督賞:ロバート・レッドフォード「普通の人々」
※ロバート・レッドフォードは、1937年8月18日カリフォルニア州生まれ。舞台美術の仕事を経て、俳優に転向し1959年にブロードウェイにデビュー。1969年、32歳で出演した「明日に向かって撃て」が出世作となった。1981年、ユタ州パーク・シティに若手映画人の育成のためにサンダンス・インスティテュートを設立。その映画祭はサンダンス映画祭として知られ、数多くの優秀なインディペンデント映画を世に送り出している。

★主演男優賞:ロバート・デ・ニーロレイジング・ブル
※「レイジング・ブル」はマーティン・スコセッシ監督作。スラム街から這い上がり、プロ・ボクシングミドル級チャンピオンとなり、"ブロンクスの怒れる牡牛(レイジング・ブル)"の異名をとったジェイク・ラモッタ。その栄光と破滅の半生とは?
デ・ニーロはこの作品のために、医者の指示のもと、体重を30キロ増減させた。

★主演女優賞:シシー・スペイセク歌え!ロレッタ愛のために
※「歌え!ロレッタ愛のために」はマイケル・アプテッド監督作。ケンタッキー州の炭鉱町。そこで十代のロレッタ(シシー・スペイセク)は、彼女をショー・ビジネスの世界へ送り出すことになる未来の夫ドゥーリトル・リン(トミー・リー・ジョーンズ)とめぐり会う。愛し合った二人はやがて炭鉱町を去る。
シシー・スペイセクは、1949年12月25日テキサス州生まれ。リー・ストラスバーグ・インスティテュートで演技を学んだ。この映画では、吹替えなしで伝説的なカントリー歌手ロレッタ・リンを演じた。

★助演男優賞:ティモシー・ハットン「普通の人々」
※ティモシー・ハットンは、1960年8月16日カリフォルニア州生まれ。父は名優ジム・ハットン。80年代初頭より青春アイドルとして人気を博し、「普通の人々」では20歳にしてのアカデミー助演男優賞授賞だった。

★助演女優賞:メアリー・スティーンバージェン「Melvin and Howard」
※メアリー・スティーンバージェンは、1953年2月8日アーカンソー州ニューポート生まれ。大学で演劇を学び20歳でNYへ。ネバーフット・プレイハウスで演技を学ぶ。78年映画デビュー。以降魅力的な個性が受けて多くの作品に出演。コメディ作品以外でもその実力を発揮し、各ジャンルで活躍。


ベネチア国際映画祭

★作品賞:
☆「グロリア」 監督:ジョン・カサベテス
※ニューヨークのサウスブロンクスにあるアパートで、ギャングの会計係だが、金をネコババした上に、極秘の銀行口座をFBIに垂れこんでいたプエルトリコ人とその家族が惨殺された。たまたま、同じアパートに住むギャングの情婦で会計係の妻の親友だったグロリア(ジーナ・ローランズ)は、唯一生き残った6歳の少年を連れ出して“組織”から追われるはめになる。

☆「アトランティック・シティ」 監督:ルイ・マル
※アメリカ・ニュージャージー州のカジノの町アトランティック・シティ。カジノのディーラーを目指して働くサリー(スーザン・サランドン)のもとに、フィラデルフィアから妹クリッシー(ホーリス・マクラーレン)とかつての夫デイヴ(ロバート・ジョイ)が訪ねて来た。彼らの目的はマフィアからくすねた麻薬を売り捌くこと。デイヴは、元賭博師だったという初老のルー(バート・ランカスター)に相談する。なんとか取引に成功したものの、デイヴは彼を追っていたマフィアに殺されてしまった。やむなくサリーとルーはマフィアと対決する。


カンヌ国際映画祭

★パルムドール:
☆「影武者」 監督:黒澤明
※黒澤作品では唯一実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げた作品。黒澤を敬愛するフランシス・フォード・コッポラ、ジョージ・ルーカスが外国版プロデューサーに名を連ねた。

☆「オール・ザット・ジャズ」 監督:ボブ・フォッシー
※ブロードウェイ。ステージを厳しい表情で見守る演出家ジョー・ギデオン(ロイ・シャイダー)。幼ない頃からボードビル劇場でタップを踏んでいた根っからのショー・ビジネスマンだ。今、彼が手がけているショーの主演女優は、彼の別れた妻オードリー(リランド・パーマー)で、ふたりの間にはミシェル(エルツェベット・フォルディ)という娘がいた。ミシェルにバレエのレッスンをしてやる時が、ジョーにとっての唯一の時だった。この新作のショーは、ジョーの同棲中の女性ケイト(アン・ラインキング)が出るなど、彼の人生のすべてのものを盛り込んだ、集大成ともいえるものだ。ジョ
ーに影のようにつきまとう花嫁衣裳をまとった天使をジェシカ・ラングが演じる。

★監督賞:クシシュトフ・ザヌーシ「コンスタンス」

★主演男優賞:ミシェル・ピコリ「Salto nel Vuoto」
※ミシェル・ピッコリは、1925年12月27日パリ生まれ。イタリア系。これまでアート系映画から大作まで100本以上の映画に出演しており、2001年の『黒い海岸』では監督も務めた。

★主演女優賞:アヌーク・エーメ「Salto nel Vuoto」
※1932年4月27日仏パリアネット・ベニング生まれ。14才からダンス・演劇を学び初め、アンリ・カレフ監督に見出され、46年、映画デビュー。主役を得たにもかかわらず製作中止になった作品の脚本家が彼女のために脚本を書いた「火の接吻」で注目される。

★審査員特別賞:「アメリカの伯父さん」 監督:アラン・レネ
※生物学者アンリ・ラボリ教授が、マウスを使っての実験で刺激反応の例を見せ、人間の行動原則も本質的にはその論理に基づいていると説明する。そして、その具体ケースとして、労働者階級の女優志願の娘ジャニーヌ(ニコール・ガルシア)、ブルジョワ出身の放送局報道部長ジャン(ロジェ・ピエール)、その妻アルレット(ネリー・ボルジョー)の三人の男女の生き方、関わりを紹介していく。

★国際批評家賞:
☆「アメリカの伯父さん」(仏)
☆「GAIJIN」(ブラジル)
☆「ATCEURS PROVINCIAUX」(ポーランド)

<< 1 2 3

人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。